お役立ち情報

履歴書に修正テープを使って受かった人はいる?

                     
  1. HOME >
  2. お役立ち情報 >

履歴書に修正テープを使って受かった人はいる?

履歴書に修正テープを使って受かった人はいる

10代男性

初めてのバイト面接に備えて履歴書を作りました。

かなり気合を入れて丁寧に作ったのですが、書き終えて見直したら、志望動機のところで一文字誤字があることに気づき、修正テープで直してしまいました。

先程面接が終わり、ふと気になって履歴書の書き方を調べたら、履歴書には修正テープは使用してはいけないとありました。

私がきちんと調べなかったのがいけないのですが、今さら後悔しています。

特に指摘もされなかったのですが、やはり面接には落ちてしまうのでしょうか。

履歴書には基本的には修正液や修正テープは使用してはいけないというのは暗黙の了解として昔から有名ですね。

ですが、なかにはそのルールを知らなかったり、直すのが面倒だからと修正テープを使ってしまったという人もいるのではないかと思います。

この記事では、履歴書に修正テープを使ってしまった際のリスクやなぜ、修正テープがいけないのかなどを解説していきます。

 

履歴書に修正テープを使って受かった人はいる?

履歴書に修正テープや修正液はNGとされています。

これは、後から修正が加えられていることにより文章の信用度が下がる点や、文字を間違えるのは不注意が多い証拠と面接官に判断されてマイナスの評価を受けるためです。

しかし、わざわざ些細なミスのために書き直すのも面倒だと修正テープを使用して提出してしまったという人は意外といると思います。

その人からしてみれば、修正テープを使用してしまったら採用されなくなるのかと気になるところではありますよね。

 

まず、修正テープを使用した履歴書を使用して受かった人がいるかいないかで言われれば、それでも受かった人は「います」

実際に私の周りでも修正テープを使用して採用されたという人の話はたまに聞きました。

そのため、修正テープを使用=即不採用ではありません

 

ですが、上述した通り履歴書に修正テープは基本的にNG行為とされています。

たった一箇所であっても修正テープが使われていれば、「履歴書の書き方も知らない人」、「きちんと下調べをせずに作業を始める人」というマイナスな印象を面接官に与える可能性も高いです。

 

私も高校生の頃、履歴書の作り方をよく調べずに作って、修正テープを使用した履歴書を提出したところ、真っ先に修正テープを使用した点を指摘されて注意されました。

そして面接こそ最後までやらせてもらったものの、バイトは不採用になりました。

不採用の理由が修正テープだったかまでは分かりませんが、指摘されるくらいなので間違いなくマイナス評価だったのでしょう。

 

このように、修正テープを使用すれば評価のマイナスは避けられません。

人気のバイトの場合は、一つの採用枠に何人も応募することも珍しくないなかで、修正テープを使ったことで自分だけ最初から悪印象の状態で始めなければならないなんてことにもなりかねません。

 

上述した修正テープを使っても受かった人というのは、応募先の企業が、「それでも働いて欲しいくらい人手不足」の場合か、「面接官が大雑把で修正テープの使用などをそこまで気にしない人」。

あるいは、よほどその人が採用側にとって好印象、好条件だったということかと思います。

 

そのため、もしその応募先に受かりたいと言う気持ちがあるならば、たった一箇所のミスであったとしても横着して修正テープを使用せずに、しっかりと下書きをして書き直すようにしましょう。

 

履歴書の誤字を気づかないふりをするのはアリ?

たとえば、文字を書いている内に「辛い」と「幸い」が頭の中で混ざってしまい、つい間違えて書いてしまうときってありますよね。

この例で言えば棒が1本あるかないかの違いです。

そのためだけに全部書き直すのはバカバカしいと言う気持ちになり、ひょっとしたら気づかれないかもと言う気持ちになり、気づかないふりをして提出してしまったという人もいると思います。

たしかに、履歴書を全部書き終えたあとに誤字を見つけると、気持ちが折れてそのまま気づかないふりをして出してしまいたくなる気持ちは分かります。

 

ですが、読んでる側は意外と誤字に敏感に気づくものです

なぜなら、読んでいる人は文章として読んでいるので、文章の流れの中に一文字でも間違えた文字があると意外と目立つものです。

 

もちろん、その誤字に気づかれない可能性もあります。

採用側も何枚も履歴書に目を通さないといけないため初見では見落とされることもあるでしょう。

ですが、気づかれたときは、「漢字も正しく書けないやつ」と評価されるのは免れません。

誤字があった際は、たかが一文字であっても書き直すことをおすすめします。

 

どうしても履歴書を修正したい場合は?

ここまで解説してきた通り、履歴書に修正テープはNGです。

どんな些細なミスであっても書き直しが基本です。

しかし、書き直す時間がないなど、本当にどうしようもない事情があり、修正せざるをえない場合は、「二重線と訂正印」を使用する方法で修正しましょう。

様々な文書などでも用いられる方法であるため、修正テープで修正するよりは悪印象はおさえられるはずです。

ただし、二重線と訂正印は用いると他の文章が見えづらくなったりするリスクもあるため、しっかりと定規で二重線は引くようにしましょう。

また、書き直すことが可能ならば、必ず書き直す方法を選ぶようにしましょう。

-お役立ち情報

© 2022 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5