仕事・転職情報

退職代行は逃げではない!正当な退職方法の一つです

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

退職代行は逃げではない!正当な退職方法の一つです

最近はやりの退職代行をご存じですか?

仕事を辞めたくても辞められない社会人に代わって退職の手続きを行ってくれるサービスで、
会社に対して退職を伝える必要がなかったり、するなど、今人気のサービスの一つです。

しかし、どうしても退職代行のサービスは、社会人の義務を果たしていない逃げや甘えだという意見もあります。

退職代行のサービスは本当に逃げや甘えなのでしょうか。

この記事ではそんな退職代行について解説していきます。

 

退職代行とは?

 

退職代行とは、労働者が退職を希望する際に、自分に代わって第三者が退職の手続きや処理を行ってくれるサービスです。

退職代行のサービス自体は実はかなり昔から存在していましたが、近年の労働環境の悪化や、ブラック企業の増加などにより利用者が増えることで注目を集めることも多くなりました。

 

知名度が上がった当初は周りからもそんなサービスが流行るわけがないと言われていましたが、今や非常に多くの利用者がいます。

それだけ潜在的に追い詰められている状況の労働者が多いということですね。

 

 

退職代行が逃げではない理由

 

さて、退職代行というサービスの知名度が上がって来たと言っても、身近で利用した経験がある人もなかなかいないのではないでしょうか。

そのため、退職代行を利用するのをこのように感じてはいませんか?

  • 辞めるならば正面から言うべき
  • 周りの人への裏切り
  • 周りの人に退職代行がバレるのではないか不安

 

たしかに、退職は自分でやるべきという考え方が一般的である以上、このような後ろめたさが出てくるのは当然で、
退職代行なんてありえないなんて考えてしまうのは自然なことだと思います。

 

しかし、退職代行というのは、あくまで辞めたいと言う自分の気持ちを正しく企業に伝えるための手段の一つです

辞めるというのを伝えるのが自分か自分の代理人であるかと言う違いだと私は考えます。

本当に逃げるというのは、正しい手続きを踏んで辞めるという責任を取らずに勝手に出社せず、そのままいなくなってしまうことです。

 

誰だって自分の力で穏便に辞められるならそうしているでしょう。

しかし、それすら許されないプレッシャーの強い環境に置かれている人や、様々な事情で正面から退職を言い出せない人というのは多くいます。

 

もちろん、むやみやたらに退職代行を使うべきではないと思います。

しかし、正当な手段で辞められない人間にとって、その人なりに必死に手を伸ばして利用する退職代行は必ずしも逃げや甘えでは決してありません。

退職代行を逃げの手段と考えると使うことに抵抗があるかもしれませんが、
あくまで退職代行は逃げのための手段ではなく、自分の気持ちを代わりに正しく伝えてくれるための代理人にお願いすると考えてみましょう。

そのうえで今の自分が退職代行を使うべきかどうか判断するのが最も自分を客観的に見る方法です。

 

退職代行を使うべき人

さて、退職代行を利用するのが必ずしも逃げではないのはここまで書いてきた通りですが、
自分の力で退職ができるのならば、それに越したことがありません。

しかし、下記のような特徴に当てはまってる場合は、退職代行を使うべきサインかもしれません。

こんなことに当てはまってませんか?

  • 会社に辞める意思を伝えているが、引き止められる状態が何カ月も続いている
  • 残業や業務過多などの過酷な労働環境で体調を壊すことが増えた
  • 毎朝仕事にいきたくなくて涙が出る
  • 周りの同僚や先輩に気を遣って言い出せない

 

このような状況になって仕事で追い詰められてもなお、頑張り続けてメンタルや体調を崩し、
社会復帰すら困難となった方を大勢見て来ました。

しかし、会社側はその後のフォローも面倒も見てくれないという非道な会社は残念ながら多くあります。

それなのに働いている側は最後までしっかりと正面から相手にしなければならない理由はあるのでしょうか。

あなたの働いている会社は、本当にそこまで義理立てする必要がある会社なのか、自分の将来と天秤にかけてみて考えてみることも大切です。

 

とくに自分のことよりも周りのことを考えてしまう優しい方が退職ができずに悩み続けるということもあるため、
そういった場合は思い切って退職代行の力を借りるのも一つの手ですよ。

 

たまに、仕事が辛すぎて朝自然と涙が出てしまうなんて方がいますが、
これはもうかなりの危険信号かもしれません。

思い当たる方はぜひ以下の記事を参考にしてください。

仕事に行きたくないあまり朝泣くほど辛いなんてことはありませんか?

仕事に行きたくないあまり朝泣くほど辛いなんてことはありませんか?
仕事に行きたくないあまり朝泣くほど辛いなんてことはありませんか?

続きを見る

 

退職代行を使ったその後はどうなる?

退職代行は、事前に代行会社との打ち合わせをして、退職の決行日を取り決めておき、代行会社の交渉が成功すれば基本的にはその会社とはもう関わる必要はありません。

退職届や借りていた備品などの返却があるかもしれませんが、代行会社が代わりに行ってくれるため、この辺りも事前に打ち合わせしておくといいでしょう。

 

会社から自分宛に電話などをもうして欲しくない場合は、そう言ったことも事前に希望を出しておくこともできます。

 

退職代行を使うなら後悔がないようにしよう

退職代行は逃げや甘えだとは思いませんが、最終手段として考えるべきであると考えます。

なぜなら、退職代行が成功すれば、基本的にはもう会社の人たちと会うことはありませんし、会社に出社する必要もありません。

だからこそ、中途半端にしたことや心残りがあるまま退職代行を使うと後から後悔をすることに繋がりかねません。

勢いで退職代行を使うことも大切ですが、一度だけやり残したことはないかを整理してから利用するようにしましょう。

 

退職代行を使ってトラブルとなることはある?

 

退職代行の性質として、トラブルが発生しやすいというデメリットがあります。

なぜなら、退職したい本人に代わって、退職金や様々な条件の交渉を行えるのは基本的には弁護士しかできません。

弁護士以外の者が本人に代わって交渉することは非弁行為と言って違法性のあることとなってしまうのです。

退職届を代わりに出すまでならば誰がやっても問題ないため、退職代行の会社でも可能のため、退職届を会社側が受け取ってくれればなんの問題もありませんが、

会社側がそれについて争って来た場合、その先の交渉は、ただの退職代行会社まではできなので、トラブルの原因になってしまうのです。

 

トラブルを避けたいなら弁護士のいる退職代行を利用しよう

では、どうしたら良いのかと言うと、弁護士が行う退職代行を利用することが最も安全な方法になります。

以前、退職代行を使った人が、会社側に損害を与えたとして、なんの根拠もないけれど無茶な損害賠償を請求されたという事例がありました。

弁護士など法律の専門家が対応すればまったく問題にもならないような要求でしたが、退職代行会社ではそれに反論することはできず、大事になってしまったというケースでした。

そこで、弁護士資格を有する退職代行を利用すれば、それらのケースにも正当な方法で対応してもらえるので、そのようなトラブルは起きにくくなります。

料金は若干割高になってしまいますが、弁護士が行えば法律上問題もなく、リスクも抑えて退職を行えるため、トラブルを回避し、退職の成功率も上がります。

-仕事・転職情報

© 2021 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5