介護・福祉

介護職のバックレは多いってホント?

                     
  1. HOME >
  2. 介護・福祉 >

介護職のバックレは多いってホント?

介護職を経験したことがある方は、今までにバックレをしてしまった職員を見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

バックレはどこの業界にもありうる話ですが、介護業界にいるとやけにバックレる人が多いと感じることもあると思います。

なぜ介護業界にはバックレが多いのか。この記事ではその理由を解説していきます。

 

介護職にバックレが多い理由

そもそも、なぜ介護職に就いている人にはバックレが多いのでしょうか。

バックレに至るまでの考えや想いというのは人それぞれかもしれませんが、やはり介護業界ならではの事情が大きく関わっているのではないでしょうか。

では、その事情とはどのようなものなのかを一つずつ解説していきたいと思います。

 

転職先はいくらでもある

介護職の最大のメリットは、経験や資格があれば比較的転職が容易だと言う点です。

人手不足や施設の増加に伴い、経験者や資格者はより重宝されやすいため働く場所がないと言うことにはなりにくいと言われています。

そのため、ある意味バックレてもどこかしらではまた介護の仕事に就けてしまえるのです。

 

ただし、意外と介護施設は横のつながりも強いため、バックレた後に近隣の施設で働いたりすると意外とその情報が伝わってしまったりします。

介護職が見つけやすいと言っても、バックレてしまうと次の仕事探しにもリスクはついてくることは理解しておきましょう。

 

 

辞めたいと言い出せない環境

介護職は人との繋がりが非常に強い仕事です。

そのため辞めたいと思っても、利用者の方のことや、同僚や上司のことなどを考えてしまうと、どうしても辞めたくても辞めたいと言えないなんて人も少なくありません。

辞めたいけど辞めたいと言い出せない環境に我慢が限界を迎えてしまってバックレという道を選んでしまう人も少なくないようですね。

また、勇気を持って辞めたい旨を伝えても会社側からの引き止めにあって結局辞められずにストレスを貯め続けた結果、
ある日突然バックレてしまうなんて人も少なくありません。

会社側も人手不足の現状で辞めてほしくないという気持ちは分かりますが、引き止められると断れないという人には大きな悩みですよね。

このように会社側からの引き止めに悩み人も意外と多いようです。

 

 

将来的な不安が多い

介護業界で働く上で問題となるのが将来の不安です。

よく介護職員の給料の低さなどが問題になりますが、それ以外にも年齢を重ねるたびに段々と動かなくなる体でいつまで介護の仕事を続けることができるのかなど働く上で様々な不安がのしかかります。

そのため常に不安な環境にストレスを抱えたり焦りを感じ始めるなんて人も少なくありません。

そんな環境に我慢ができずに突発的にバックレてしまうという人もいますね。

 

介護職でバックレるとどうなる?

まず、介護の仕事をしていて何も言わずにバックレてしまうとその後どうなるのかというのは気になるところだと思います。

「ひょっとしたら訴えられてしまうのではないか」なんて不安を感じる人もいるでしょう。

ですが、実はバックレたからと言って何か起きるのかと言われると、基本的にはそのまま何も起こらないという場合が多いです

もちろん、電話や家に連絡が来たりはすると思いますが、それでも連絡が取れなかったり出勤の意思がないのならば、
基本的にはそこで関係はそのまま終了ということが多いです。

会社側もバックレられたことは痛手ですが、バックレた人に対してそこまでする余裕もないし、そんなことをするなら新しい人員を探すと言うところがほとんどというのが大きな理由と言えます。

もちろん、損害賠償を請求されるケースが0と言う訳ではありません。

実際にバックレたことによって色々とこじれてしまったケースは少なからずあります。

 

ですが、「ほとんど何も起こらないならそバックレても別に大丈夫なんだ」なんて思う人もいるかもしれませんが、
バックレのリスクは訴えらる可能性だけではありません。

考えられるリスクの一つとして、会社側の人たちからの信用を失う点があげられます。

どうせ関係なくなるんだから信用がなくなっても問題ないと感じるかもしれませんが、
たとえばその後に欲しい書類があったとしてもこちらから連絡はなかなかしにくいですし、その後の手続き面でも様々な苦労が考えられます。

また、同じ介護業界で働き続けるならば、そのバックレをした際にいた周りの職員と将来どこかの職場で鉢合わせるかもしれません。

バックレることによるリスクはそれ以外にも思いもよらぬところで発生する恐れがあります。

できるならばくれぐれもバックレは控えたほうがいいでしょう。

 

介護職を即日退職したいなら退職代行を使うのも一つの手

最近話題になることも多い退職代行

退職代行を使うことに抵抗を感じる人も多いでしょう。

ですが、バックレるくらいならば断然退職代行を使うことをおすすめします。

バックレよりかはあなた自身の気持ちも楽になりますし、バックレによるトラブルの防止にも繋がります。

企業側も何も言わずいなくなると安否の不安にもつながりますが、そんな不安もなくなります。

 

各種手続きなどの代行も行ってくれるため、もしバックレてしまおうと考えるくらいならば、一度退職代行の利用を検討してみるのも一つの手ですね。

-介護・福祉

© 2022 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5