仕事・転職情報

【仕事から逃げたい30代集まれ!】実は皆同じ思いかも?

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

【仕事から逃げたい30代集まれ!】実は皆同じ思いかも?

フレッシュと呼ばれた20代も終えて、社会人経験も少しずつ成熟して来た30代に入ったけれど、正直もう仕事から逃げたいと感じる瞬間ってありませんか?

若い20代でもなく、30代だからこそ抱える悩みはありますし、逃げたくなるほど辛いと感じることも増えてきますよね。

この記事ではそんな仕事から逃げたい30代の悩みと解決法について解説していきます。

 

30代が仕事から逃げたくなる理由

社会人としても板がついてきた30代という年代ですが、そんな30代だからこそ仕事から逃げたいと感じることってありますよね。

まずは、そんな30代に入って仕事から逃げたくなると感じる理由を解説していきます。

プレッシャーが多い

  • 結婚をして、子どももできたりと幸せを感じる一方で、「この仕事を失ったりしたら家族を養えなくなるかもしれない」という後がないような不安を時々感じることがあります。
  • 部下も増え、少しずつキャリアアップしていますが、ただ在籍年数が長いというだけで変なプレッシャーが上からかかることがあり、胃が痛い・

責任のある仕事を任されることや、他の人をまとめることも多くなってきた30代ですが、
正直自分には荷が重いと言う人もいるのではないでしょうか。

どうしても向き不向きがあるなかで、ある程度の経験と年齢を重ねるといつの間にか、プレッシャーのかかるような場面を任されることも増えていきます。

そんな環境に耐えきれず、逃げ出したいという人も多いですね。

 

難しい仕事を抱えることが多くなってきた

  • 20代から仕事を続けているけど、正直大した仕事をこなした訳でもないのに難しい仕事を任されることが増えだして、経験不足が我ながら否めない。
  • 前任者が誰も残っていなくて、引継ぎすら何もない業務を任されてうんざりしています。

20代の頃は様々な経験を積ませるために、簡単な仕事から始めたり、周りに頼れる先輩や上司もいたため、まだ気楽な気持ちで仕事に挑戦できたかもしれません。

しかし、30代になってくると、部下も増え始め、全体の管理をしながら仕事に当たるなど、単純な仕事の腕前だけでは解決できないような問題も増えてきたのではないかと思います。

そういう状況に限って、段階を踏まずにいきなり責任を負わされたりするため、さすがにそこまでの難しい仕事を背負うにはまだ厳しく、しかし、周りに頼れる人も減って来てしまったなんて人も多いのではないでしょうか。

 

上と下に挟まれて辛い

  • 年功序列に近い形で中間管理職のようなポジションに就きましたが、正直やりたくありませんでした。
  • 好き勝手する部下に悩んだり、プレッシャーをかけてくる上司にもう本当に逃げだしたいです。

20代の頃は、一緒に働く人も上ばかりだったため、気を遣う相手も一方方向でした。

しかし、30代になって部下や後輩も増えてきて、上にも下にも気を使わなければいけないような状況が増えていく中で、かかるプレッシャーも増えて来たことでしょう。

ときにはあちらを立てればこちらが立たずのような板挟みのような状況になってしまったという人もいると思います。

人間関係は正解がない分、そんな苦労も多くなってきますよね。

 

仕事に集中できない時間が増えた

  • 年齢のせいなのか分かりませんが、前なら何時間でもパソコンに向かってられたのに、集中が切れたと感じることが増えて来た気がします。
  • 部下のメンタルケアや、様々な不安を抱えることも増えてきたこともあり、ただひたむきに仕事をしていた頃が懐かしいです。

上述して来たとおり、30代になるにつれて人間関係や様々なしがらみも増えて来たという人も多いと思います。

そのため、なかなか仕事に集中できない時間が増えたと言う人もいることでしょう。

昔みたいにひたむきに仕事に集中していればいいだけでないという状況が、仕事へのモチベーションや熱意を削り取り、嫌になってきた経験は意外とあるのではないでしょうか?

 

30代でも仕事から逃げてもいい!

仕事から逃げると言うと響きが悪く聞こえますが、30代という年齢に変に責任感を感じて、すべての責任をあなたが背負う必要はありません。

30代と言えば、全体から見ればまだまだ若輩者。まだまだ学ばせてもらう立場にあります。

たしかに、20代の頃のような気持ちで仕事に当たる訳にはいかないかもしれませんが、それでも無茶な環境や、自分の身に合わないプレッシャーからは逃げてもいいんです。

逃げると言うと、退職や転職ばかりが思い浮かぶかもしれませんが、必ずしもそれだけではありません。

キャパを超えた分は仕事を周りに振ってみたり、上司に相談してみたり、真っ向からすべてを受け止める必要はまったくないんです。

仕事から逃げるのは決して恥ではありません。

逃げる勇気をもって仕事に挑んでみましょう。

 

仕事を逃げたことに後悔するのではないかと悩んでいる人は

なかには、仕事を逃げたいほど辛いけれど、仕事を逃げたことをいつか後悔するかもしれないと言う責任感の強い方もいることでしょう。

そんな方は、仕事を逃げた後悔とその後の人生を比較してみましょう

その仕事を逃げたことをその後一生後悔するほどの思いがあるならば、そのまま仕事を向き合う方がいいかもしれません。

 

ですが、その仕事を踏ん張り続けた結果、身体を壊す恐れが少しでもあったりするならば、
その後悔するかもしれないという思いを押しのけてでも仕事から逃げるという選択肢を取る価値は十分あると思います。

仕事を逃げた後悔は少しの間で晴れていくかもしれませんが、身体を壊すなどの後悔はおそらくその後一生引きずることになるでしょう。

その場の感情だけではなく、長い目で見るようにすることが大切です。

 

30代でも転職はできる?

また、仕事も長年続けて成熟して来た環境で、このままこの職場で働いていてもいいのだろうかなんて悩んでいる人もいると思います。

ですが、一方で年齢も30代に入って、転職活動をしてもうまく行くのだろうかと悩む人も多いと思います。

ですが、30代になっても転職に成功している人は多くいます。

 

ただし、やはり20代の有望な若手を優先されやすいのは事実ですし、未経験の業界への挑戦となるとかなり苦労することになるかもしれません。

そのため、他のライバルとは違う自分だけの強みなどが重要になってきます。

学歴や職歴を変えることはできませんが、資格や業界研究で他と差をつけることは幾らでも可能です。

仕事から逃げたい一心で今すぐ辞めたいと言う気持ちになるときもあるかもしれませんが、まずはしっかりと自己分析をして、転職の目安をつけてから辞めるというのも大切です。

-仕事・転職情報

© 2022 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5