仕事・転職情報

アロマコーディネーターの仕事内容とは?試験の合格率や難易度を解説

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

アロマコーディネーターの仕事内容とは?試験の合格率や難易度を解説

アロマコーディネーターの仕事内容とは

皆様はアロマコーディネーターの資格をご存じですか?

今やアロマは非常に身近な存在としても知られることも多くなり、リラクゼーションから医療・介護の現場まで活躍の幅も広がっており人気も高いですね。

そんなアロマに関する専門的な知識を持っていることを証明するアロマコーディネーターの資格について解説していきます。

 

アロマコーディネーターとは?

 

アロマコーディネーターとはJAA日本アロマコーディネーター協会)が所定のカリキュラムを修了してアロマセラピーに関する知識を習得した者に対して認定する資格です。

 

リラックス効果や、ストレス解消など様々な効果が期待されるアロマですが、最近では身近な存在として親しまれることも多くなり、個人で楽しむ人も増えてきましたね。
介護や医療の現場でも活用されることなんかもあり、今後ますます活躍が期待されています。

 

しかし、アロマを本格的に勉強したいと思っても、資格の勉強などと違ってゴールや正解がない分、独学では学ぶのも難しいですよね。

そんなアロマに関する知識を専門的なレッスンで経験を積んだうえで所定のプログラムを修了して、認定試験を合格した人に対してJAAが認定しているのがアロマコーディネーターの資格です。

 

アロマコーディネーターの仕事内容は?

 

アロマに関する仕事と言えばたとえば以下のようなものが考えられますね。

アロマに関する仕事の一例

  • アロマサロン等でのアロマトリートメント
  • アロマショップの店員
  • アロマに関するセミナーなどの講師やカウンセリング

 

アロマを使った仕事はこれ以外にもどんどん広がっていっていて、活躍の場も増えています

しかし、実はこれらのアロマに関する仕事をするためにアロマコーディネーターの資格は必須ではありません

なぜなら、アロマに関する国家資格が存在しないため、医師や看護師のような仕事とは違い資格がなくても誰でもアロマに関する仕事ができるためです。

どういうことかと具体的に解説しますと、医師免許や看護師資格のような国が認定する国家資格の場合は、法律により免許取得者以外の人がその仕事をすることは禁止されていますが、
アロマコーディネーターはJAAが認定している民間資格であるため、とくに制限や罰則は設けられておらず、資格の有無は実際の業務には影響が及ばないというのが理由です。

 

では、アロマに関する仕事に就きたいという人がなぜアロマコーディネーターの仕事を取得するのでしょうか。

それは、お客様からの信頼を得るためというのが最も大きな理由です。

 

どういうことかと言うと、たとえばあなたがお客様だったとして、市販の本を読んでアロマを勉強しただけの人からアロマのサービスを受けてもいまいち納得できませんよね。

さらに、そんな人からアロマのサービスを受けたとしても、それが正しい知識に基づいたものなのか、それとなく適当にやったのかを判別するのは難しいでしょう。

しかし、アロマコーディネーターという、実績のある団体が行う正しいカリキュラムを修了して試験に合格して取得した資格を持った人が行うサービスであれば効果も十分期待できますし、お客様からしても安心してサービスを受けることができます。

このように、お客様にも安心を提供でき、かつ正しい知識に基づいたサービスを提供することができるというのがアロマコーディネーターの資格を得る最大の理由です。

 

さらにJAAでは資格の取得後に就職や開業のサポートも行っているため、アロマに関する仕事をしたい場合はぜひ取得しておきたいですね。

 

アロマコーディネーターになるには?

アロマコーディネーターになるには、指定されたカリキュラムを修了して、認定試験に合格する必要があります

カリキュラムを受講する方法は
日本アロマコーディネータースクールの通信講座を受講する方法か、
JAAの各認定加盟校に入学する方法がありますが、
今回は最もポピュラーである①の日本アロマコーディネータースクールでカリキュラムを修了するルートで解説していきます。

資格取得までの簡単な流れ

  1. アロマコーディネータースクールの資料請求
  2. 教材の到着・講義の受講
  3. アロマコーディネーター認定試験の受験
  4. 資格取得

 

この流れを一つずつ解説していきます。

 

①アロマコーディネータースクールの資料請求

まずはアロマコーディネーターのスクールの資料を請求しましょう。

急ぎの場合は資料請求がなくても申し込みはできますが、基本的には資料を請求して講座内容などを確認してからの方が後から間違いがなくて済むため、一度は資料の請求をしておきましょう。

 

②教材の到着・講義の受講

スクールに申し込むと、お手元に教材が届くので、その教材を使ってレッスンを受講していきます。

教材にはレッスンで使用する精油やホホバオイルなど、必要なものがすべて含まれているのですぐにレッスンを開始することができます。

講義内容は最終的に認定試験でもしっかりと知識が問われるうえに、レポートの提出・添削もあるため、在宅だからと油断せずに学習しましょう。

 

③アロマコーディネーター認定試験の受験

カリキュラムが修了したら、最後に認定試験に合格する必要があります。

試験では筆記試験と小論文が出題されますが、カリキュラムを正しく受けていればそこまで難易度の高い試験ではないため、復習を徹底して試験に挑みましょう。

この試験に合格して登録をすることでアロマコーディネーターとして認められます。

 

アロマコーディネーター認定試験とは?

 

アロマコーディネーターの認定試験の概要はJAAの公式ホームページにて以下のように公表されています。

試験内容 理論試験(筆記試験)
小論文(800文字程度の課題作文)
試験実施日 2月、6月、10月を予定
試験場所 JAS日本アロマコーディネータースクール修了生:在宅受験
JAS以外のJAA加盟校修了生:加盟校が指定する会場での受験
受験料 11,000円
その他の費用 登録料33,000円
年会費13,200円

アロマコーディネータースクールを修了して受験する場合は在宅受験が認められます。

 

アロマコーディネーターの試験の合格率は?

アロマコーディネーターの合格率は公表されていませんが、合格者からの話を聞く限り、講義内容をしっかりと復習しておけば十分対応できる内容であるため、

受験資格がカリキュラム修了者のみと限定されていることを考えると合格率は比較的高めなのではないかと考えられます。

 

アロマコーディネーターの資格取得に必要な費用は?

アロマコーディネーターの資格取得までに必要な費用として、最も安く取得する場合で以下のようになります。

アロマコーディネータースクールの受講料(受講期間1年コース):231,000円

アロマコーディネーター認定試験の受験料:11,000円

アロマコーディネーター登録料:33,000円、年会費:13,200円

合計:288,200円

-仕事・転職情報

© 2021 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5