仕事・転職情報

【面接結果待ちで死にそう・・・】そんな人の悩みを解決します

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

【面接結果待ちで死にそう・・・】そんな人の悩みを解決します

面接結果待ちが不安で死にそうと悩みを抱える方へ

20代男性のお悩み

先日、転職のために面接に行ってきました。

最初はまあまあよくできたと思っていたのですが、時間が経つと段々「あれはよくなかった」なんて反省点がどんどん浮かんで来て不安になってきました。

面接から2日経ちましたがまだ連絡がありません。

ネットで調べると、連絡が遅ければ遅いだけ採用の可能性が低いなんて記事も見かけて、何度も連絡が来てないかとスマホを見てはガッカリを繰り返してます。

正直もう不安で死にそうなくらいツライです。

転職活動などをしている人はみんなこんな気持を味わっているのでしょうか?それとも私が気にしすぎなのでしょうか。

 

面接を終えて、連絡が来るまでの時間って正直不安だと思う人が多いのではないかと思います。

私はこの待ち時間が、「ダメだったらどうしよう」という気持ちで押しつぶされそうになるうえに、
もはや自分ではどうにもできないので、人生で最も嫌いな時間かもしれません。

そんな面接結果待ちで死にそうと感じている人のための対策法などを解説していきます。

 

面接結果待ちが不安で死にそうという人は多い?

面接結果の連絡が来るまでの時間がたまらなく不安で死にそうという人は多いのではないでしょうか。

いつ来るか分からない電話に、1日中画面をチラチラ見てはガッカリしたり、
ダメだったときのことや、面接時の反省点で頭がいっぱいになって、何も手につかないなんて人も多いのではないかと思います。

私の体験談

私も就活中や転職活動中は、面接が終わると、1日中スマホを見てはしまってを繰り返して、
関係ない通知にイラッと来るような日々を過ごしていました。

特に本命となる企業となればなるほど、その傾向は強かったですね。

やらなければいけないこともあるのに全然手につかなかったり、「面接 結果 何日以内」のようなワードで検索しては安心材料ばかり探すような毎日でした。

1週間以内くらいには結果が分かることが多いですが、こちらからはどうすることもできないだけに、
その1週間はまさに死にそうなくらい辛いと思います。

 

このように、面接結果待ちの時間は、よほど図太かったり、本命ではない企業だったという方以外は本当に不安でたまらなくなると思います。

そこで次に、面接結果待ちがつらいという人のための対策を解説していきます。

 

面接結果待ちがつらいという人のための対策

このように、面接結果待ちがつらくてたまらないという人のために、私が実践していた対策法をお伝えしていきますので、
皆様のつらい気持ちが少しでもリラックスできたら幸いです。

 

①落ちたときの次の候補を探しておく

面接結果待ちで辛くてたまらなくなるという人は、その面接先が希望の候補だったということでしょう。

「そこに落ちたらどうしよう」なんて気持ちがつらいという気持ちをより一層強くさせるのではないかと思います。

そんな方は、落ちたときのための次の面接先の候補を探してみましょう。

結果が分からない内からダメだったときのことを考えたくないという人もいると思いますが、
やはり、ダメだったらここに受けに行けばいいだけと言う候補があると、多少は気持ちが楽になります。

もし面接に通ったならば、その候補は使わずに済みますし、自分の心の保険程度の気持ちで色々と転職サイトなどを覗いてみてはいかがでしょうか。

 

②思い切って好きなことをする

面接結果が気になりすぎて、何かやろうとしても全然手がつかないなんてことはありませんか?

中途半端に勉強などをしようとしても、どうせ頭に入らないならば思い切って好きなことをして切り替えてみることも大切です。

ゲームやドラマなど、時間を忘れて楽しめるようなものがおすすめですが、自分の好きなことならばなんでも構いません。

③身体を動かしてみる

就職・転職活動に必死で最近は身体を動かしていますか?

身体を動かさない、運動不足の状態になると考え方もネガティブになってしまい、落ちた後のことばかり考えてしまったりします。

そのため思い切って身体を動かしてみてはいかがでしょうか。

軽く外をランニングするだけでも気持ちがスッキリするかもしれませんよ。

 

④思い切って寝る

身体を動かすことにも好きなことも手がつかないならば、思い切って寝てしまってもいいかもしれません。

まさに「果報は寝て待つ」ですね。

寝ている間に連絡があったら不安という方もいると思いますが、基本的にはきちんと折り返せば問題ありません。

企業は正式な選考のもとに電話しているため、電話に出なかったから不採用になったなんてことはありません。

ただし、起きたら連絡が来ていたことに焦って、寝ぼけた声で電話はしないようにしましょう。

一度落ち着いてしっかりと目を覚ましてから折り返しの電話をするようにするのが大切です。

 

最終面接の結果は土日に連絡が来ることはある?

基本的に、企業が休みかどうかによります。

土日が休みならば、そのタイミングで結果の連絡が来ることはほぼありません。

そのため、もしも面接先の企業が土日が休みだったならば、早くても明けの月曜日になる可能性が高いです。

土日は一度面接結果のことは忘れるのが良いでしょう。

 

面接の結果待ちが不安で眠れないという人は?

まず初めにお伝えしたいのが、基本的に夜の時間帯は結果の連絡は来ない場合が多いです。

結果が気になって眠れないという人の中には、ひょっとしたら夜に結果連絡が来るのではと思ってしまい携帯電話が気になって眠れないという人もいます。

しかし、基本的にはあまりに遅い時間に採用の連絡は来ません。

精々20時頃までというところが多いでしょう。
もちろん、それより遅くに来ることもありますが、低い可能性に賭けて眠れくなるくらいならば、20時過ぎたら「もう今日は連絡はこないんだ」と割り切ってしまった方がいいでしょう。

-仕事・転職情報

© 2022 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5