仕事・転職情報

製造業はやめとけと言われる理由6選!向いてる人向いてない人の違いは?

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

製造業はやめとけと言われる理由6選!向いてる人向いてない人の違いは?

・製造業の仕事に興味があるが、周りからはやめとけと言われる
・製造業に勤めているが、このまま今の仕事を続けるべきか悩んでいる

 

製造業の仕事に興味があるけれど、周りからやめとけと言われた経験はありませんか?

 

この記事ではそんなお悩みを解決いたします。

 

この記事で分かること

  • 製造業はやめとけと言われる原因
  • 製造業の仕事をするべきかの判断基準

 

 

製造業の仕事はやめとけと言われる理由は?

 

製造業に興味があるけど周りからやめとけと言う声が聞かれたり、ネットでよくない評判を見て気持ちが揺らいでいるなんてことはありませんか?

実際に働いたことがないと、周りからの声というのは気になりますし、意識してしまいますよね。

 

しかし、周りの評判だけでは絶対に見えないものもあります。
大切なのはなぜ製造業がやめとけと言われるかをしっかりと見極めることです

仕事には向き不向きがあるように、ある人には製造の仕事はやめとけと感じるかもしれませんが、製造の仕事は天職と感じることもあるでしょう。

 

そのため、まずは製造の仕事の何がやめとけと言われる原因なのかを分析してみましょう

そして、自分には向いているのか、本当に製造業はやめておくべきなのかを見極めることが大切です。

 

ここからは製造業で働く人が辛いと感じる原因として多いものを体験談とあわせて1つずつ解説していくので、自分の現状と照らし合わせながら見てみましょう。

 

①同じ作業の繰り返しにやりがいがない

  • 毎日決まったことを同じようにやるだけなので精神的にきつい
  • 自分で工夫したり、積極的に動くような場面がないため、やりがいを感じない

 

製造の仕事は、営業や企画のように毎日試行錯誤をしながらやることが常に変わり続けるような仕事ではなく、
基本的には同じ作業を淡々と繰り返すことになります。

単純作業が得意で最初は良かったとしても、新しい刺激の薄い日々に、この作業がこの先も続くのかという終わりの見えなさで、段々と仕事が辛いと感じるようになってしまったという人もいるようです。

さらに、仕事の疲れから休日は家で疲れを取ることに使ってしまい、
社会人の多くが抱えている「家と職場の往復」になってしまっているという人も多いようです。

夜勤があるという方はなおさらのようですね。

このような変わり映えのない日々にうんざりという方も多いようです。

 

②工場勤務が底辺というイメージによる周りの目が辛い

  • そこまで待遇は悪くないはずなのに、工場で製造の仕事をしていると言うと、周りが微妙な顔をすることがある。
  • 工場は底辺だと言う声をネットで見るのが辛い

 

製造の仕事と言うと工場の勤務が多いですが、どうしても世間的には底辺なイメージが付いて回ります。

友人や近所の方に仕事を聞かれた際に工場での勤務と言うと、たまに気まずい顔をされたという経験がある人もいます。

劣等感や周りからの目に耐えながら仕事を続けるというのは想像以上に辛いことで、気付かない内に自分に自信がなくなってしまうという人もいますね。

工場の勤務は底辺と言うイメージがありますが、実際には待遇が良い企業も多くあり、決して工場勤務=底辺というわけではありません。

なぜ、このようなイメージが定着してしまったのかについては、以下の記事で解説しています。

工場勤務が底辺とは言わせない!工場で働くメリットを大紹介

工場勤務が底辺なんて言わせない
工場勤務が底辺なんて言わせない!工場で働くメリットを大紹介!

続きを見る

 

③人間関係が辛い

  • 職場の上司のパワハラまがいの行動がきつい。本人が意識してやっていないだけあってそれがまた辛い。
  • 工場内が割と閉鎖的な環境なので、一度人間関係がこじれると気まずい

 

製造業は他の従業員と相談しながら業務を進めるような仕事ではないことも多く、そのような人間関係は少ないと言われることが多いです。

それでも同じ空間で仕事をしていれば、様々な人間関係の悩みがつきまといます。

 

工場は外部からの干渉が少ない閉鎖された空間で仕事を行うため、孤独感や閉塞感も高まり、

「あの人は自分のことをどう思っているんだろう」

「さっきのミスで周りの人は怒っているのではないか」

など、周りの目が気になってしまったり、自分だけが距離を置かれているような不安な感覚に陥るという人もいます。

 

他にも嫌な同僚や上司にパワハラまがいのことを受ける人もいますし、
派遣同士による派閥争いのようなことが起きたり、自分の力ではどうにもできない人間関係の悩みに苦しむ人もいるでしょう。

