仕事・転職情報

アパレルを辞めてよかったと感じる瞬間④選

6月 12, 2022

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

アパレルを辞めてよかったと感じる瞬間④選

6月 12, 2022

アパレルの仕事をしていると誰しも転職を一度は考えたことがあると思います。

ですが、本当にアパレルの仕事を辞めてもいいのか、辞めた人はどうなるのだろうか。など色々な不安がありますよね。

そこでこの記事では、アパレルからの転職を考えている人に向けて、アパレルの仕事を実際に辞めた人が辞めてよかったと感じる理由をご紹介していきます。

 

アパレルを辞めてよかったと思った理由

さて、それではアパレルを辞めてよかったと思う理由をご紹介していきたいと思います。

実際にアパレルの仕事を経験した人たちが、アパレルの仕事を辞めた後に「辞めてよかった」と感じる瞬間としては以下のような理由が多いことがわかりました。

  • 大変な接客から開放された
  • 生活面での不安がなくなった
  • プライベートな時間が作りやすくなった
  • 体力的に楽になった

一つずつ確認していきます。

 

大変な接客から開放された

アパレルの仕事の大変なところと聞かれて、「接客が大変」と答える人は多いと思います。

飲食店のように来店されたお客様が必ず商品を購入するとも限らないため、
トーク力や接客力を身に付けなければならないため、個々の能力に依存する部分も多い仕事ですね。

またノルマなどが設定されていることもなかなか売れないとプレッシャーもかかるため、接客業のなかでも大変な部類に入る業界と言えます。

 

さらに、ときには自分に責任はないのにも関わらず理不尽なクレームを受けた経験は一度や二度はあると思います。

どうしてもクレームを受けるとメンタル的にも削られますし、やってられないなんて気持ちになりますよね。

 

このようにアパレルの接客は大変なことも多く、解放されたときは辞めてよかったなんて考える人が多いようです。

 

生活面での不安がなくなった

こちらもアパレル関係の仕事をしている人に多い悩みである「将来の悩み」。

特に給料面で悩んでいる人はやはり非常に多いようです。

企業の規模にもよりますが、平均的な給料で20万前後と言われることも多く、毎月生活するだけで精一杯なんて人も少なくありません。

安定した老後を送るには2000万円の貯蓄が必要なんて言われる現代で、ろくに貯金もできないような生活では将来への不安は増していくばかりですよね。

 

また、アパレル業界はどうしても若い年齢層の人が多くなる傾向があるため、年齢を重ねると段々と働きづらさを感じる人も多いようです。

このまま年を取ってもここで働き続けられるのだろうかなんて漠然とした不安を感じる人もいるようですね。

 

このようにアパレルの仕事をしている人は将来の不安をどこかで感じながら働く人も多いため、アパレルの業界から離れて安定した生活になったと感じる人もいます。

 

プライベートな時間を作りやすくなった

アパレルのような接客業の場合、どうしても土日出勤や早番・遅番など出勤時間がバラバラであることが多いです。

そうなると生活リズムを整えるのが難しく休日があっても一日寝て過ごしてしまう。
友人や家族との時間を作りにくいなど様々な問題を抱える人がいるようです。

そのため、アパレル業界で働く人は、次の転職先の希望条件として土日休みや残業なしを条件に入れる人が多いようです。

 

体力的に楽になった

アパレルの仕事はとにかく体力勝負です。

一日中動き回り、重い商品を山のように運んだりと非常に根気と体力が必要です。

年齢を重ねていくと体を痛めたり、体力的に辛いと感じることが増えてきたという人も多いため、
体力的な問題で退職する人も少なくありません。

そんな理由もあってアパレルから事務職に転職する人は多かったりしますね。

 

アパレルは辞める人が多いってホント?

アパレル業界は辞める人が多いと言われることも多い業界です。

その理由としては、ここまで解説してきたようなアパレルの仕事の過酷さや、将来的な不安。

また、どうしても若い人が集まりやすい仕事ですので、長く続けているときのやりにくさなどから退職者が多く、入れ替わりの激しい業界と言われることがあります。

 

ただこれはアパレルに限った話ではなく、他の産業と比べても接客業は全体的に離職率が高いと言われています。

産業別離職率

厚生労働省:令和3年雇用動向調査結果の概要より

 

このように生活関連のサービス業は他の産業と比べてもダントツで離職率が高いことが分かりますね。

 

この離職率の高さはアパレル業界の問題というよりも、接客業全体の労働環境の問題という一面も強いのかもしれませんね。

 

アパレルを辞めて後悔する人もいる?

ここまでアパレルの仕事の大変なところをご紹介してきたため、きつい仕事と言う側面ばかりが目立ってしまいましたが、
実はアパレルのバイトは、一度辞めてから後悔してまた戻って来る出戻りが多いのも事実です。

アパレルの仕事をしていたときは、辞めることばかり考えてたけれど、辞めて別の仕事をしてみると意外と天職だったと言うことに気づいた人が多いと言うことかもしれませんね。

このように辞めて後悔する人もいれば、辞めてよかったとなるかは人それぞれです。

 

大変な仕事かもしれませんが、魅力もたくさんのアパレルの仕事。

辞めたいと思っている方は突発的に辞めてしまうのではなく、ぜひ一度本当に辞めるべきかを一度冷静になって考えてみてください。

 

アパレルの仕事を辞めた後のおすすめの仕事は?

アパレルの仕事を辞めたあとはどんな仕事に就くことが多いのでしょうか。

ここからはそんなアパレルの仕事を辞めたあとの転職先としておすすめの仕事をご紹介していきたいと思います。

 

事務職

アパレルを辞めて目指す人が多いのが事務職です。

やはり座って働けて、定時であがれる仕事という点に魅力を感じるのかもしれませんね。

 

ただし、実際に事務職をやってみたところ自分には合わなかったと感じる人も非常に多いです。

ジッとしているのが苦手だったり、毎日同じことの繰り返しが苦手という人は、本当に自分に合っているのかまで一度考えてみるといいかもしれませんね。

 

IT関係

また、IT関係の仕事に就くことを希望する人も多いですね。

最近伸びている業界ということに加えて、経験を積めばそれがしっかりとスキルとして自分に残るという点にアパレルの仕事との違いを見出す人も多いです。

最近では未経験でみ募集をしている求人も多いので気になる方はぜひ一度調べてみてもいいかもしれませんね。

 

他のサービス業

アパレルの仕事を辞めてなんだかんだ最も多い転職先は他のサービス業です。

今までの経験を最も活かせる分野ですし、今までの環境では厳しいけれどこれからも接客業を続けていきたいと言う方は別の店舗で再就職する人も多いですね。

実際、他の職種に移ったけれどやっぱり自分には接客業が向いているんだと戻って来る人も多いため、この選択肢が最も多いと言うのもうなずけますね。

-仕事・転職情報

© 2023 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5