行政書士

行政書士の実務講座のオススメは?

                     
  1. HOME >
  2. 行政書士 >

行政書士の実務講座のオススメは?

行政書士の実務講座のオススメは?

 

・行政書士の開業をしたいけれど実務経験がなくて不安
・行政書士の実務講座のオススメが知りたい

 

この記事ではそんなお悩みに対応します。

 

この記事で分かること

  • 様々な行政書士の実務講座の良い点・悪い点が分かる
  • 行政書士の実務講座で学べることが分かる

 

行政書士として開業を目指して頑張っている方のなかには「開業したあとにいざ依頼が来ても仕事ができるのか?」と不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。

残念ながら行政書士試験では実務的な知識を扱ってはくれないため、そのような不安を抱えるのは当然のことです。

しかし、ご安心ください。そのような不安を抱えている方のために行政書士の実務講座が様々な場所で開講されています。

この記事では行政書士の実務講座についてご紹介していきます。

行政書士の実務講座

講座

行政書士は資格事業所さえあれば誰でも開業することができるため、独立開業向けの資格としても有名です。

そのため、試験合格後に下積みなどをせずにいきなり開業するという人も多いですね。

しかし、開業までは資格さえあれば誰でもできますが、そこから行政書士として活躍していくためにはお客様の依頼に応えるだけの実務の勉強を積まなければなりません

さらに、実務の勉強というのは一度やれば終わりではありません。行政書士の業務に同じ依頼というのはありえないため、常にあらゆる依頼に対応できるように行政書士でいる限りは永遠に実務知識を磨き続けなければなりません。

実務知識の勉強とは行政書士にとっての永遠の課題と言えるでしょう

しかし、ある程度のベテランであれば実務の勉強方法も確立しているかもしれませんが、右も左も分からない開業したての行政書士はどうやって実務の勉強をすればいいのでしょうか。

そこで利用したいのが行政書士の現場の知識に基づいた知識を専門講師から学ぶことができる行政書士の実務講座です。

行政書士の実務講座を受けるメリット

行政書士の実務を学ぶ方法はいくつかあります。

上記の関連記事でもご紹介させて頂きましたが、実務を学ぶ方法としては「書籍で学ぶ」「研修で学ぶ」「行政書士の事務所で下積みをする」などがあります。

しかし、これらの学習方法と比較しても実務講座では非常に優れたメリットを多く持っています。

比較のため、まずは実務講座以外の学習方法の特徴をご覧ください。

書籍で学ぶ

メリット
・欲しい知識を自由に選んで得ることができる。
・自分の好きなタイミングで学習できる。

デメリット
・現場で応用できる知識を得ることが難しい。
・法改正などがあったときは古い書籍では対応できない。

 

研修で学ぶ

メリット
・他の受講生と人脈を作ることができる。
・経験豊富な講師から経験に基づいた知識を得ることができる。

デメリット
・欲しいときに欲しい知識を得るのは難しい。

 

行政書士事務所で働きながら学ぶ

メリット
・他の行政書士と人脈を作ることができる。
・収入を安定して得ることができる。

デメリット

・行政書士事務所の求人が少なく見つからない。
・自分のやりたい業務を選べない。

このようにどの方法にも一長一短がありますね。

 

行政書士の実務講座

メリット
・欲しいときに欲しい知識を得ることができる。
・通学講座ならば受講生や講師の先生と人脈を作ることもできる。
・経験豊富な講師から現場経験に基づいた知識を得ることができる

デメリット
・受講費用がかかる

このように、他の方法のメリットをほぼ兼ね備えています。

実務の勉強で最も効率的なのは現場で活躍している先輩行政書士からノウハウを学ぶことです。

そこで利用したいのが行政書士の現場の知識に基づいた知識を専門講師から学ぶことができる行政書士の実務講座です。

行政書士の実務講座では現場で役に立つ実務の知識を専門の講師から学ぶことができます。

ただ注意しなければいけないのは、デメリットにもあるように受講費用がかかる点です。

実務講座では、講義のばら売りなどを利用すれば5000円程度から10,000円程度で購入できますが、全部の講義を受講しようとすれば50,000円から高額では300,000円前後までかかることもあります。

行政書士の開業には高額な登録料金が必要です。

登録料や必要経費を事前に計算した上で、必要な知識を得られる講座を選ぶことが最大のポイントです。

 

行政書士の実務講座を選ぶ際のポイント

さて、行政書士の実務講座を選ぶ際はどのように選べばいいのでしょうか。

基本的には以下の3つのポイントで選ぶと自分に合った講座を見つけやすいと思います。

行政書士の実務講座を選ぶ際の3つのポイント

 

