アルバイト

ピッキングが遅い人と早い人の違いは?ピッキングのコツを解説します

                     
  1. HOME >
  2. アルバイト >

ピッキングが遅い人と早い人の違いは?ピッキングのコツを解説します

ピッキングが遅い人と早い人の違いは?

ピッキングが遅くて悩んでいる、ピッキングが遅い人と早い人の違いってなんだろうなど、ピッキングの仕事をしていて悩むことってありますよね。

この記事ではピッキングの早い人と遅い人の違いを解説していきます。

 

ピッキングとは?

ピッキングとは倉庫のような物が集められた場所で行う作業で、指示された商品等を集める作業です。

工場などで使う部品を倉庫から集めて来たり、物流センター内で配送する商品を集めてくるなど、ピッキングは様々な場面で必要とされます。

 

倉庫内には膨大な量の荷物や商品が置かれているため、その中から指示された通りの商品を集めるというのは丁寧な仕事と素早い判断が求められます。

ちなみにピッキングの方法には摘み取り方式種まき方式というピッキングがあります。

摘み取り方式とは、ピッキングリストに書かれた商品や部品を保管棚から一つずつ回収していく方法です。
畑から野菜を摘み取っていくイメージですね。

種まき方式とは最初に複数のオーダーの商品をまとめてピッキングしておいて、それを発送先などが書かれた箱などに分けながら入れていく方法です。
発送場所の書かれた箱を畑に見立てて必要な商品を配っていくため、このように呼ばれることがあります。

 

ピッキングが遅い人の特徴

ピッキングは単純な作業に見えて、人によって早い、遅いが出やすい仕事でもあります。

なかには、どうしてもピッキングのコツが掴めず作業が遅い人もいますよね。

なぜ、ピッキングが遅くなってしまうのか、遅い人に共通する特徴をまとめていきます。

 

ピッキングが遅い人の特徴①頭の中でイメージができていない

ピッキングの作業がうまい人は、商品の場所やどうやったら一番効率よくピッキングができるかを頭の中でイメージしてから動き出すという人が多いです。

そうすることで、次はどう動くかまでイメージできるので効率よく動きまわることができます。

 

とにかく体を動かすというのも大事ですが、下記でも紹介する通り体力がなくなって逆に効率が悪くなってしまったり、次にどう動くかのイメージができていなくて遠回りをしてしまったりと、どうしてもピッキングが遅くなってしまいます。

場所や動き方を簡単でいいので頭でイメージすることが大切ですね。

 

ピッキングが遅い人の特徴②体力がない

ピッキングの作業は、重いものを持ち運んだり、倉庫内を動き回ったりと意外と重労働です。

そのため、体力がない人は作業の後半で体がバテてしまい作業効率がガクッと落ちてしまうことがあります。

そうなるとやはりピッキング作業が遅い人として周りからは見られてしまうことがあります。

 

ピッキングが遅い人の特徴③集中が切れやすい

ピッキングの作業は単純作業と呼べる場面が多く、基本的には指示のあった商品を集める作業の繰り返しであるため飽きやすい仕事とも言えます。

そのため作業を続けていくと集中が切れやすく、仕事の効率が下がっていく人が多いです。

 

この傾向が多い人の特徴として、仕事前は異常なほど張り切る人が多いです。

ぼちぼち頑張るぞ。くらいの気持ちで取り組む人の方が意外と長い時間集中力を持続できるため、

 

ピッキングの作業のコツは?

ピッキングの仕事をしている人は、素早く効率よくやる方法を自分なりに模索していると思います。

ピッキングが早い人がやっているコツをご紹介していきます。

 

最短の移動距離をイメージしよう

ピッキング作業を効率化したいならば、最も簡単な方法は移動距離を短くすることです。

倉庫内は非常に広い場所も多く、様々な移動ルートがあります。

どこをどう移動すれば指示された商品を素早く集められるのかを頭のなかで地図を描きながら動くと効率よく回ることができます。

 

指さし確認を怠らない

ピッキングは商品の数やコードの番号など細かい確認が多い仕事のため、意外と小さなミスが出やすい仕事です。

大雑把にやると必ず数が足らなかったり、別の商品だったりするミスが多発するため結果的に手間が増えるなんてこともありえます。

そこで、地味ですが指さし確認は徹底するようにしましょう。

目で見て頭の中だけで確認するよりも、指を差しながら確認するだけでより具体的で確実に確認することができます。

 

張り切りすぎて体力を消耗しないようにしよう

ピッキング作業は意外と体力勝負の仕事です。

張り切りすぎて序盤で体力を使ってしまうと、後半で疲れがドッと出てしまい一気に作業の効率が下がることもあります。

 

ピッキングに慣れるまでどれくらいかかる?

 

ピッキングの作業は内容自体は単純ですが、慣れるまでは意外と繰り返し経験を積む必要があります。

最初は何がなんだか分からずにひたすら動き回るような日々が続くかもしれませんが、大体1ヶ月程度

もちろん、シフトに入る数なども大きく影響してくるため、一概には言えませんが、シフトに多く入って要領のいい人ならば半月程度で

-アルバイト

© 2021 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5