仕事・転職情報

仕事への気持ちが切れたは退職のタイミング?

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

仕事への気持ちが切れたは退職のタイミング?

仕事に追われる日々を送っていると、
ある日突然仕事に対する気持ちが切れてしまったことってありませんか?

仕事への気持ちが切れたと感じる原因は「ストレス」、「人間関係のわずらわしさ」、「仕事へのプレッシャー」など人によって様々だと思います。

 

ですが、気持ちが切れたと感じると、
このように気持ちが切れたと感じるってことは、ひょっとしてこの仕事はもう辞めるべきなのではないか?
なんて考えが頭をよぎるのはきっと多かれ少なかれあるのではないかと思います。

 

このように、気持ちが切れたときは仕事を辞めるときなのか。それともこのまま頑張り続けるべきなのか。

この記事では、そんな仕事への気持ちが切れてしまったときの対処法を解説していきます。

 

仕事への気持ちが切れたら退職するタイミング?

仕事をしていると、ある日仕事への気持ちが切れたと感じることってありますよね。

仕事への気持ちが切れる理由は人それぞれですが、
気持ちが切れると、「今が仕事の辞め時なのでは?」なんて不安を感じてしまう方も多いと思います。

 

まずはじめにお伝えしたいのが、気持ちが切れたと感じたからと言って必ず退職のタイミングとは限りません

 

なぜなら、長く仕事をしていれば、仕事への気持ちが切れたと感じるタイミングが一度や二度は訪れがことがあるという人は意外と多いためです

自分だけがこんな気持ちになっているのかと思うと、苦しくなって退職と言う最終手段を考えてしまうかもしれませんが、
決してあなただけに降りかかる問題という訳ではなく、誰しもが通る道と考えてみましょう

きっと、あなたの周りで長年その仕事を頑張っている人でも、
あなたと同じように一度は気持ちが切れたと感じた経験があるという人はいることでしょう。

それでもその人は、今は気持ちを切り替えてそこで働けていると考えると、気持ちが切れたからすぐに退職が必ずしも正解とは限りませんよね。

 

誰しも疲れが溜まってある日突然、気持ちがプツッと切れるときはあります。

ですが、少し休んでみたり、リフレッシュしてみると少しずつ気持ちの整理がついて仕事にまた以前のように取り組めたという人もたくさんいます。

仕事を辞めるということには様々なリスクも伴うため、気持ちが切れたと感じたからすぐに退職と言う結論には至らない方がいいでしょう。

 

では、気持ちが切れてしまったときはどうしたらいいのかと言うと、
まずは気持ちが切れた理由を考えてみましょう

気持ちが切れた理由がこれだと分かったならば、その原因を取り除くにはどうしたらいいかを考えてみることが、今の気持ちを解決する一番の近道になるかもしれません。

取り除くのが難しそうなものなら、思い切ってしばらく休みを取ってみるのも一つの手ですね。

もしも、自分で感覚的に原因が分からないという人は現状を紙に書きだしてみたりすると意外な自分の気持ちにも気づけるかもしれません。

 

ですが、気持ちが切れたと感じる原因として、今まで我慢して溜めていたものが溢れ出してしまったという人もいます

そのような、限界を超える形での気持ちの切れ方は、危険信号という可能性もあります。

そんなときは、退職や転職などの方法で環境を一度変えてみるのが良い場合もあるかもしれません。

 

仕事の気持ちが切れたと感じる人の中には「なんのために仕事を頑張っているんだろう?」なんて疑問を感じてしまったという人もいるのではないかと思います。

一度そんなふうに考えてしまうと、現状が変わらない限りモチベーションの維持って難しくなりますよね。

そんな悩みを持つ方にはRe:blog様の「【仕事を頑張る意味はないのか?】仕事を頑張れない3つの原因と解決する方法」がとても参考になります。

仕事を頑張る意味がないと感じてしまった人のためのマインドや、解決策をわかりやすく噛み砕いて解説してくれています。

仕事を頑張る意味が分からなくなってしまったという方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

実はこれも気持ちが切れたという隠れたサインかも?