①学べる内容
行政書士の仕事内容は非常に多岐に渡り、一説によると2,000種類を超えると言われています。
そのため、各講座では講義で取り扱う業務の種類が異なって来ます。
講座の中に自分が興味のある分野が含まれているか、内容が充実しているかというのは重要なポイントですね。

②受講形態

受講の方法として通学通信のどちからの形で受講することになりますが、これは会社によって異なります。
通信講座は通学講座と違って教室などの固定費がない分、受講料が安い傾向にあります。
しかし、通学ならば同期の受講生や先輩の行政書士との人脈作りを行えるというメリットもあるため通学を選ぶか通信を選ぶかいうのは重要な要素になってきますね。

③コスパ
行政書士の登録には大体30万前後の費用がかかります。(都道府県により多少異なります)
他にも研修費や設備投資など開業後には様々な経費がかかるでしょう、
開業後の費用も考えるならば、受講料のコストパフォーマンスは非常に重要となりますね。

 

行政書士のオススメの実務講座

今回紹介する行政書士業務のノウハウを学べる実務講座は以下の6つです。

会社名 特徴
伊藤塾 実務知識はもちろん、ビジネススキルやマーケティングについても学べるため開業に関する不安を全体的にカバーしてくれます。通学講座だからこその人脈作りも可能。
TAC 通学と通信講座のどちらも選択可能。
費用が高くなりがちな通学講座でも10万円以下で受講ができるというコスパの良さ。
アガルート WEB学習のため受講料を安く済ませることが可能。
士業グループの優オフィスグループと提携しているため、講座のクオリティも高い。
資格スクエア 資格の学校と提携しているため、専門講師による高クオリティの講座を安価で受講可能。
パックのみでなく受講したい講座ごとに販売している点も◎

 

講座ごとの比較

会社名 受講料 単科講座 受講形態
通学 通信
伊藤塾 268,000円
アガルート 49,800円
TAC 82,000円
資格スクエア 40,000円

 

伊藤塾

伊藤塾
引用:伊藤塾 行政書士実務講座

伊藤塾はこんな人にオススメ

  • 大手の実績のある会社が良い
  • 実務知識と併せてビジネススキルやマーケティングも学びたい
  • 通学講座で同期や先輩行政書士との人脈を作りたい

 

法律資格に関する受験指導に定評のある伊藤塾

伊藤塾の実務講座の特徴はなんといっても他の講座を圧倒する講義時間で学ぶ体系的に学べる基礎知識現場での柔軟な対応力です。

講義時間や内容を総合するとクオリティは間違いなく実務講座の中でも最上位だと思います。

圧倒的なボリュームでじっくりと知識と技術を学ぶことができるため全てのカリキュラムを終わった頃には自信を持って行政書士として歩みだすことができるでしょう。

私自身も伊藤塾で行政書士試験の講座を受講して合格しているため言えますが、サポート体制は非常にしっかりしていて対応も丁寧だったのが印象的でした。

開業は資格の受験と比べて不安なことも多いため、この手厚いサポート体制は心強い味方となってくれるはずです。

また、伊藤塾は通学講座が用意されているため、講師の方や同期の行政書士の方との人脈つくりを行うことができます。

問題点をあげるならば費用が他の講座と比較して高い点があげられます

開業時の費用のことを考えるとなるべく安く済ませたいという方が多い中で高額な受講料には尻込みする人も多いかと思われます。

しかし、実務講座にとどまらずビジネススキルの講習がカリキュラムに含まれている点、講義時間も他の会社の講座に比べて長時間用意されている点、上記で述べたとおり通学のメリットである人脈作りも行える点を考慮すると妥当な値段と言えるでしょう。

 

学習内容

伊藤塾 行政書士 実務講座

引用:伊藤塾 行政書士実務講座

講義は基礎的な知識を学ぶ入門マスターから始まり、実践マスターではビジネススキル編、理論編、実務編と段階を追ってレベルアップしていくことができます。

人気業務である遺言・相続や法人設立、許認可業務などの横断的な知識を学ぶことができるうえに、ビジネススキルやマーケティング、そして最も苦労する集客の仕組みづくりも学習できるという強みがあります。

