仕事・転職情報

転職期間にするバイトのつなぎでおすすめの仕事は?

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

転職期間にするバイトのつなぎでおすすめの仕事は?


・転職活動中にバイトってしてもいいの?
・面接とかで不利益にならない?

 

退職したもの、次の転職先がまだ決まってない。
あるいは、次の転職先の入社日までの期間が長い。

などの理由により、転職期間中にバイトをしたいと言う方は今の時代とても多いです。

ですが、つなぎのバイトをしていいものか、どんな仕事をすればいいのかなど色々と不安もあるという方もいるのではないでしょうか。

 

この記事では、そんなお悩みを解決いたします。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • 転職期間のつなぎでバイトをしたい
  • つなぎのバイトでおすすめの仕事を知りたい

 

つなぎのバイト探しならマッハバイトがおすすめ!

マッハバイトのトップ

マッハバイトのおすすめポイント

  • バイトが決まれば最低5,000円、最大で10,000円のお祝い金が貰える
  • 求人数は21万件以上と、最大規模の求人数
  • 運営会社であるリブセンスは一部上場企業であるため信頼性が高い

 

すでにバイト探し中の方はぜひマッハバイトを利用してみましょう。

 

マッハバイトは求人数が非常に豊富なうえに、マッハバイトから応募して採用されるだけで最大10,000円の採用お祝い金を貰うことができます。

そのため、他のサイトで掲載されていたとしても、マッハバイトから応募するだけでお祝い金が貰えるため、マッハバイトを使わないともったいないくらいです。

お祝い金は採用されたら最短で即日でもらうこともできるため、転職活動中の生活費を稼ぎたいと言う方にはピッタリの求人サイトになっています。

 

マッハバイトで求人を見てみる

 

 

転職期間をバイトでつなぎをしても大丈夫?

 

「転職のために退職をしたけれど、次の仕事先が見つかるまでの間の生活資金のためにバイトをしたい」

 

実は転職者が増えている現代では、同じような悩みを持っている人は意外と多いんです。

しかし、一方で以下のような理由でつなぎのバイトをするべきか悩んでいるという方も多いようですね。

  • つなぎのバイトをして転職で不利になることはない?
  • 世間体的にバイトをすることへ抵抗がある
  • 転職先が見つかったら辞められる都合の良いバイトなんてあるの?

 

しかし、まず安心してください。
あなたと同じような悩みを抱えている人は大勢いて、つなぎでバイトをしながら上手に転職していく人は大勢います。

むしろ、つなぎのバイトが転職でもいい方向に作用したと言う人もいるくらいです

 

なぜ、つなぎのバイトをするのがおすすめなのかは、
転職期間中のバイトをすることによって以下のようなメリットがあるからです。

つなぎのバイトをするメリット

  • 生活費の不安が軽減するため、落ち着いて転職先を選べる
  • 空白期間が埋められるため、面接時に不利になりにくい
  • 孤独な時間が減るため、メンタルが滅入りにくい
  • アルバイトから正社員に雇用される可能性もある

 

転職でやりがちな失敗の一つに、生活資金や将来への不安から焦って転職先を決めてしまい、結局うまく行かずにまた転職することになってしまったというケースが多くあります。

そのようなリスクを回避するという意味も含めてつなぎの期間のバイトというのは決して悪いことではありません。

 

転職活動中にバイトをしないほうがいい場合とは?

 

上述した通り、つなぎの期間でのアルバイトはやるべきか悩むくらいならば積極的に取り組んでいって全然かまいません。

ですが、一方で以下のような状況でのバイトは少し考えた方がいいかもしれません

  • シフトが忙し過ぎて、転職活動や面接の時間が取れなくなってしまうバイト
  • 長期間の勤務が前提のバイト

 

転職期間中に最も大切なのは当然ですが転職活動です。

つなぎのバイトでそちらが疎かになってしまっては本末転倒と言えます。
そのため上記のような転職活動がしにくくなるような状況でのバイトは避けるべきでしょう。

また、職場や人に感情移入がしやすい方や、複数の物事を並行して進めるのが苦手という人の場合、
転職活動とバイトが上手に平行しながら進めず、結果的に転職の方がおろそかになってしまったというパターンも多いです。

生活資金の不安だけですぐにバイトを始める前に、自分の性格や現状を踏まえて本当に今やるべきかどうかまで一度考えてから行動に移すようにしましょう。

 

転職期間中のバイトのつなぎでおすすめの仕事は?

転職期間という特別な環境下であるため、学生時代のように気軽に興味のあるバイトから選ぶわけにはいきません。

あくまで一例ですが以下のような基準に沿って選ぶと失敗も少なくなります。

  • ある程度期間を定めて辞めることができる
  • 生活資金をまかなえるだけの賃金
  • シフトの融通が利きやすいこと

 

このように、あくまで転職活動を優先に働くことができ、かつ効率的に稼げるバイトが理想的と言えるでしょう。

また、次の希望の転職先の業務経験が積めるアルバイトならば、面接時にアピールポイントとすることもできるため、その辺りを狙っていくのもありです。

 

次にこれらの条件を満たしやすい、おすすめのアルバイトをご紹介していきます。

 

派遣などの単発・短期間のバイト全般

学生の頃に経験したことがあるという方も多い、単発・短期間限定のアルバイトは手軽にできて、シフトの融通も利きやすいため、転職期間中のつなぎとしては非常に優れています。

また、給料も日払いのところもあるため、金銭的な都合もつきやすいのも大きなメリットです。

さらに業種も豊富なため、自分に合った仕事を見つけることもできます。

単発バイトの一例

  • イベントスタッフ
  • 試験監督
  • 軽作業スタッフ
  • データ入力
  • コールセンター
  • 軽作業のスタッフ
  • チラシや試供品の配布

