動物・ペット関係

ペットショップの面接に落ちる原因【3分で分かる】

                     
  1. HOME >
  2. 動物・ペット関係 >

ペットショップの面接に落ちる原因【3分で分かる】

ペットショップの面接に落ちる原因とは?

動物と関わる仕事として「ペットショップの店員」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

そのため、動物が好きな学生や主婦の方から人気の高いペットショップですが、面接で落ちたという人も多いようです。

やっぱり専門的な仕事だから、未経験者では雇われないのかな。なんて思って諦めてしまっていませんか?

ですが、落ちた原因はそこではないかもしれません。

この記事では、ペットショップの面接で落ちる原因と対策をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてペットショップの面接の対策を立ててみてくださいね。

 

ペットショップの面接に落ちる原因

ペットショップの場合、専門的な知識が必要なのではないかと悩む方も多く、落ちる原因は「知識がないこと」なのではないかと感じる方もいます。

もちろん、知識があるにこしたことはありませんし、経験者を募集しているところもあります。

しかし、ペットショップで働くのに必ずしも知識や資格は必要ではありませんし、未経験でもバイトに採用されている人は大勢います。

 

かく言う私も学生時代未経験でペットショップのアルバイトをしたことがあります。

ですが、そのペットショップで働く前には別のペットショップのバイトに応募して落ちたこともありました。

当時はペットを飼っていましたし、漠然と動物に関わる仕事がしてみたいと言う気持ちで応募しましたが面接で落ちてしまいました。

残念ながら落ちた理由は教えて貰えていませんが、当時は漠然と「やっぱり動物に関する知識を学んでいないとダメなのかな」なんて思いましたが、別のところで未経験者募集の求人があったので、ダメ元で応募したところ未経験でも無事に採用されたという経験があります。

当時、そんな私は採用して貰ったペットショップで面接担当をしていた管理職の方から、ぺットショップのバイト採用基準について話を聞いたことがありました。

その際いくつか面接で注意しているポイントや裏話を聞くことができましたので、面接に重要なポイントや落ちる原因を私の経験を踏まえて解説していきます。

 

①経験者や資格者が優先されることもある

ペットショップと言っても必ずしも動物に関する業務経験や資格が必要な訳ではありません。

勘違いしている人も多いですが、ペットショップ等の動物と関わる施設で働くのに特別な資格は必要ありません。
(動物病院で治療行為をする場合は獣医師免許が必要など一部例外もありますが)

未経験者歓迎とする募集も多くありますし、実際に未経験で採用されたケースはたくさんあります。

しかし一方で、即戦力となれる経験者や資格者が来れば優遇するところも多いです。

その場合、よほどシフトの数や条件が良い場合でない限り経験者が優先されます。

募集人数枠が一人のところなのに、自分以上の経験者が来てしまうと、どうしても落とされる可能性が上がってしまいますね。

 

②面接時に元気がなかった

ペットショップは接客業です。

面接時には、この人は本当にお客さんの前に出して大丈夫かと言うのはかなり厳しくチェックしています。

そのため、面接の際は①面接での受け答えがしっかりとしているか、②元気にハキハキと話せているか、③笑顔があるかの3点は特に重要視しているところが多いようですね。

面接で落ちてしまった人は、この辺りを意識して面接の練習をしてから挑むとおすすめです。

 

③責任感が感じ取れない

ペットショップの仕事は動物たちの命を扱う場所です。

そのため、動物と関わった経験もさることながら、責任感が強く求められる仕事ですので、
上述した接客に必要な要素があるかに加えてその辺りを面接でよく見るという面接官も多いです。

 

ペットショップでバイトをしたいという人の多くは、動物が好きで関われる仕事をしたい。そんな思いからでしょう。

もちろん、それがきっかけであることはまったく問題ありません。

ですが、志望動機やこの仕事を選んだ理由を問われた際に「なんとなく楽しそうだから」程度の気持ちを面接で見せられると、
実際に命を扱う現場で働く人たちにとっては面白くないと感じさせてしまう可能性もあります。

この仕事にすべてをかける程に意識を高く持てとまでは言いませんが、真摯に仕事に取り組む姿勢と熱意は面接でしっかりとアピールできるようにしておきましょう。

 

④清潔感があるか

ペットショップの仕事は衛生面に非常に気を遣っています。

そのため、髪がボサボサだったり、服がしわや染みだらけだったり情けない服装で行くと、店側としてはやはり不安を感じます。

面接前には姿見鏡などで全身をチェックして、清潔感のある姿で向かいましょう。

 

ペットショップの面接で聞かれることは?

ペットショップの面接ではどのような質問が聞かれるのでしょうか。

面接で聞かれること

  • 志望動機
  • ペットは飼っているか
  • 動物は好きか
  • 希望のシフト
  • 年末年始は出勤について
  • なぜこの仕事を選んだのか
  • 長所と短所
  • この店を利用したことがあるか

 

ペットショップ特有の質問としてペットの飼育経験などを問われることもありますが、
基本的には他のバイトの面接と特別異なるような質問はありません。

 

ちなみに、ペットショップの面接に来る方は、動物好きをアピールする人が多いです。

動物好きをアピールするのは構いませんが、面接官側としては「動物が好きな人が来て当然」くらいに思っているので、どれだけ動物が好きなことをアピールしてもそこまで評価されません。

むしろ、動物好きを前面に押し出しすぎると、仕事の大変さとのギャップなどに耐えられるのか?と不安に感じてマイナス評価に繋がる可能性もあります。

どんな仕事をしたいのか。将来的にはどうなって行きたいのかなど、動物以外にも自分の存在価値や将来像などを織り込んで話すと印象が良く聞こえるはずです。

-動物・ペット関係

© 2022 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5