派遣

派遣だけで生きていく難易度は?

                     
※当ブログはアフィリエイト広告を利用しております
  1. HOME >
  2. 派遣 >

派遣だけで生きていく難易度は?

派遣という働き方で生活をする人が最近増えていますね。

これは、以前のように正社員という働き方だけでなく、様々な働き方が認められるようになり、「働き方の多様化」が世間的に認められるようになってきたからかもしれません。

派遣の扱いに対しても様々な法改正が入り、今後地位の向上も期待できるかもしれません。

 

ですが、それでもまだ派遣だけで生きていくとなると、現状では非常に大変な道のりだという事実は変わりません。

この記事では、派遣で生きていくことが大変な理由や派遣だけで生きていくことができるのかという点について解説していきます。

 

なぜ派遣で生きていくのが大変なのか

派遣は一見条件の良い求人が多くあります。
アルバイトよりも給料は高く、それどころか場所によっては正社員以上の給料を受け取りながら働くことも可能です。

そのため、意外と派遣で生きていくこともできるのではないかと思う方もいるのではないかと思います。

ですが、やはり派遣で生きていくというのは非常に大変なことですし、苦労も多い人生になるでしょう。

なぜ、派遣で生きていくのが大変なのか、その理由について一つずつ解説していきます。

 

安定しない労働環境

一般的な派遣は有期雇用契約を結んで派遣先の企業に配属されることになります。

そのため、最初に設定した契約期間が過ぎればそこでの派遣は終了となります。

もちろん、派遣先の企業での活躍が認められれば契約を更新して貰い、さらに働くことも可能ですが、それでも同じ派遣先で働ける年数は最大3年と決まっています。

なので、どれだけ派遣先で成果を上げたとしても3年が経過した段階で別の派遣先を探さなければならないことになるのです。

若い内は仮に3年で契約が終わったとしても、次の派遣先もすぐに見つかったりしますが、歳を重ねていくと満足のいく条件の派遣先どころか派遣先を見つけるだけでも一苦労となります。

正社員ならば、会社がつぶれるなどのよほどの事情がない限り、そこで働き続けることができるため、こういった不安定な環境には陥りにくいため、よく比較されるポイントですね。

 

派遣先を探すまでの間の収入

派遣は定期的に契約期間の満了があり、次の派遣先を見つけるタイミングが来ます。

すぐに次の派遣先が見つかればいいのですが、なかなか見つからない場合は当然その間は無収入ということになり、
アルバイトでもしない限りは貯金を切り崩す生活になります。

上述した通り、歳を重ねるごとに派遣先を見つけるのも大変になってくるので、派遣先が見つからずに貯金を切り崩す生活は、やはりメンタル的にもかなり厳しい環境になります。

 

正社員と比べた際の年収の低さ

派遣社員の年収は平均で328万円と言われています。

正社員の給料が513万円であることからも、正社員と比べた際の収入の低さは一目瞭然です。

この収入の差の原因は、やはりボーナスや昇給の有無でしょう。

派遣は一見、高い給料で働ける条件も多いですが、ボーナスなども含めて考えるとやっぱり正社員よりも給料は低くなりがちです。

派遣先によって給料も差が出るため、派遣だけで安定した生活を送るのはなかなか難しいと言えるかもしれません。

 

参考:平均年収.jp (heikinnenshu.jp)

 

派遣で生きていくことは可能?

ここまで解説した通り、正社員と比べて派遣は収入や労働環境の面で安定しないところも多い働き方です。

それでも派遣で生きていくということは可能なのでしょうかを検討してみましょう。

 

派遣の平均収入である328万円を得ているのであれば、とりあえず最低限の暮らしならば問題なくできるはずです。

さらに、おそらく30代くらいまでならば、派遣先での契約が終了したとしても、
場所を選ばなければ次の派遣先は見つけることができるはずです。

そのため、順調にいけばこの年齢までならば派遣だけの働き方でも生きていくことは可能でしょう。

 

しかし、問題なのは40代を超えてからです。
この年齢あたりからは特別なスキルや資格がない限り、派遣先を探すだけでも次第に苦労するようになります。

その場合、アルバイトでもしない限りは次の派遣先を見つけるまでは貯金を切り崩して生活費に充てるしかありません。
しかし、よほど条件の良い場所で働いていない限り、派遣で得た収入だけではそこまでの貯金はなかなか難しいという人が多いです。

そのため、一生派遣だけで生きていくとなると、やはりある程度年齢を重ねてからはかなり苦労することになるのではないかと思います。

 

そのため、もしも派遣で生きていきたいのであれば、派遣以外にも収入の柱を持つことをおすすめします。

派遣は正社員よりは副業が認められるケースも多く、派遣として生活しながら、稼ぐ手段を一つ見つけておけば、
派遣の契約が終了した後も、収入が途切れることだけは回避できるはずです。

また、本当に派遣のみで生きていきたいならば、専門的な資格や技術を身に付け、年齢を重ねても需要のあるスキルを身に付けることも一つの手ですね。

 

-派遣

© 2023 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5