仕事・転職情報

40代や50代での夜勤はきつい?実際の経験者からの体験談まとめ

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

40代や50代での夜勤はきつい?実際の経験者からの体験談まとめ

 

今はまだ、夜勤の仕事を頑張れているけれど、これからさらに年齢を重ねていったときにも、夜勤は続けていられるだろうか?

そんな不安を抱いている方も多いようです。

この記事では実際に夜勤で働いている方からお話を聞いた年齢と夜勤のお悩みについて解説してきます。

 

40代での夜勤はきつい?

  • 40代に入る頃はまだ全然大丈夫と思っていたが、1年ごとに身体が辛くなっていくのを感じる。
  • 昔から夜勤を続けているので、今でもとくに昔と変わらず仕事はできているが、正直このまま夜勤を続けていけるのかという不安もある。

 

夜勤に昔から入っていて慣れている人などは、よく30代後半あたりからグンと夜勤がきついと感じるようになるという意見が多いです。

それでも体力があったり、日頃から健康に気を使っている人ならば40代に入っても、まだまだ全然夜勤は平気という人もいます。

これまで若い頃から夜勤を続けていた方ならば慣れもあり、それで40代前半は乗り切れるかもしれませんが、40代後半に入ると全然平気だと言っていた人の多くが身体にガタが来ていると感じはじめることが多いようです。

 

50代での夜勤はきつい?

 

  • 夜勤に行くのもかなり辛い日々ですが、今から転職というのも難しいと思いますし、する気もないので頑張り続けていきます。
  • 夜勤の方が私にとっては楽なくらいなので、生涯この夜勤の仕事を続けていきたいが、子どもとゆっくりする時間を取れなかったことだけは少し後悔している。

 

夜勤に慣れている人であっても、50代に入ると身体の疲労感や、回復しない身体に限界を感じる方も多いようです。

逆に若いときからずっと夜勤一筋という人の中には、今から日勤の仕事に移ったら逆におかしくなるという方もいるようで、ここまで元気な人ならば問題はありません。

しかし、無理して夜勤に入り続けて、睡眠の質の悪さから来る病気など、仕事を続けていくことが不可能となる人もいます。
そのようなリスクを回避するために、積極的に運動を取り入れたり、食事に気を遣って健康を意識することが大切です。

 

夜勤をやっていられる年齢の限界は?

 

もちろん、人によるというのが大前提ですが、40代50代になってくると、年齢の制限もあり転職の幅も狭くなっていきます。

上述したとおり50代にもなると、身体に無理を感じ始めたり病気やケガの悩みというのも格段に増えて行きます。

それでもこの夜勤の仕事を生涯続けていくという意思があるならばまったく問題はありませんし、定年まで夜勤をしっかりと勤めあげた人を私は多く知っています。

決して年齢だけで夜勤に入ることに限界が来るわけではありません。

しかし、もしも将来に渡って夜勤を続けていくのが辛いと感じているならば、30代前半、遅くとも30代後半までには日勤の仕事に転職することをおすすめします。

どうしてもそれ以上となると、転職先が見つかったとしても、新しい仕事に慣れるまでの大変さや、上司が年下であることによるやりにくさなどにより、仕事を続けていくことの大変さにぶつかるという人も多いようです。

 

夜勤をやり続けるとどうなる?

今の夜勤の仕事を続けたい。

だけど今でさえ大変なのに、今後夜勤の仕事をやり続けるとどうなるのかと不安に感じながら仕事を続ける人も多いようです。

実際、夜勤を続けた際にどのようなリスクがあるのかと言うと、最も大きいのは睡眠の乱れが続くことによる健康への影響です。

睡眠と健康については大きな関係があるため、睡眠の質が悪い状態が続くことで、様々な病気に繋がったり、

体型が太りやすくなる、肌荒れや抜け毛など様々な悪影響を訴える人は多いです。

数回程度の夜勤では、もちろんここまで影響は及ばないと思いますが、何年にも続いて夜勤を繰り返すことによる睡眠の質の悪化が続くことでこのようなリスクに繋がる可能性は十分ありえるでしょう。

 

40代50代から夜勤を始めることはできる?

 

これに関してはもちろん夜勤を始めることは可能ですし、実際に始めて定年までやり通したと言う人を私も多く知っています。

ただし、今まで夜勤を経験したことがないと言う方は、夜勤の辛さというのはある程度覚悟しておくべきでしょう。

夜に起きてられるのと、夜に仕事をするのではまったく訳が違います。

夜型のタイプだからという理由で夜勤に挑戦したけれど、想像以上に辛くて辞めていった人も多く知っています。

可能ならば、単発の仕事などで夜勤の大変なところなどを知ってから本格的に始めることをおすすめします。

 

さらに、上述した通り、40代50代となれば、身体的な病気などのリスクも考えなければなりません。

夜勤を経験したことがあると言う人でも、若いころの夜勤とはまったく体の働きも異なるでしょう。

 

今まで夜勤を経験したことがないという人は、夜勤の辛さというのをイメージするのはなかなか難しいと思います。

こちらの記事では夜勤の大変なポイントを解説しているため、参考にしてください。

夜勤が辛い・もう辞めたいと感じたときの転職先は?

夜勤をきついと感じる人の転職先は?
夜勤がもう辛い・辞めたいと感じたときの転職先は?

続きを見る

40代・50代から働ける夜勤の仕事の探し方

上述したリスクを覚悟したうえでも、夜勤で働きたい、働く事情があるという人もいると思います。

もちろん、40代50代であっても夜勤の仕事は見つかりますが、まったくの未経験の職種の場合はできる仕事も限られて来ます。

年齢や経験を不問にしてもらいやすい業種としては「製造業」「警備員」「介護職」などは比較的探しやすいでしょう。

 

夜勤の仕事を探しやすい転職サイトならば「マッハバイト」がおすすめです。

マッハバイトのトップ

 

マッハバイトの特徴はとにかく求人数が豊富で多くの仕事の中から選べるうえに、採用のお祝い金制度も充実しているため、すぐにお金が欲しいという人にもおすすめです。

マッハバイトと言う名前ですが、正社員の求人なども豊富に扱っているため、夜勤の仕事を探したいという方はぜひ一度マッハバイトで調べてみることをおすすめします。

マッハバイトで求人を見てみる

 

マッハバイトの評判についてまとめたこちらの記事も参考にしてください。

マッハバイトの評判は?祝い金は本当に貰える?

no image
マッハバイトの評判は?祝い金は本当に貰える?

続きを見る

 

30代で夜勤がきついと感じているなら日中の仕事に転職を考えるのもアリ

 

今はまだ30代で夜勤を頑張れているけれど、40代50代になったときに夜勤ができるのだろうかと不安を感じている方は実は多くいます。

今でさえ夜勤をきついと感じるならば、年齢と共に必ずそのきつさは増してきます。

そのため体力的な面も考慮して、夜勤がきついという理由で転職を考える人は意外と多いです。

 

しかし、30代の場合は一日ごとに転職の幅が狭くなっていくのも事実です。

もしも将来夜勤を続けて行くのがきついと感じるならば早めに日中の仕事に転職をして、そこに腰を据えるのというのも大事な決断です。

-仕事・転職情報

© 2021 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5