飲食・接客に関する仕事

居酒屋のバイトは高校生にはきついのか?

                     
  1. HOME >
  2. 飲食・接客に関する仕事 >

居酒屋のバイトは高校生にはきついのか?

「居酒屋で働いてみたいけど、高校生でも働いて大丈夫なの?」

「居酒屋と他のバイトはどう違うの?」

この記事ではこんなお悩みを解決いたします。

 

居酒屋のバイトが高校生にはきつい?

居酒屋

 

居酒屋は街中に多くあり、求人も多いため、バイト先としては選びやすいですよね。

ですが、高校生の場合、居酒屋に入ったことがないという方がほとんどで、働くことに少し抵抗があるかもしれません。

周りの人に相談しても、「居酒屋のバイトは高校生にはきついよ」と言われた、なんて話をたまに聞きますが、実は居酒屋こそ高校生にオススメのバイトなのです。

 

居酒屋のバイトがきついなんて言う人ほど実は居酒屋で働いたことがなくてイメージだけで話していたりして、実際に働いている人は「こんなに良いバイトはないよ」なんて言ったりします。

では、居酒屋バイトはどんなところがオススメなのでしょうか。

その理由を解説していきます。

こちらもCHECK

調理補助のパートがきついと言われる理由
調理補助のパートがきついと言われる理由4選を大紹介

続きを見る

 

居酒屋バイトがオススメの理由① マニュアルがしっかりしているところが多く、仕事が覚えやすい

「居酒屋のバイトって忙しそう」、「お酒やメニューの種類が多くて覚えられなそう」

高校生にとって、居酒屋という空間はファストフード店やコンビニよりも馴染みが少なく、未知の世界ということもあり仕事に抵抗を抱きがちですが、実は居酒屋の仕事内容はホールも調理も未経験でも働きやすいという特徴があります。

また、金・土・日などの休日や休日前は混み合うため忙しいところも多いですが、平日は比較的落ち着いた時間が多く、自分のペースでゆっくりと仕事をすることもできます。

仕事の覚えやすさという面では今までバイトをしたことがないという方でも入りやすいバイトです。

 

居酒屋バイトがオススメの理由② 年の近い友人ができる

バイトと言えば他校の学生と交流を取れる数少ない場所の1つですね。

職場によっては、年上の方や主婦が多くて友達になるような環境ではない場所も多いですが、居酒屋のバイトは比較的若い年齢の方が働いていることも多く、様々な友人が作れます。

また、大学生などの年上の方が働いている方も多く、同年代に限らない幅広い交友関係を築くことができます。

居酒屋バイトがオススメの理由③シフトの融通が利きやすい

居酒屋のバイトは比較的シフトの融通が利きやすいところが多いです。

部活動の試合やテストなど、変則的な期間があったとしても、比較的対応してくれるところも多いです。

 

居酒屋バイトがオススメの理由④接客スキルやコミュニケーション能力が養える

近い将来、コミュニケーションスキルや接客スキルというのは非常に重要になります。

学生生活で学ぶスキルとバイトで学ぶスキルはまったく異なり、とくに居酒屋の場合は、ホールと調理場との仲間内でのコミュニケーションや、お客様への接客スキルなど社会人にとって不可欠なスキルを多く修得することができます。

 

居酒屋のバイトができる年齢は?高校生でも働ける?

 

「居酒屋がオススメの理由はわかったけど、高校に上がったばかりの自分でも居酒屋のバイトって申し込めるの?」

このような疑問を持つ方も多いですね。

結論から申しますと高校生になったならば、学年に関係なく居酒屋で働くことは可能です

実際に、学校が終わった後や、休日のランチタイムなどで働く高校生は多くいますね。

 

もちろん、大学生以上を対象に募集するなど店舗によって募集条件は異なるため、このあたりは求人情報やお店への問い合わせの際に確認しておきましょう。

注意ポイント

アルバイトはできても、18歳未満は22時までしか働くことができない点には注意しておきましょう。

 

居酒屋バイトのデメリットは?

残念なポイント

さて、ここまではオススメの理由を紹介してきました。

では逆に居酒屋バイトのデメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

 

デメリット① 土日や祝日など日中が働けない場所もある

店によっては夕方や夜から営業開始の店もあります。

18歳未満の場合は22時以降は働くことができないため、土日などの休日は昼間から入ってガッツリ稼ぎたいという方は、ランチタイムから営業している店を選びましょう。

もちろん、ランチタイムをやっていても夕方から夜にかけてのみ募集している店舗もあるため、シフトに入れる時間も事前に確認するようにしましょう。

デメリット② 忙しい時間帯は大変

居酒屋に限りませんが、飲食店の場合は平日は比較的落ち着いていることも多いですが、金曜日や休日はお客さんも多く、お店は目まぐるしい忙しさになります。

オーダーを受けては、テーブルの片付けて新しいお客様をお通しして料理を出す。

息つく暇のない目の回るような忙しさになるため、慣れるまでは少々大変な思いをするかもしれませんね。

デメリット③ お酒を覚えるのが大変

居酒屋と言えば、やはりお酒の種類がとても豊富です。

未成年の高校生の場合、お酒を飲むことはないため、お酒の種類のイメージがわきにくく、最初は苦労するかもしれません。

ただし、ある程度作り方にパターンがあったり、分量なども自動で測れるようになっているところも多いので、そこまで気合を入れて覚える必要は正直ありません。

高校生が居酒屋のバイトができないのはどんな時?

残念

さて、ここまでは高校生が居酒屋バイトをするべき理由を紹介してきました。

ですが、居酒屋のバイトが良いと言っても高校生の場合は以下の理由でやりたくてもできない場合があります。

そのため、求人に応募する前に以下の点に注意するようにしましょう

理由① 学校の校則で禁止されている

学校によってはアルバイトを校則により禁止しているところもあります。

禁止する理由は学校次第ですが、学業を優先するべきという理由や、安全上の理由であったりと様々です。

後から知らなかったでは遅いので、バイトを始める前には校則や教員の方に確認をすることをオススメします。

理由② 親の意向により禁止

親としては、バイトをすることを良く思わないという方もいると思います。

とくに居酒屋バイトとなると、ファストフードやコンビニよりもとくに心配する保護者も多いと思います。

バイトを始める際は、後々問題にならないように先に承諾を得ておくといいでしょう。

理由③ 高校生を雇わない居酒屋もある

居酒屋のバイトはどこも人手不足の傾向にあり、制限を設けずバイトの募集をかけているところも多いです。

ですが、店の意向として、どんなに優秀な人材でも高校生は雇わないという方針を出しているところもあります。

とくに個人経営の居酒屋には多い印象です。

その理由としては、バイトをさせたことにより、保護者や学校からクレームが入ってしまったり、大学生よりも学業の融通が利きづらい場合が多いため、シフトの兼ね合いで断っているところもあります。

わざわざ面接まで行って断られるというのももったいない話なので、面接の前に応募条件はしっかりと確認しておきましょう。

-飲食・接客に関する仕事

© 2021 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5