仕事・転職情報

工場勤務が底辺なんて言わせない!工場で働くメリットを大紹介!

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

工場勤務が底辺なんて言わせない!工場で働くメリットを大紹介!

 

Aさんのお悩み

工場で働こうと思っているのですが、周りからは「底辺だし辞めときな」なんてことを言われます。

でも求人情報を見ると良さそうな条件も多いし今の自分の状況にはピッタリなものもあります。

ただ、どんな仕事をするのかいまいち分かっていないですし、応募してもいいものか悩んでいます。

 

工場で働くと言うと、

底辺そうなイメージ

誰でも働けそう

などネガティブなイメージを持たれがちなのが現実だと思います。

ですが、実は工場勤務には多くのメリットがあるのです。

この記事では工場勤務に興味のある方に向けて、工場で働くメリットやきついと感じるポイントを解説していきます。

 

工場勤務は底辺と言うイメージなの?

 

工場勤務は底辺の仕事だなんて思っている方も多いかもしれません。

実際に、工場で働く人に対して抱くイメージを纏めると以下のようなものが多かったです。

工場勤務のイメージ

  • 誰でもできるというイメージ
  • 賃金が安い
  • 夜勤や土日出勤が多い
  • 環境が不衛生
  • キャリアアップが難しそう

 

上記のイメージだけで底辺と決めつけることはできませんが、やはりネガティブなイメージが多い印象でした。

このような仕事のイメージから、底辺な印象を連想して勝手なイメージが植え付けられてしまっているのではないかと考えられます。

実際に、工場勤務というだけで、内容をよく知りもせずにやめとけなんて言われることもあったりします。

このように言われる理由は以下の記事で詳しく解説しているため、参考にしてください。

製造業をやめとけと言われる理由

製造業はやめとけと言われる理由6選!向いてる人向いてない人の違いは?

続きを見る

 

しかし、実際の工場での仕事は、待遇の良い企業や大手の会社を選べば、他の産業よりもよほど好待遇な場所も多くあります

 

実際、工場勤務は実際に働いてみた方から話を聞くと、
「待遇もしっかりしていて安定している」
「土日祝の休みでホワイトな仕事だった」など、
まったく真逆の印象を持ったという方も多いのです。

 

底辺そうなイメージというだけで工場勤務を選ばない理由にするのは正直もったいないです。

次で工場勤務で働くメリットについて解説していきます。

 

工場勤務が底辺とは言えない理由

 

上記で解説してきたような工場勤務は底辺というマイナスなイメージはもはや古いかもしれません

 

今や大学を出ても安定した就職も難しい時代となってきており、
就職後も「人間関係のトラブル」や「給料の低さ」による退職が相次いでいます。

有名な大企業に入ってみたら、毎日残業ばかりのブラック企業だったなんてよくある話ですね。

そのため、この仕事だから底辺、この仕事だから勝ち組と簡単にはくくれないのが今の時代です。

 

モノづくりは日本が誇る文化であり、それを支える工場での勤務は底辺なんて言いきれない立派な仕事であり、

実際に工場の勤務であっても、待遇の良い中小企業や有名な大手企業であれば、周りから羨ましがられるような環境で働けている人は多くいます。

工場だから底辺だと決めつけて、敬遠するのは非常にもったいありません。

大切なのは、工場勤務の特徴やメリットをしっかりと見定めて、このメリットが自分にハマれば工場は底辺どころか天職と感じるでしょう。

次でそんな工場で働く魅力を解説していきます。

 

工場で働くメリットは?

 

ここからは工場勤務が底辺とは言い切れないそのメリットや魅力について1つずつ解説していきます。

 

①求人の種類が豊富

工場の勤務と聞くと、休日も夜間もとにかく仕事が入るというイメージがあるかもしれませんが、

実はまったく逆で、求人の種類によって「平日のみ」「夜勤専従」「短期間」「寮完備」など自分の希望に合った働き方を実現できるのです。

また、工場での業務の種類も、コツコツと同じ作業を繰り返すのが得意であるならば組立や検査、
資格などがあれば機械を扱うマシンオペレーターなど幅も広く選ぶこともできます。

日本はモノづくりの国と言われるように工場の求人の種類も豊富なため、自分の現状や希望に合わせて多くの求人から選べるため、ミスマッチも避けやすいです。

 

②年収は意外に高収入

工場勤務と聞くと、低収入なんてイメージを持つ方も多いですが、厚生労働省が行っている調査に基づく製造業の平均年収は321万円と公表されています。

娯楽業や飲食業が300万円程度が平均であることと比べても、決して悪くはない収入と言えます。

これに資格を取得することによる手当や、残業代や休日出勤などの手当が付けば同年代と比べても高い収入を目指していくこともできます。

(参考:令和2年賃金構造基本統計調査

 

③短期でガッツリ稼ぐことも可能

工場では正社員や長期のアルバイト以外にも、期間工と呼ばれる期間限定の求人が多くあります。

「長期間の勤務が難しい」

「短期で高収入を稼ぎたい」

「工場勤務の様子見として短い間で働いてみたい」

こんな方や、「転職の間のつなぎ」や「スキマ時間を使って働きたい」という人にもピッタリの求人も豊富です。

 

他の産業だと、どうしても短期でガッツリ稼げる仕事というのは限られて来ます。

日払いや週払いの求人も多いため、臨機応変に仕事に入ることもできるため、副業として働く人も多いくらいです。

上述したとおり転職期間のつなぎとして工場の勤務を選ぶ人も多いです。

期間も決まっている求人も多いためつなぎのバイトとして相性の良い仕事ですが、
工場以外にもつなぎのバイトとしておすすめの仕事は色々とあります。

転職期間中のつなぎとしておすすめのバイトをさらに知りたいと言う方は以下の記事を参考にしてください。

転職期間にするバイトのつなぎでおすすめの仕事は?