他業種から参入する方にとって行政書士としてのビジネススキルが学べるというのは心強いですね。

講義時間も他の講座を圧倒する115時間」。

しっかりと体系から学べるからこその時間数ですね。

講義では他の受講生と共同で作業をする場面なども設けられるため、より実践に向けた知識を学ぶことが期待できます。

受講形態

通信での受講が基本になりますが、別途料金を払うことで一部の講座では通学での受講も可能です

最近は通信制での講座が増えていますが、通学講座で他の受講生と肩を並べて講義を受けることで人脈作りの場にすることもできます。

受講料のことを踏まえると、本気で行政書士として活躍したいと考える受講生も多いと思われるため、良い交流が持てる可能性も高いですね。

コスパ

受講料は268,000円。通学講座を希望の場合はさらに20,000円が必要になります。
他社よりも受講料の高さが目立ちますね。

しかし、115時間という他の講座を圧倒する受講時間を受講料で割るとそこまで高額とは言えない値段設定でもあります。

また、それでもこの金額を支払うのは難しいという方は、単体での講座の販売も行っているため、これを利用するのもいいでしょう。

また、今なら2021年2月28日まで3万円オフのクーポンが公式サイトで配布されています

アガルート

アガルート

アガルートはこんな方におすすめ

  • 通信受講で好きなタイミングで学習したい
  • 受講料はなるべく安く済ませたい
  • 重要業務の全体的な知識を学びたい

各種資格の通信講座を扱うアガルートアカデミー

アガルートは士業グループの優オフィスグループと提携を組んでいるため、講義では優オフィスグループに所属しながら実際の現場で活躍している専門講師から実務のノウハウを学ぶことができます。

実は私自身も優オフィスグループの研修に何度か参加させて頂き、東先生の講義を何度か受けた経験があります。

物腰も柔らかいですが、何より元々社会福祉協議会で活躍していたため相続や後見業務に精通しているため、現場の知識を豊富に詰め込んだ講義を聞くことができます。

サンプル動画も配信されているため、ぜひ一度視聴してみてください。

 

学べる分野

アガルート
引用:アガルートアカデミー 行政書士実務講座

行政書士業務の重要業務を横断的に学べるため、民事から許認可まで広く対応できる知識を学ぶことができます。

講義を担当するどの講師も行政書士として既に活躍しているため、現場の経験にに基づいた知識を学ぶことができます。

とくに優オフィスグループの代表を務める「東 優」先生は元々社会福祉協議会に勤めていた経験もあるため民事実務にとても強く、そこでの経験を基に現在は相続や後見業務をメインに活躍しています。

その東先生が教える相続、遺言、後見、終活講座は間違いなく価値があるため、既に行政書士として活躍している方でも聴く価値はあると思います。

今後民事を中心に活躍していたきならばぜひ聞いておきたい講義ですね。

受講形態

PDFのテキストを基にして配信講座を観るWEB学習が基本になります。

どこでも学習できるうえ、テキストを持ち運ぶ必要がないため気軽に学習することができます。

開業時は手続きや営業活動などでまとまった時間が取れない人にとっては、自分のペースで学習したいという方にはオススメの学習スタイルですね。

コスパ

講座の受講料は49,800円と比較的安価での受講が可能です。

行政書士の開業には登録だけで30万円近い費用がかかるため、やはりコスパが優れているというのはありがたいですね。

さらに、アガルートの行政書士試験の受講生ならば20%オフで受講することができます。

TAC


引用:TAC行政書士実務講座

TACはこんな方におすすめ

  • 人脈作りのできる通学講座で受講したい
  • コスパ面で優れているところが良い
  • 特定の分野ではなく全体的な知識を学びたい

資格の学校としても知られるTACの行政書士実務講座では通学講座が用意されていることが特徴です。

他に通学が可能な講座に伊藤塾がありますが、受講料が高額である点が少しネックですが、TACの通学講座であれば10万円以下で受講が可能です。

学べる内容

実務オリエンテーション 「行政書士の仕事の実際」「仕事の内容と流れ」「各種業務の概観」「新分野に対する視点」など
建設業許可申請業務 「新規受託のポイント」「行政書士業務で一番受託件数が多い建設業の業務展開」など
産業廃棄物関連業務 「新規受託や更新申請での注意点」「規制の厳しい産廃業の受託上の注意点」など
相続・成年後見業務 「財産管理等委任契約」「任意後見契約」「死後事務契約」「遺言書作成」など
入管業務 外国人の入国、在留許可申請で特に注意することを「国際結婚」や「企業採用」などの具体例を使って解説
NPO法人設立業務 「NPO法人と行政書士業務の関係」「設立の方法と運営への関与」など
会社設立業務 「依頼人からの情報収集シートの活用」「機関設計」「定款作成」など
民事系書類作成業務 「契約書の基本」「金融消費賃借契約」「債務承認弁済契約」「内容証明」など

