仕事・転職情報

仕事が辛すぎると感じる人のための対処法

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

仕事が辛すぎると感じる人のための対処法

仕事が辛すぎると悩んでいる方が増えていますね。

仕事をしていれば人間関係の悩み業務の悩み将来の悩みなど非常に多くの悩みがついて回りますよね。

 

こんな悩みを抱えながらも、「周りも同じ環境で頑張ってるし」と、辛い想いに蓋をして頑張り続けてしまっていませんか?

 

ですが、そんな辛い悩みを抱えて働き続けてしまえば、いつか心と体に限界が来るかもしれません。

なかにはその結果、働くことができなくなってしまった人だっています。

 

周りの人は大丈夫でも、あなたにとっては大丈夫ではないことはたくさんあります。

人によって感じる辛さは人それぞれです、周りは平気でやっているけれど、自分にとっては耐えられないほど辛いということは存在します。

 

この記事では、そんな仕事が辛すぎる人のための解決策などをご提案していきます。

 

仕事が辛すぎると感じる理由は?

仕事が辛すぎると感じている人は、まずは自分がなぜ辛いと感じているのかを整理してみましょう。

最も辛いのが「自分がなぜ辛いのかを理解せず、そのまま進んでしまうこと」です。

まずは自分の現状を一度整理してみましょう。

 

仕事が辛いと感じる理由として多いものをご紹介していくので、まずは自分の状況と照らし合わせてみましょう。

 

①人間関係

仕事が辛いと感じる理由として最も多いのは、やはり「人間関係」ではないでしょうか。

長く仕事をしていれば、上司や部下との関係や同僚との付き合い。

サボる人への対処、コミュニケーションの難しい人とのやりとりなど、本当に様々な人間関係の悩みが生まれます。

 

業務上の悩みと違って、完璧な解決というのはとても難しいため、モヤモヤする人も多いですね。

実は仕事を辞める原因として最も多いのが、この「人間関係」だと言われています。

特に職場の人間関係は、一度関係を悪化させてしまうと本当に気まずい空気を作ってしまうため、
関係を悪くしてはいけないと張り切ってしまい、結果的に余計なストレスや疲労感が溜まってしまうという人も少なくありません。

 

人は人、自分は自分で割り切った人間関係ができれば楽なのかもしれませんが、そう簡単にはいきませんよね。

 

 

②将来性

今の仕事を続けていると、誰でも漠然とした将来の不安が生まれることってありますよね。

たとえば、以下のような不安を感じたことってありませんか?

  • 「このまま今の職場で一生生活していけるのだろうか」
  • 「この仕事で頑張り続けて後悔はしないだろうか」
  • 「自分にもっと相応しい職場があるのではないだろうか」

 

これに限りませんが、そんな不安を感じる瞬間が誰にでも訪れるはずです。

 

一度感じた不安は、頭の中でグルグルと巡って悪い方にばかり考えてしまいますが、
今の職場で良いのかというのは誰にも分からないため、その気持ちを抱えながら働くと非常にモヤモヤしますよね。

 

③給料が低い

今の仕事自体はそこまで嫌ではないけれど、給料が低いと言う悩みを抱える人も多いです。

生きていく中で歳を重ねるほど、結婚や介護、貯蓄など必要な金銭は多くなっていくにも関わらず、思ったように給料が上がらない現状に不安や辛さを感じると言う人は増えていますね。

以前、老後を安定して過ごすには2,000万円は必要だというニュースが流れたのを覚えているでしょうか。

今の貯金や年齢、給料で定年までに幾ら蓄えられるのかなんて計算して、不安を感じたという人は多いのではないかと思います。

世間が明るいニュースで溢れてくれたりすれば希望もありますが、暗いニュースばかりが続くと気も滅入りますし、今の給料で大丈夫なのかと不安にもなりますよね。

 

④業務量が多い

仕事が慣れたり、立場的にも上になってくると、自然と抱える業務量も増えていくことが多いですね。

ですが、それも行き過ぎると無茶な業務量を抱えてしまうこともあります。

なかには、やってもやっても仕事が増え続け、残業をしても終わりの見えない業務量にうんざりしたり、

いつの間にか抱える業務量が増えすぎてしまっているのに、周りは助けるどころか自分の業務量の多さすら気づいてくれない現状に辛いと感じている人もいるのではないでしょうか。

さらにそれが、今の給料に見合わない業務量だったりすれば、たまったものではありませんよね。

 

⑤仕事へのプレッシャーが辛い

仕事をしていくうえで多かれ少なかれ責任やプレッシャーのかかる場面はありますね。

それでも、とてもじゃないけれどその仕事のプレッシャーに耐えられず不安な日々を送っているという人も少なくありません。

悪質な場合だと、断れない立場なのをいいことに、無茶な仕事を押し付けられることもあります。

 

社会人だからと、どんなプレッシャーや責任にも耐えなければいけないという考えは間違っているため、絶対に今の状況に耐えなければいけない訳では決してありません。

 

仕事が辛すぎるときの対策法

ここまで解説してきた通り、仕事をしていれば本当に辛いと感じる瞬間も多く訪れると思います。

では、このように仕事が辛すぎると感じるときはどのようにすればいいのでしょうか。

そのための対策法を解説していきます。

 

①趣味を見つける

仕事が辛すぎるという人は、仕事でいっぱいっぱいになってしまっていませんか?

仕事だけだと、休んでるときも常に仕事のことばかり考えてしまい、辛い思いがどんどん増していってしまいます。

 

そこで、趣味などを見つけて足の置き場を増やしてみることも大切です。

自分の居場所が一つ増えたり、休日の楽しみができるのは、想像以上に自分の心の安定と余裕に繋がります。

 

趣味と言っても、そんな大げさなものでなくても、
休日は美味しいものを食べにいく、社会人サークルに行ってみて仲間を見つける。

料理作りなんかもお手軽でおすすめの趣味です。

 

異動をお願いしてみる

今の部署や店舗の人間関係や業務内容が辛いというならば、素直に異動願いを出してみるのも一つの手です。

異動届けというと、今の職場を裏切るようで気まずく感じるかもしれませんが、異動願いは決しておかしいものではありません。

どちらかと言うと新たなスキルを身に着けたいポジティブな人と好印象を与えることも可能です。

 

転職を考える

異動でも解決しないならば、思い切って転職を検討してみるのも一つの手です。

今や、終身雇用という考え方も少なくなって来ており、転職などは一般的になってきています。

新たな新天地を目指して、新たな仕事に挑戦してみるのも一つの方法ですね。

 

副業をしてみる

転職とまではいかなくても、副業をしてみてはいかがでしょうか?

今や、スマホ一台でも気軽にお金を稼げる時代です。

動画制作やホームページ作成。
アフィリエイトやWEBライターなど、幅広い分野の副業が存在し、様々なノウハウも多く出回っています。

しっかりと勉強して取り組めば本業を超えるような収入だって夢ではないかもしれません。

そうすれば、お金の余裕ができたり、副業自体が趣味だという人も多く、心の余裕にもつながるはずです。

 

【仕事が辛すぎる】の記事のまとめ

いかがでしたでしょうか。

ストレス社会と呼ばれるほど、仕事が辛すぎるとストレスを抱え込んでいる人は増えて来ています。

我慢し続ければ、いつか体を壊すこともあるかもしれません。

そうなる前に、ぜひ対策を検討してみましょう。

 

-仕事・転職情報

© 2022 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5