転職期間中にするバイトのつなぎでオススメの仕事は?
転職期間にするバイトのつなぎでおすすめの仕事は?

続きを見る

 

④土日祝休みが多い

工場勤務というと、24時間フル稼働していて常に残業と休日出勤があるようなイメージかもしれません。

しかし、工場での仕事は土日祝休みというところが意外と多いのです。

これは下請けの工場の場合、元請けの会社が休みの場合、下請けの工場も仕事が進まないため、元請けの会社に休みを合わせることが多いことが大きな原因です。

もちろん、上記のように24時間稼働の工場もあありますが、夜勤手当や休日手当もついてたくさん稼げるため、あえてそこを選ぶという人も多いです。

 

⑤人間関係の悩みは少ない

社会人の退職理由として最も多いのは人間関係の悩みだと言われています。

ですが、工場での勤務の場合、与えられる業務の範囲は明確で、他者と相談したり協力して行う業務も少ないため、他の業種ほど仕事上で人間関係に悩むことは少ないと言えるでしょう。

もちろん、人間関係が0とは言いません。

休憩中も誰かと話したい人は周りの人に声をかけて雑談をしたりしますが、

1人になりたい人は黙々とスマホをいじったり本を読みながら過ごしている人も多いです。

一般的な会社などの場合、一人でいると周囲の目が気になってしまうという場合も多いですが、工場ではそれが一般的でもあるため、周りの人も気にしません。

 

実は工場で勤務する女性も多い?

 

工場と言うと、おじさんたちが黙々と取り組んでいるようなイメージがあり、そのちょっとむさいイメージがより底辺という印象を与えているという声もありましたが、実は工場で働いている女性というのは意外と多いんです

以前までは工場での製造工程では手動で行わなければならない工程も多く、力が必要な作業も多かったため女性では難しい業務も多く、企業側も男性を雇う傾向が高かったという事情などもあったようです。

 

しかし、機械による自動化が進んで、力が必要な作業がなくなって来た今では、
繊細な作業を得意とする女性などを積極的に雇用する企業も増えて来ているようです。

とくに食品関係や化粧品関係の工場やなどでは女性の方が多いところもあり、
それらの工場内は衛生面にも気を遣っているため、綺麗な環境で女性が活躍するという構図も増えています。

このように工場勤務は男性というイメージというのは年々変わっており、様々な人が活躍できる場にもなっているのです。

 

工場勤務のきついポイント

 

ここまで工場勤務のメリットについて解説してきましたが、もちろん工場勤務特有のきつい・辛いと感じるポイントもあります。

ここからはそんなポイントについて解説していきます。

 

①単純作業の繰り返しが多い

工場での作業の多くは同じ作業の繰り返しになります。

単調な作業がであることも多く、ジッとしてるのが辛い人や、同じ内容の反復がしんどいという人にはきつい仕事かもしれません。

 

②夜勤がある

場所によっては夜勤の勤務が必須になります。

工場の仕事内容は問題なくても、夜勤に耐えられずに辞めていくという人もいます。

その理由は体力的な問題や、家族と過ごす時間を優先したいなど様々です。

夜勤に抵抗のある方は求人に応募する際によく確認をするようにしましょう。

③新しいスキルを身に付けるのは難しい

仕事を長年続けていれば、キャリアとともに様々なスキルも修得していくこともありますが、工場勤務の場合は基本的には同じ作業の繰り返しであるため、新しいスキルの習得がどうしても難しいというデメリットがあります。

そのため、他の産業に転職をしたいと考えても中々、工場勤務での仕事を活かすことが難しく、面接でもアピールがしにくくなってしまいます。

ただし、工場勤務だから必ずしもスキルアップが難しいとは限りません。

たとえば、自動車工場であれば自動車整備士の資格を取得したり、広い工場ではフォークリフト運転技能講習を収めるなど、工場に沿った資格を取得すれば担当できる業務も増え、実務的なスキルを学びつつ様々なことに応用することもできます。

 

工場勤務は地獄だなんて声もあるけど実際は?

 

工場勤務を経験した人からは工場勤務は地獄だからやめておけなんて声を聞くこともあります。

 

上記のきついところでも紹介した通り、工場勤務はデメリットも多く、地獄と感じる人もいるでしょう。

ただし、どんな仕事であっても自分の性分に合わなければ、メリットよりもデメリットを強く感じて地獄だと思うはずです。

 

たとえば、営業職で色々な人と知り合えるのが楽しいという人もいれば、人と会うことが苦痛で仕方がないという人もいるように、その人の向き不向きも大きく関わって来ます。

合う合わないは実際に一度仕事をしてみなければ分からないというのが正直なところです。

 

工場勤務なんて絶対に無理という人は無理に挑戦する必要はありませんが、
工場勤務は短期間で働ける期間工の募集なども豊富です。

「気になるけど、工場勤務は地獄だって聞くから…」と気になるくらいならばこういった短期間の求人に応募して自分に合っているのかを実際に試してみるのも一つの手ですね。

製造の仕事に興味があるけれど、自分は製造業に向いているのか、向いていないのかいまいち分からないという方は「製造業の仕事に向いている人と向いていない人を徹底分析」の記事も参考にしてください。

-仕事・転職情報

© 2021 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5