仕事・転職情報

転職活動中に貯金が尽きた!【そんな時に使える制度とは!?】

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

転職活動中に貯金が尽きた!【そんな時に使える制度とは!?】

転職活動中に貯金が尽きたというときに使える対策法

転職活動のために前の仕事を辞めたけど、思いのほかすぐに仕事が決まらなくて、貯金を切り崩していたけどそれももう危ない。

そんな状況に悩む人は意外と多いってご存知でしたか?

そのため、貯金を切り崩す日々に不安を感じて余計転職活動がうまくいかなかったり、慌てて適当な企業に決めたら、結果的にもっとひどい職場になってしまったなんてことにもなりかねません。

では、転職活動中に貯金が尽きてしまったときはどうすればいいのか、その対策法をいくつかご紹介していきます。

 

転職で貯金が尽きたときの対策法

さて、転職活動をしていたけれど、貯金も少なくなり、生活費もままならなくなったという時は、どのようにすればいいのでしょうか。

まず前提として借金は考えないものとします。

生活費のためとは言え一度でもしてしまうと、転職をしてもその悩みが着いて回ることになるため、よほどの事情がある方以外はその方法は安易に取るべきではありません。

そこで今回ご紹介する対策法は以下の方法になります。

  • つなぎのバイトを探す
  • 失業保険を利用する
  • 仕送りを頼む

 

一つずつ解説していきます。

 

つなぎのバイトを探す

お金がなくなったならば、やはりバイトで働いて生活費を稼ぐのが最もシンプルで確実な解決法です。

しかし、フリーターとして生活しろというわけでは決してありません、

あくまで次の仕事が見つかるまでのつなぎとしてできるバイトをするのです。

 

そのため、バイト選びもなんでも良いわけではなく、転職活動と両立しやすいものを選ぶ必要があります。

そこで以下のような条件を満たすバイトをおすすめします。

  • 短期間で期間を定めて働くことができる
  • 時給が高く、稼ぎやすい
  • シフトの融通が利く事

 

とは言っても、そんなバイトってどんなバイトなのかいまいちピンときませんよね。

これらの条件が当てはまりやすいバイトは例えば以下のようなものがあります。

  • 登録制バイトなどの単発バイト全般
  • 警備員
  • 工場での作業員

 

これらのバイトは短期間でガッツリ稼げるため、つなぎの間だけでやるバイトとしては非常におすすめです。

1日単位での募集も多く、日払いの仕事のも多いので、生活費の心配があるならばそういったバイトをスキマ時間を使って入るようにしましょう。

 

注意ポイント

ただし、つなぎのバイトに力を入れすぎて転職活動が疎かになってしまっては本末転倒です。

あくまでメインは転職活動です。
どちらかに偏りすぎないようにバランスを取り続けてバイトには取り組むようにしましょう。

 

つなぎのバイト探しに関しては以下の記事で詳しく取り上げているので、ぜひ参考にしてみてください。

転職期間にするバイトのつなぎでおすすめの仕事は?

転職期間中にするバイトのつなぎでオススメの仕事は?
転職期間にするバイトのつなぎでおすすめの仕事は?

続きを見る

 

失業保険を利用する

以前まで雇用保険に入っていた方は失業保険を利用するという手もあります。

失業保険は、失業中の人が生活の不安をせずに次の仕事を探すための手当なので、まさに今回の悩みを持つ方にピッタリの手当とも言えます。

ただし、受給のためには幾つか条件があり、
自己都合で退職した場合は、主に以下のような条件を満たすことで手当てを受給することができる可能性があります。

  • 失業状態にあること(働く意欲があるけど、まだ仕事に就くことができない状況)
  • 退職日以前の2年間に雇用保険の被保険者期間が通算して12ヶ月以上ある
  • ハローワークで求職の申し込みをしていること

このような条件を満たすと離職前の給与を基に一定額の給付金を受け取ることができます。

 

また、雇用保険の制度は他にも公共職業訓練を利用して資格やスキルを習得できたり、教育訓練給付と呼ばれる資格講座などの受講料を一部補助して貰えたりと、転職に様々な形で役立たせることが可能ですので、気になる方はぜひ調べてみましょう。

 

ただし、失業してからしばらく時間が経ってしまうと、上記の条件を満たしていても受給できなかったりするので、気になる方は早めに手続を行いましょう。

雇用保険の制度は以下のハローワークのページに詳しい条件や説明などがあるため、申込みを希望する方は、まずこちらを確認してみましょう。

ハローワーク:雇用保険手続きのご案内

 

失業保険を使えば転職に成功したらお金がもらえるってホント!?

失業手当の受給期間中に就職できれば、再就職手当が貰える可能性があります。

転職先が見つかったとしても給料が実際に振り込まれるのはしばらく先になりますよね。

そんな場合でも、もし上述した失業保険を受給できる可能性があるならば、こちらの再就職手当を貰えて生活費に充てることもできるため、
失業手当が貰える条件を満たして、転職先が決まったという方はぜひこちらも検討してみましょう。

 

仕送りをお願いしてみる

もしも家族など仕送りをしてくれる人がいるならば、素直に話して仕送りをお願いしてみるというのも一つの手です。

転職活動中に生活費の問題にぶつかったけれど、無理をして焦ってしまい、前の会社よりもブラック企業に勤めてしまい、身体を壊してしまったなんてケースもあります。

社会人になってからは、仕送りをお願いするのは申し訳ないと感じる人もいると思いますが、
生活ができなくなってどうにもなくなるくらいならば、今の現状を正直に話してみてもいいかもしれませんね。

 

転職で生活費がないと悩まないために

転職のために仕事を辞めたけど、生活費がないと悩む人は意外と多いです。

それは転職活動がなかなかうまくいかなかったり、意外な出費が重なってしまったりと人によって理由は様々です。

もし、あなたが転職を決意したけど、まだ前の会社を辞めていないならば、その会社で働きながら転職活動を行うことも併せて検討しましょう。

たしかに、働きながら転職活動をすると、なかなか面接などに時間が取れず集中して転職活動ができないというデメリットがあります。

しかし、生活費の面での不安を抱えるのはそれよりも辛いかもしれません。

 

自分に十分な貯金があるか。
転職までにかかりそうな期間はどれくらいかなどをよくよく計算したうえで、本当に仕事を辞めるべきかを検討してみてください。

転職活動中に貯金が尽きたときの対策法【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

最後に今回ご紹介させていただきました転職活動中に貯金が尽きてしまったときの対策法をもう一度まとめていきます。

ポイント

  • つなぎのバイトを探す
  • 失業保険を利用する
  • 仕送りをお願いする

 

生活費が足りない状況だと、焦って適当な会社を選んでしまって失敗したという人もすくなくありません。

また、もし前の職場を継続できるならば、仕事をしながら転職活動をするというのも一つの方法です。

難しいお金の問題になりますが、人生を左右する重要なポイントだからこそ、しっかりとお金の問題は対策して転職活動に取り組むようにしましょう。

-仕事・転職情報

© 2022 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5