お役立ち情報

社会人サークルに一人参加の人は多いってホント!?

                     
  1. HOME >
  2. お役立ち情報 >

社会人サークルに一人参加の人は多いってホント!?

 

「社会人サークルが気になるけど、一人で参加なんてちょっと恥ずかしい」

そんな悩みを持っている人は多いと思います。

 

私自身も社会人サークルにはたくさん参加してきましたがほとんどは一人参加で、初めて参加するときは本当に緊張しました。

ちなみになぜ一人参加だったかと言うと、ずばり初参加の社会人サークルに誰かを誘うなんて気が引けた。ですね。
(私の場合は誘える友人がいなかったというのもちょっとはありますが・・・笑)

 

この記事では、社会人サークルに一人参加をするとどうなっていくのかを、実際の体験談をもとに解説していきます。

社会人サークルは一人参加する人は多い?

社会人サークルに一人で参加する人は意外と多いです。

私が参加したサークルでは、必ずと言っていいほど毎回一人参加の人がいて、最初に自己紹介をしていました。

ちなみに、なぜ一人参加の人が多いのかと言うと、一人参加だった人とそんな話題になった際に聞いた理由としては、

「そんなに仲良くない人を誘うのもちょっとあれだった」
「仲の良い人とは学生時代みたいに、休日が必ずしも合うわけではないので、友人と日程の合う日で都合の良いサークルを探すのも面倒だった」

こんな理由が多かったですね。

 

ちなみに一人参加以外にはすでに参加していたメンバーから誘われて来た人や、友人との参加などの人もいました。

 

そんな理由もあって、一人参加というのは意外と多く、そのため、一人参加を笑われたり、周りから白い目で見られるようなことは、まずありません。

周りの人も同じ目的で来ているため、意外と気軽に話しかけてくれたり、
輪の中に入りやすくする工夫をしてくれるサークルも多いです。

どうしても、一人参加が不安と言う人は、
一人参加限定の社会人サークルなんかも最近では増えてきているため、そんなサークルを狙ってみてもいいかもしれませんね。

 

社会人サークルに一人参加する際の注意点

さて、社会人サークルは一人参加の人も多いことは、ここまで解説してきた通りですが、

もちろん、一人参加である以上、周りに100%信用できる味方がいない状態からのスタートとなるため、最低限の危機感は持って行かなければなりません。

なぜなら、全部のサークルが必ずしも安全とは限りませんし、サークル参加者の中には、本来の目的以外の、勧誘や下心などの危ない目的を持って参加している人もいるためです。

 

そこで、次に、サークルで一人参加をする際に注意するポイントを解説していきます。

 

安全なサークルか危ないサークルか見極めよう

上述した通り、サークルの中にも皆で集まって楽しく活動をすることを目的にした健全なサークルもあれば、
ルールもなく、ちょっと危ない人が平気で集まっているようなサークルもあります。

まずは、この辺りはしっかりと見極めてから参加するようにしましょう。

 

参加を決める段階から見極めるのも難しいですが、気になるサークルが運営しているHPや、SNSなどに上がっている写真を見ると、雰囲気が分かりやすいかと思います。

とくに、こまめに情報が発信されていたり、新聞や雑誌に掲載された実績が分かるサークルだと、比較的信頼性も高いのではないかと思います。

逆に調べても調べても何も情報が出てこなかったり、写真がどこか不自然なものが多いサークルなんかは危険かもしれません。

 

また、ただ集まって飲み会をするサークルよりも、
スポーツや趣味などの目的を持ったサークルの方が健全なことが多いため、最初は自分の趣味などを活かせるサークルで選んでみるのがいいかもしれませんね。

 

もちろん、ここまで紹介した方法でも最初に段階で100%安全かどうかを見極めるのは難しいです。

もしも、実際に参加してみて、なんだか危なかったりやばいと言う雰囲気を感じたら、
周りの意見に流されずに断って帰るという選択肢も大切です。

 

すぐに人を信用しない

一人参加すると、「早く仲の良い人を作らなきゃ!」と焦る気持ちになると思います。

もちろん、この気持ちは大切ですし、交流を目的にしているのですから、色々な人と関わってみることが大切です。

ただし、誰もが安全な人とは限りません。

 

社会人サークルには、ビジネスの勧誘目的や、下心を持って参加している人が紛れ込むことも多いです。

一人参加で心細そうな人を狙って声をかけて来る人もいます。

優しい言葉で近寄って来て、ある程度仲良くなってから勧誘開始なんて人もたくさんいます。

話しかけてきてくれたからと言って、全面的に信用するのではなく、話しながらも最低限の警戒心だけはしっかりと持っておきましょう。

 

-お役立ち情報

© 2022 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5