仕事・転職情報

仕事のミスを気づかないふりするのはアリ?ナシ?

                     
※当ブログはアフィリエイト広告を利用しております
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

仕事のミスを気づかないふりするのはアリ?ナシ?

仕事をしていて、ふとしたタイミングでミスに気づいてしまったけれど、
すでに手遅れだったり、自分では手直しができない状況だったことってありませんか。

この場合、社会人としての正解をあげるならば、素直に関係者に謝罪をしてすぐに上司の指示を仰いだり、ミスの修正にあたることなのでしょう。

 

ですが、バレない可能性が高い軽微なミスや、黙っておけば自分の責任にはならないようなミスだったので気づかないふりをしてしまったことや、
黙っておくのはまずいけれど怖くて言い出せなかった経験って誰にでもあるのではないでしょうか。

この記事では、仕事のミスに気づかないふりをするべきか悩んでいる人のための対処法をご紹介していきます。

 

仕事の悩みを抱えてるなら【リクナビNEXT】がおすすめ!

「本当に今の職場で良いのか」
「今すぐって訳ではないけど転職に少し興味がある」

そんな仕事のお悩みを抱えているなら、
リクナビNEXTに登録してみてはいかがでしょうか。

 

登録をしておくだけで無料で求人が見放題になるうえに、放置しておくだけで自分の条件に合った会社からスカウトを受けることもできます。

いつでも転職できる」そんな準備をしておくだけで心が楽になることもあります。

気になる方はぜひお試しください。

リクナビNEXTのおすすめポイント

  • 求人数が業界最大級
  • リクナビNEXTのみの限定求人が多数掲載

 

リクナビNEXT公式ホームページを見る

 

 

仕事のミスに気付かないふりをすると?

仕事のミスに気づいてしまったときはまさに背筋がゾッとしますよね。

いっそのこと気づかなければよかったなんて経験は誰にでもあるのではないかと思います。

 

しかし、気づいてしまった以上、対応するべきか、それとも気づかないふりをするのか悩むという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

このときもし仕事のミスに気づかないふりをする選択肢を取った場合、どのような未来が待っているのでしょうか

考えられるいくつかのパターンをご紹介していきます。

 

①そのままバレずに流れていってしまう

ミスを気づかないふりをしたけれど、周りの誰もそのミスに気づかず、そのまま無事に仕事を納められたパターンです。

もしミスに気づかないふりをした場合で、一番良いパターンですよね。

ミスの報告をすれば、周りの余計な混乱を招く可能性もありましたし、ミスによる影響がなかったとしても信用問題にも繋がりかねません。

結果論にはなってしまいますが、もしこのようにミスが誰の迷惑にもならずに流れてしまうならば、結果的にミスを見てみぬふりをしたことは正解だったのかもしれませんね。

 

②後でミスが発覚し大事になってしまう

ミスに気づかないふりをしていたら、そのミスが思いの外致命的なミスで、
ミスが発覚しないまま、しばらく進んでしまったので、今更ミスを修正できず、周りの人も巻き込んで大事になってしまったパターンです。

隠したミスがここまで大事になるとは思わなかったという人も多く、あのとき素直にミスを報告していれば、自分が怒られた程度で済んだのにと後悔する人も少なくありません。

どういった理由でミスを気づかないふりをしたのかは、その人にしかわかりませんが、ミスを気づかないふりをした際の最悪のパターンと言えるでしょう。

 

仕事のミスは黙ってるべき?報告するべき?

さて、仕事のミスに気付いてしまった時にどうするのがベストなのか。

まず、大前提としてミスをしてしまったことに気づいたとき、一番良いのは関係者にきちんと報告・謝罪をしたうえでミスを修正することなのだと思います。

 

ですが、素直に話したときのことを考えると、色々な恐怖で言い出せないという人も多いでしょうし、
状況と場合によってはそのまま黙っておいた方が結果的には良かったミスもあるはずです。

ミスを報告するべきか、黙っているべきか、いざその場面に直面すると本当に色々な葛藤が生まれますよね。

 

どちらがベストなのか、断言することはもちろんできません。

ですが、ここで一つ考慮して欲しいのが、ミスを黙っていた場合に後々最も苦しくなるのが「罪悪感」だということです。

 

ミスを気づかないふりをして黙っていると、その後どんな仕事をしていてもミスを黙っていた罪悪感が重くのしかかったり、
いつミスがバレるのかで頭がいっぱいになってしまい仕事どころではなくなってしまったなんて人もいます。

もちろん、そのミスへの罪悪感は時間が解決してくれる場合もあるでしょう。

 

ミスを黙っていた方が結果的に良かったケースもあるので、すべてのミスを徹底して周りに報告するのが正しいとは思いません。

もし、仕事のミスを気づかないふりをするか悩んでいるのでしたら、そのミスを気づかないふりをした結果どうなるのかの想定に加えて、罪悪感に自分が耐えられるのかというところまでしっかりと天秤にかけて決断しましょう。

 

 

-仕事・転職情報

© 2023 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5