 

受講形態

TACでは信・通学どちらも選択することができます

同期や講師の先輩行政書士との人脈作りができる通学講座を希望する人も多いため、通学講座を選択することができるのはとてもありがたいですね。

さらに、どの講座を選んでもWEBフォローの制度がついてくるため、受講できなかったとしても後で自分のスマホ等から講座を受講することができます。

ただし、通学講座は1年の内に開講される日付が決まっているため、機会を逃すと1年後の開講を待つことになるので注意しましょう。

コスパ

通信講座
WEB通信講座 87,000円
DVD通信講座 107,000円

 

通学講座
教室講座 82,000円
ビデオブース講座 82,000円

0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金10,000円が必要です。

ただし、こちらはTACの配信している無料動画を視聴してアンケートに回答することで、入会金免除のコードが発行されるため、事実上入会金は0円で受講することができます。

資格スクエア

資格スクエア
引用:資格スクエア行政書士実務講座

 

資格スクエアはこんな方におすすめ

  • 自分の専門にしたい分野が決まっている方
  • 受講料を安く抑えたい方
  • 行政書士の学校に興味のある方

 

資格スクエアは行政書士の実務講座として有名な行政書士の学校と提携してるため、行政書士の学校で提供している高クオリティの講座をオンラインで受講することができます。

さらに資格スクエアでは行政書士業務の各分野ごとに受講することが可能です。

他社の実務講座ではパックのような講座になっているため、既に極めたい分野などが決まっている人にとっては必要のない分野まで学習することになります。

しかし、資格スクエアでは以下のように各分野のエキスパートの講師による講座が別々で販売されるため、自分に興味のある分野だけを受講することができるのです。

資格スクエア資格スクエア

 

逆にこれから自分の得意分野を見つけたいという方にはセットプランも用意されており、

高齢化社会プラン建設業サポートプランなど、各方面に必要な講座のパックの販売もしています。

ただ、全く進みたい分野も決まっていないという方にはオススメしません。
やはり

 

学べる内容

現在資格スクエアでは以下のセミナーを配信しています。

  • 会社設立セミナー
  • 創業融資業務セミナー
  • 建設業務セミナー
  • 交通事故業務セミナー
  • 風俗営業業務セミナー
  • 入管業務セミナー
  • クーリングオフ・内容証明業務セミナー
  • 産業廃棄物業務セミナー
  • 酒類販売業務セミナー
  • 宅建業業務セミナー
  • 会社設立(手続編)・会計帳簿セミナー
  • 後見業務セミナー
  • 戸籍セミナー
  • 一般社団法人・NPO法人設立業務セミナー
  • 契約書業務セミナー
  • 離婚業務セミナー
  • 化粧品業務セミナー
  • 相続業務セミナー
  • 医療法人業務セミナー
  • ペット相続業務セミナー
  • 障がい福祉サービス業務セミナー
  • 補助金業務セミナー
  • 経営事項審査業務セミナー
  • 事業承継業務セミナー
  • 旅行業・合法民泊業務セミナー

他の会社の講座よりも細かくマニアックな業務まで取り扱ってくれているため、業務の幅を広げることも可能です。

また、関係性のあるセミナーをまとめたセットプランも用意されています。

起業サポートプラン
・会社設立(総論編)セミナー、創業融資、会社設立(手続編)セミナー・会計帳簿セミナー、契約業務セミナー、補助金業務セミナー、事業承継業務
建設業サポートプラン
・建設業セミナー、産業廃棄物業務セミナー、宅建業セミナー、経営事項審査業務セミナー
高齢化社会プラン
・後見業務セミナー、戸籍セミナー、相続セミナー、医療法人業務セミナー、障がい福祉サービス業セミナー

街の法律家プラン
・交通事故業務、入管業務、クーリングオフ・内容証明業務、離婚業務、ペット相続業務

ポイント

行政書士の学校でもセミナー動画を購入することができますが、そちらで既に配信が終了しているものでも資格スクエアでは受講することができる場合もあるため、ぜひ自分の学びたい分野があるかを行政書士の学校と見比べてみてください。

受講形態

WEBからの通信学習がメインになります。

コスパ

1講座につき9,070円~16,200円で販売しています。
プランでの販売は通常価格50,000円のところ、今だけ40,000円で販売されています。

-行政書士

© 2021 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5