 

④スキルが中々身につかないことによる将来への不安

  • スキルが身に就いて上達していく実感が薄くて、将来が心配になる
  • 黙々と仕事をしているだけなので、コミュニケーション能力が衰えて行かないか心配

 

上述した通り、製造業の仕事は基本的には同じ作業の繰り返しです。

作業の中に自分の工夫が入る余地があまりないため、業務の中で新しいスキルや知識を身に付けていくというのは難しいかもしれません。

成長を実感できないという不安ももちろんですが、他の職種では応用が利かせづらいなどの理由もあり、

もし、この先今の仕事を続けられなくなったとき、次の転職先は見つかるのだろうか

そんな不安を感じて焦りを感じたことがあるという方は多いはずです。

 

⑤夜勤が辛い

  • 朝帰宅しても眠れず、眠ったとしてもすぐに目が覚めてしまい、生活リズムが整わなくて体調を崩すことが本当に増えた
  • 肌荒れも増えたし、どんどん太って来ているのが辛い

 

場所によっては夜勤が必須というところもあります

夜勤の場合、睡眠時間が一般的な生活とはずれて来てしまうため、慣れない内は非常にしんどい思いをすることになるでしょう。

工場での仕事は楽しいけれど、夜勤が辛くて辞めてしまうという人もいるくらいです。

若い内はいいけれど、年齢を重ねるにつれて身体が悲鳴をあげることも多くなり、夜勤の仕事がきつく感じてくる人も多いようですね。

工場の夜勤について詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

工場の夜勤ってしんどいの?楽なの?働いてみた感想をもとに徹底解説

工場の夜勤ってしんどいの?
工場の夜勤の仕事ってしんどいの?楽なの?働いてみた感想をもとに徹底解説

続きを見る

⑥給料が低い

製造業の中でも大手の企業が運営しているような職場であれば給料も高く、福利厚生などがしっかりしていて

製造業の仕事は給料の幅が非常に広く、給料の低いところでは生活するだけで精一杯という方もいます。

仕事柄、資格を取って手当をもらったり、残業を工夫してみたりと言う性質も薄く、頑張っても生活がよくならないという悩みを抱える人も多いです。

製造業に向いてない人の特徴は?

製造業をやめとけと言われる理由を踏まえたうえで、製造業に向いてない人とはどのような人なのでしょうか?

製造業で働く人の中でも離職率の高い人の特徴としては主に以下のような傾向が高いです。

製造業に向いてない人

  • 誰かと協力して何かを成し遂げたい人
  • 常に新しい刺激が欲しいと言う人
  • ジッとしているのが苦手な人
  • 仕事の評価を目に見える形で受けたい人

もちろん、この特徴に当てはまる人すべてが製造業が向いてない人ではありませんが、やはりこの辺りが苦手だという人は離職率が高い傾向にあると感じます。

仕事をしている上である程度苦痛と感じる可能性がある項目ととらえてください。

どんな仕事でも苦痛と感じることの一つや二つはあるはずです。

大切なのは、その苦痛と感じることをどう自分の中で折り合いをつけるかです。

 

では、なぜ上記に該当すると仕事をする上で苦痛と感じるのか。
その理由について解説していきます。

 

①誰かと協力して何かを成し遂げたい人

製造業の場合、接客業や企画の仕事と違い、他の人と連携して仕事をするチームワークを重視するというよりも一人で淡々と仕事をする性質に近いです。

業務中に誰かと話す機会も少なく、与えられた仕事を着実に遂行していくことが多いため、お喋りな人には辛いと感じるかもしれません。

そのため、接客業などのように、誰かと協力しながら仕事をしたいという人には向いていないかもしれませんね。

 

②単純作業がつまらないと感じる人

製造業の仕事の多くは、同じモノを繰り返し作り上げる作業になります。

そのため、日々新しい刺激があったり、常に新たなことに挑戦し続けるというタイプの仕事ではない場合が多いです。

そのため、反復作業や単純作業が苦手という人には物足りない仕事になるかもしれません。

 

③ジッとしているのが苦手な人

業務の性質的に、動き回るというよりは、与えられた作業場で同じ作業を繰り返すことになります。

このジッとしているというのが、肌に合わない人はとことん合わないようで、これが理由で辞めて行く人もいるくらいです。

事務作業と似たような性質もあるので、経験上座って仕事をするのが苦痛という人には向いていないかもしれません。

 

④仕事の評価を目に見える形で受けたい人

製造業は、営業などのように成果が目に見えて分かる訳ではなく、周りからも評価を受けにくい性質の仕事です。

そのため、仕事を成功させた達成感や、何かを成し遂げる爽快感などは日常的には感じにくいかもしれません。

上昇志向が高かったり、どんどんキャリアアップをしていくことを期待している人からすると、じれったい気持ちになってしまうかもしれませんね。

 

製造業に向いている人の特徴は?

