仕事・転職情報

おとなしい人ほど突然辞める!?その意外な理由と心境とは?

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

おとなしい人ほど突然辞める!?その意外な理由と心境とは?

今までおとなしく目立たない同僚がある日突然辞めてしまったなんて経験はありませんか?

辞めるなんて思っていなかったので周りも驚きますし、なにか嫌なことをしてしまったのかと不安に感じる人もいると思います。

もちろん、本当の気持ちは本人にしか分かりませんが、この記事ではおとなしい人が突然辞めるのときに共通する特徴を解説していきたいと思います。

 

おとなしい人ほど突然辞める!?

 

職場でも目立った印象がなく、不満も言わずに仕事をこなしていたのにある日突然辞めてしまったなんて経験はありませんか?

まったく辞める気配なんてなかったのになんでと思った方も多いと思います。

 

ですが、実はおとなしい人だからこそ突然辞めることが多いのをご存知でしょうか。

辞めた理由は本人の中でしか分かりませんが、おとなしい人が突然辞める理由として多く共通する特徴としては以下のようなものがあります。

 

  • 実は一番周りの目を気にしていた
  • 前々から不満を溜めていた
  • すでに辞める前提で働いていた

 

このような理由が意外とあるようです。

具体的にはどういうことなのかを一つずつ解説していきます。

 

おとなしい人が突然辞める理由①実は一番周りの目を気にしてる

おとなしくて目立たない人は、周りの目なんかも気にならなそうと誤解されることも多いです。

しかし、実はおとなしい人こそ最も周りの目を気にしてるのかもしれません

 

周りの目が気になり、「自分が悪く見られてないか」、「うまくやれているか」などが常に気になるような性格だからこそ、
段々とおとなしい性格になっていったのかもしれません。

 

周りの目が気になる人は、特に周りはなんとも思ってないのに自分で自分を追い詰めてしまい、ずっとかかっていたプレッシャーが爆発してしまい突然辞めるというのは意外と多いですね。

 

おとなしい人が突然辞める理由②不満を溜めていた

周りに愚痴や悩みを相談せず黙々と仕事をするタイプの人は周りに一人はいますよね。

ですが、そういう人は相談したくなかったり、悩みがないという訳ではなく、相談したり話すのが苦手なだけという人も多いです。

 

文句などを言わないのをいいことに、面倒事や仕事を押し付けてしまうというのはどこの職場でも見かける光景ですが、やられる本人としてはたまったものではありませんね。

そのため、実は内心不満が爆発寸前だったということもよくあります。

その人の人柄だけではなく、実際の業務量や負担を見極めてあげて、周りが助けてあげることが大切です。

 

おとなしい人が突然辞める理由③すでに辞める前提で働いていた

なかには、もともと今の職場で長く続けるつもりはなく、良い会社や本来やりたいことを始める目処がついたら今の会社は辞めようという前提で入社する人もいます。

そのため、周りと仲良くなったり、頼られるような目立つ存在になると辞めづらいため、計算的におとなしいキャラを演じて仕事をしているという人もいるくらいです。

 

当然そういう人は、そういう計算をしていることを周りの同僚には話さないため突然辞めるように見えますが、

実は突然どころか最初から辞めるつもりだったという人もいます。

 

まともな人ほど辞める会社って大丈夫?

 

まともだと思っていた人や、優しい人が突然辞めるとなると、自分まで不安に感じることはありますよね。

さらに、ここまで解説して来たとおり、突然辞めたとなると、そんな人に見限られるような会社にいて大丈夫なのだろうかと疑心暗鬼になった経験がある人もいると思います。

 

ですが、そんなときに大切なのは辞めた人ではなくあくまでその会社の待遇や現状を見て判断するようことが大切です

上述してきたように、おとなしいと思っていたのに突然辞めた人は、会社が嫌になって辞めたとは限りません。

周りからは突然辞めたように見えて、本人としては前から考えていたパターンや、やむを得ない事情があった可能性もあります。

そのため、その会社が嫌で見限ったとは限りません。

 

おとなしい人やまともな人が辞めるくらいだからこの会社は大丈夫なのだろうかと不安に感じてしまう気持ちは分かりますが、
それに引っ張られず、自分は自分と割り切って考えることが大切です。

 

なぜ優秀な人ほど突然辞めるのか

 

おとなしい人=優秀な人とは限りませんが、突然辞める人に優秀な人が多いと感じることはありませんか?

なぜ、優秀な人ほど突然辞めるのかと言うと、自分が辞めると決まったあとの光景を先読みしているからではないかと考えられます。

 

誰かが辞めるというのは、想像以上に周りに動揺や波紋を呼ぶことになります。

中途半端に周りに辞めることをにおわせたり、必要以上に早くに辞めると伝えてしまうと、

無駄な引き留めにあったり、気まずい思いをしたり、
辞めるから手を抜いてると濡れ衣をかぶせられたり、余計な仕事を押し付けられたりと基本的にその人に得はありません。

 

ならば、私の社会人の経験から言っても最も良い辞め方は、周りに辞める決意は黙っておきながらある程度辞めた後の準備をしておいて、
自分が辞めることでなるべく周りに波風を立たせないようにしてスッと辞めることではないかと思います。

 

このように先の展開を予想して、周りに辞めるアピールをする人よりも、「立つ鳥跡を濁さず」がサッとできるため優秀と呼べるのかもしれませんね。

-仕事・転職情報

© 2021 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5