派遣

正社員型派遣はやめたほうがいいってホント?

                     
  1. HOME >
  2. 派遣 >

正社員型派遣はやめたほうがいいってホント?

正社員型派遣はやめたほうがいいってホント?

 

正社員型派遣という言葉を聞いたことがありますか?

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、様々な働き方が増えているなかで注目の働き方の一つです。

この記事ではそんな正社員型派遣の内容と実態について解説していきます。

 

正社員型派遣とは?

まず、正社員型派遣という言葉をあまり知らないという方のために正社員型派遣を解説していきます。

派遣には「登録型派遣」と「正社員型派遣」があります。

まず登録型派遣は派遣会社に登録をして、紹介された派遣先の企業で派遣スタッフとして働く方法です。
一般的な派遣でイメージするのはこの方法ではないかと思います。

派遣先の企業で派遣として働いている間だけ、派遣会社との間に雇用契約が生まれます。

最大の特徴は、自動的に雇用期間の定めが生まれるので、同じ派遣先では3年間しか働くことができません。

引き続き派遣として働きたい場合は、別の企業に改めて派遣してもらうことになります。

 

一方で正社員型派遣とは派遣会社に直接正社員として雇用して貰い、派遣先の企業で働く方法を言います。

※ちなみに正社員型派遣と近いものに無期雇用派遣があります。

派遣会社と正社員以外の形で期間を定めずに雇用契約を結ぶ方法を無期雇用派遣と言います。
上述した登録制派遣と違って、派遣先の企業で働いていない間も派遣会社との契約は継続することになります。

無期雇用派遣と正社員型派遣は、併せて常用型派遣と呼ばれています。

 

正社員型派遣の特徴は派遣会社に正社員として雇ってもらえるため、派遣が終了しても派遣会社からの給料が保証されるので、収入が不安定になることがありません。

また、登録型の場合は最大3年間しか同じ派遣先で働くことはできませんが、正社員型派遣の場合はその縛りがないため、期間の定めがなく、派遣が続く限り働くことができます。

登録型派遣 正社員型派遣
契約先 派遣会社 派遣会社
登録方法 登録のみ 面接で選考を受け、採用して貰う
雇用期間 雇用期間有り 雇用期間なし

 

正社員型派遣はやめたほうがいいと言われる理由

正社員型派遣はまだまだ知名度の低い働き方ではないかと思います。

そのためどんな働き方なのかよく分からないという方も多いと思いのではないでしょうか。

しかし、正社員型派遣について調べようとすると「正社員型派遣はやめたほうがいい」なんて意見もたまに見られます。

なぜ、このように正社員型派遣はやめたほうがいいと言われるのか。
それはやはり正社員型派遣のデメリットが大きい点が原因と考えられます。

 

正社員型派遣のデメリット

それではここからは、正社員型派遣として働くデメリットをご紹介していきます。

 

職場が変わる可能性がある

正社員型派遣は派遣先の企業での雇用期間の定めがないことが大きな特徴です。

派遣会社に登録して派遣先を紹介して貰う場合は最大3年間しか働くことができないため、どれだけ良い環境だったとしても3年を超えて同じところで働くことができません。

その点正社員型派遣はその期間の制限がないため、3年を超えて働くことができます。

しかし、それもずっとと言う訳ではありません。

派遣先の企業が経営上の都合などで派遣の打ち切りを言われれば、そこでの労働は終了になります。

5年近く働いて会社に馴染みきったところでまったく別の会社で働くことになる可能性もあるというわけです。

そういう意味では環境的にいつ派遣が終了するのか不安を抱えながら働くことになります。

 

立場は派遣

正社員型派遣と言っても、派遣先での立場はあくまで派遣です。

どれだけ頑張ってもその企業の正社員として責任のある仕事は任されにくいですし、評価されてキャリアアップしていく訳でもありません。

周りからも派遣の一人として扱われるため、そういった立場を気にする人にはおすすめできません。

 

働く場所を選べない

「自分はこういう仕事をしたい」と思っていても、まったく違う派遣先を紹介されることもあります。

登録型派遣の場合は、紹介されても断ればいいだけなので、自分で働きたい職場をある程度選べることになりますが、
正社員型派遣の場合は、正社員として雇われているので、基本的に派遣の指示があったらそれに従わなければいけません。

このように働く場所を選べないというのはデメリットですね。

 

給料が上がらない

派遣先の企業でどれだけ頑張っても、あくまで派遣であるため昇給やキャリアアップしていくことは基本できません。

給料の向上がモチベーションとして大きく関わるという人も多い中で、その目標がまったくないというのはやる気の支えが一つないようなものなので、その点でモチベーションが上がらないという人もいるようですね。

 

正社員型派遣のメリットは?

 

安定性が高い

正社員型派遣の場合、派遣の最大のデメリットである、生活の不安定さが解消されます。

登録型の派遣の場合は、最大でも3年間しか働けないため、3年が過ぎたら次の派遣先を探さなければならず、次の派遣先が見つかるまでは収入が途絶えてしまうので、生活面が不安定になります。

その点、正社員型派遣ならば派遣先から打ち切りにあったとしても、派遣会社から給料が保証されるので、給料面で不安定になることはありません。

様々な経験を積める

上述ではデメリットとして職場が変わる可能性がある点をあげました。

しかし、これをメリットと考える人も多いです。

同じところで働いていると、どうしても「新たな環境で自分を試したい」、「新しい刺激が欲しい」などの理由で転職を検討する人が出てきますが、正社員型派遣の場合は、様々なところに派遣として向かわされるため、自動的に様々な経験をすることができます。

そのため、仕事に対する飽きが来にくく、逆に長く働けるという人もいます。

 

ただし、こちらで働く期間を選べないというのはやはりデメリットとなるでしょう・

大手企業で働ける可能性が高い

正社員型派遣の場合、派遣される先は大手企業であることも多いです。

普通に入社するとしたらかなりハードルが高いところでも働くことができるため、
普段なら絶対に積めないような経験や、安定した環境で働くことができるなど、

また、派遣先の企業で成果を上げれば正社員として誘って貰える可能性もあります。

-派遣

© 2022 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5