 

これらのバイトは1日で終わるものから1週間程度継続しているものまで様々です。

季節性のものもあり求人の種類も豊富なため、色々と経験してみるのもいいですね。

このように短期間のバイトを派遣会社から紹介してもらう仕事のスタイルを「派遣バイト」なんて呼ぶこともあります。

派遣バイトは給料も高く、好きなときに働くことができるのが最大の魅力ですが、悪質な派遣会社に登録してしまうと痛い目を見ることもあります。

派遣バイトを上手に受けるためのコツを以下の記事で紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

派遣バイトはやめたほうがいいってホント?実際に派遣バイトをしてみた感想

派遣バイトはやめたほうがいいってほんと?
派遣バイトはやめたほうがいいってホント?実際に派遣バイトをしてみた感想

続きを見る

 

 

フードデリバリー

話題になることも多いフードデリバリーの配達スタッフ。

最近ではウーバーイーツなど、自分のペースで取り組めるこの仕事が注目を集めることも多くなりましたね。

 

ウーバーイーツなどのフードデリバリーの最大のメリットは個人事業という扱いになるため、働きたいときに働けるということです。

生活資金が足りなければ、どこまでも働くことができますし、面接が入った場合はその時間は休みにするなど、自分の都合で時間を決めることができるのはつなぎのバイトとしては理想的と言えるでしょう。

ただし、自分で時間が決められるだけに報酬が決まっている訳ではなく生活資金が安定しなかったり、

事故などのリスクも高まるため、デメリットもあります。

 

警備員

警備員の仕事は難しいスキルが要求されることもないため、年齢や経験を問わず誰でも歓迎であることが多いため、仕事に困ることが少ないというメリットがあります。

また、夜勤も選べるため、給料も手当がついて稼ぎやすいため、そこまでシフトにたくさん入らなくても生活資金が確保できるのが魅力的です。

警備員の仕事についてイメージがわきにくいという方は「警備員の夜勤はきついの?楽なの?体験談と一緒に解説していきます」の記事も参考にしてください。

 

工場での軽作業

こちらも上記の警備員同様に、年齢や経験は問わず、夜間勤務でお金を稼ぎやすい点が魅力です。

また、人間関係がそこまで必要ない仕事であるため、つなぎのためそこまで人間関係に深く悩みたくないという人にもうってつけです。

「工場のバイトなんて底辺そうで嫌だ」なんて声を多く聞きますが、実はそのイメージは今や古いのかもしれません。

工場での仕事はクリーンな環境で落ち着いて作業することができるなどの理由から人気が高いことも多いです。

以下の記事では工場勤務のメリットなどを解説しているのでぜひ参考にしてください。

工場勤務が底辺なんて言わせない!工場で働くメリットを大紹介!

工場勤務が底辺なんて言わせない
工場勤務が底辺なんて言わせない!工場で働くメリットを大紹介!

続きを見る

 

学童保育

この仕事は時期が限られるため人を選ぶ可能性がありますが、
学童保育では6・7月頃になると、夏休みなどの長期休み限定のアルバイトを募集するところが増えてきます。

また、他の単発のバイトとは違い、普段なかなか働けない学童保育の仕事であるため、非常に様々な経験を積むことができるのも魅力的です。

私の知り合いにも、つなぎのつもりが楽しすぎてそのまま就職してしまったなんて人もいました。

主に7月〜8月にかけてのみの募集となってしまいますが、次の転職先をどうするか悩んでいるという人であれば、新しい道の模索という意味も含めて挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

 

転職期間中のバイトのつなぎは履歴書に記載するべき?

基本的には書くことをおすすめします。

転職期間だったとしても空白期間ができてしまうと、やはり面接官には突っ込まれやすくなってしまいます。

正当な理由があって面接時に理由を説明したとしても、面接官が最初に履歴書を見て抱く不信感は第一印象に響いてくる可能性もあります。

そのため、つなぎのバイトであっても記載しておくことで、働く熱意があるというアピールにもなりますし、希望の転職先と関係する業種であれば強みにもなります。

ただし、1,2ヶ月程度の短期のもので、まったくアピールにもならないものであれば、正直書く必要はない場合もあるので、そのあたりは次の転職先や自分の経歴と相談してみましょう。

つなぎのバイトを辞めるタイミングは?

 

単発のバイトや期間の決まっている仕事ならいいのですが、特に期間の定めがない場合は、内定が出てからバイトを辞めるタイミングは悩みますよね。

バイトを辞めるタイミングは生活資金や、次の転職先の契約や業務内容にもよりますが、
次の仕事に向けての準備や揃えなければならないものがある場合は、私の経験上1か月前、遅くとも2週間は余裕を持っておくと安心でしょう。

最初の給料が入るまでは少し時間がかかるため、生活資金に不安があったり、辞めたからと言って暇を持て余してしまうと思うならばギリギリまで働くのもアリですが、最優先は次の転職先でのことです。

ギリギリまでバイトをし過ぎて、内定先からの連絡が取れなかったり、事前の手続きに伺えなくなっては本末転倒なため、内定先との関係に影響が及ばない範囲にしましょう。

 

また、バイト先に辞めると伝える時期ですが、これはなるべく早く伝えておきましょう

なかなか言い出せず遅くなれば遅くなるほどバイト先にも迷惑がかかりますし、気まずい雰囲気のまま辞めていけば尾を引くことにもなります。

 

-仕事・転職情報

© 2021 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5