仕事に対する気持ちが切れる瞬間は色々とあります。

「努力したのに成果が出なかったとき」、「自分のやりたいことがまったくできないとき」、「やりがいがない日々が続いたとき」などが続くと、気持ちが完全に切れてしまうときってありますよね。

上述したように、まずは気持ちが切れた原因を自分で探ってみることが重要です。

ですが、自分で気持ちが切れたタイミングや理由が分かるとき以外にも、
実は気づいていないだけ気持ちが切れてしまっていることもあります

そういう場合、自覚がないけれど身体が危険信号を発していることもあります。

そこで、気持ちが切れたときに出やすいサインとして多いものをご紹介していきますので、
もし以下のようなことが自身に起こっていたら、少し今後の身の振り方を考えてみてください。

 

①自分の中で何かが切れたと感じたとき

休日、あるいは仕事中に、ふっと自分のなかの何かが切れた瞬間って、ありませんか?

いったい何が切れたのか、何がきっかけだったのか。
それは本人にしか分からないけれど何か糸が切れたような感覚だったのではないかと思います。

 

私も今までに何回か同じような気持ちになったことがあります。

私はこの感覚を、自分の中でずっと見ないふりや気づかないふりをして耐えていた辛さなどが溢れかえった瞬間なのではないかと思っています。

そのため、原因が仕事ということもあれば、
ひょっとしたら友人関係や家族関係などプライベートなことにも原因がある可能性もあります。

そのため、もし自分の中で何かが切れたと感じるときがあったら、まずは一度立ち止まって、自分の現状や本心と向き合って原因を考えてみましょう。

 

このように気持ちの糸が突然切れる人に多いのが「職場ではおとなしい人」です。

おとなしく、愚痴も言わないような人なので、周りもどんどん仕事を任せていたが、本人の胸の内はストレスでいっぱいだった。
なんてケースは意外と多く、溜めていたものが噴き出るように気持ちが切れてしまうケースは意外と多いです。

もしも周りにそういう方がいるならば、一度ケアをしてあげることも大切ですし、
自分にそういう傾向を感じるならば、たまには思い切って自分の気持ちを相手にぶつけてみてはいかがでしょうか。

おとなしい人ほど突然辞める!?その意外な理由と心境とは?

おとなしい人ほど突然辞めるってホント?
おとなしい人ほど突然辞める!?その意外な理由と心境とは?

続きを見る

 

涙が突然出てきたとき

朝起きたタイミングや、休日が終わる前など、突然涙が出てきてしまったなんてことはありませんか?

仕事に行きたくない」「人生が辛いことばかり」など原因は様々です。

そのまま涙を拭いて、仕事に向かって行ってしまう人も多いですが、実は自分で意図してないタイミングで涙が出てきてしまうというのは、身体や心が限界だと言っているサインかもしれません。

誰か身近な人に相談に乗って貰ったり、可能ならばクリニックの受診などをしてみてもいいかもしれませんね。

 

 

休日も糸が切れたように無気力な日が続くとき

仕事には情熱的に取り組めているけれど、休日など時間に余裕があるときでも、なんのやる気も起きずにただボーッとして過ごしてしまったり、
自分の好きなことにもまったく手がつかなくなってしまっていませんか?

そういう場合、実は気持ちがすでに切れたまま頑張り続けてしまっていて、
体が限界を感じていたり、ストレスが危ない状態まで溜まってしまっている可能性もあります。

そうなると、身体が休むことに必死で、他のことに熱意を割く余裕がなくなってしまっている状態になってしまい、なんのやる気も起きない状になっているかもしれないため、一度しっかりとした休養を心がけましょう。

仕事への気持ちが切れたは退職のタイミング?まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後にもう一度、この記事のポイントをおさらいしていきましょう・

この記事のポイント

  • 仕事への気持ちが切れたとしても、すぐに退職と結論づけない方がいい
  • 気持ちが切れた理由を探ってみて、その原因を取り除いてみよう
  • もしも、限界と言う気持ちが溢れて気持ちが切れるようならば危険信号化の可能性も

 

気持ちが切れたと言っても、人によって原因もその後取るべき方法も様々です。

そのため、気持ちが切れたと感じたならば一度落ち着いて、まずはその原因を探ってみましょう。

自分の力では難しいと言う方は、メンタルクリニックなどを受診して、手助けをしてもらうというのも一つの手ですね。

-仕事・転職情報

© 2022 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5