逆に製造業に向いている人の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか?

主に以下の項目に該当している方は比較的製造業の仕事が向いていると言われています。

製造業に向いている人の特徴

  • モノづくりが好きな人
  • 単純作業・反復作業が苦じゃない人
  • 仕事に集中して黙々と取り組める人
  • 夜勤に抵抗のない人

 

①モノ作りが好きな人

製造業はその名の通り、品物の完成を目的とした仕事です。

モノづくりが好き、何かを作る人が好きという人は、その作業工程

その工程に楽しみをまったく見いだせないと、自分の存在価値が分からなくなってしまい、仕事へのモチベーションを上げるのも難しいでしょう。

 

②単純作業・反復作業が得意な人

製造業は、営業や接客業と違い、同じ作業を繰り返すルーティンワークの色が強い仕事です。

一日中同じ作業を繰り返すようなときもあります。

その単純作業や反復作業は人によってはたまらなく辛いという場合もあります。

しかし、このような作業が得意だと言う人にとっては、非常にやりがいと楽しさがある仕事です。

 

③仕事に集中して黙々と取り組める人

周りと連携しながらするというよりは、黙って一つの作業に集中することが多い仕事です。

周りとコミュニケーションを取っていないと気が済まないというタイプや、とにかく体を動かしていたいと言うタイプの人にはかなり厳しい仕事かもしれません。

逆に一つのことに集中して黙々と取り組みたいという人は製造業ではかなり活躍できると言えるでしょう。

④夜勤に抵抗のない人

工場などでの勤務の場合、職場によっては夜勤が発生することがあります。

どうしても夜勤は嫌だと言う人もいますし、
月に何回かくらいの夜勤なら大丈夫だろう。と働いてみたけれど、夜勤の想像以上の辛さに辞めてしまうという人もいます。

そのため、もし夜勤がある職場を選ぶならば、ある程度夜勤になれていたり、生活のリズムが崩れにくい人だと長く続くことが多いですね。

 

製造業の仕事が辛くて病むときの対策法

 

ここまでは製造業をやめとけと言われる理由について解説してきました。

 

ここからは、実際に製造業で働いているけど、仕事が辛くてメンタル的にまいっているという方のための対処法を解説していきます。

趣味を作ってみる

「今の仕事に息苦しさを感じる」

「家と職場の往復になってしまっている」

 

製造業は同じ作業の繰り返しであるため、新しい刺激が入りにくい仕事です。

いくら反復作業が得意であっても、何年と続けていけば息苦しさを感じるときも来るでしょう。

そこで、工場だけではない自分の居場所を作ってみるのも一つの手です。

つまり「趣味を作る」のです。

自分だけの趣味があれば、休みの楽しみや、自分だけの空間があり、仕事にメリハリも生まれ、仕事に対する価値観も変わってくるでしょう。

 

資格を取得してみる

仕事が辛いと感じる理由に、将来への不安などがあるという方は資格を取得してみてはいかがでしょうか?

資格を取得すれば、自分の可能性が広がり、落ち着いて自分がこの仕事を続けるべきか、それとも新しい道を踏み出すべきなのかを判断することもできます。

 

副業をしてみる

今の時代はお金の稼ぎ方というのは非常に豊富です。

わざわざ起業なんてしなくても、スマホ1台からお金を稼ぐこともできます。

お金の余裕は心の余裕なんて言葉がある通り、
毎月1万円入ってくる副業を持てればあなたの生活は非常に変わるはずです。

また、副業が上述した趣味になっているという方も多いため、今の生活に息詰まっているという方にはぜひおすすめです。

 

製造業の仕事が辛くて辞めたいなら転職も考えよう

 

製造業がやめとけと言われる原因と対処法について解説してきましたが、
どうにもならない悩みと言うのは存在します。

仕事が辛いというのは多くの社会人が抱える悩みだと思います。

しかし、「辞めるのは逃げるみたいでイヤだ」、「周りの目が辛い」などの理由で自分の辛い気持ちを押し込めて働き続けた結果、心身ともに限界が来てダメになってしまう人もいます。

最も大切にしなければならないのはあなた自身です。

もう、今の辛いという気持ちがどうにもならないと感じたならば、きっとあなたはそこまでよく頑張ったのです。

思い切って転職という決断をしてみることも大切かもしれません。

-仕事・転職情報

© 2021 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5