資格

司法書士を取れば食いっぱぐれない?

6月 18, 2022

                     
  1. HOME >
  2. 資格 >

司法書士を取れば食いっぱぐれない?

6月 18, 2022

最難関資格と言われることもある司法書士の資格ですが、取得すればもう食いっぱぐれることはないなんて思ってはいませんか?

ですが現実はそう簡単ではないかもしれません。

この記事では司法書士を取ればどのように人生が変わるのかなどを解説していきたいと思います。

 

司法書士を取れば食いっぱぐれない?

さて、司法書士の資格を取ることさえできれば、食いっぱぐれないという噂はどこまで本当なのでしょうか。

まず司法書士の資格を取得した後は大きく分けて「自分で開業する方法」と「企業に勤める方法」で分かれます。

 

まず、自分で開業する方法とは、その言葉の通り自分で司法書士事務所を開く方法です。

司法書士は試験合格後、研修を受講すれば誰でも独立して開業することができます。

飲食店のように調理機器や多くの人材を雇う必要もなく、極端な話、事務所とパソコンさえあれば仕事はできるので、
開業資金は比較的安く抑えられます。

ですが、当然開業するだけではお客さんはまったくと言っていいほど来ません。
そのため、お客さんを集めるための営業活動が必要になり、お客さんを集められなければその間は収入は0です。

また、実務経験がないと、試験を合格できるだけに知識があったとしても実際にお客さんを相手にした際に色々と困ることも多いです。

一方で、しっかりと安定して集客が見込める立場になり、豊富な経験があれば十分な高収入を望むことも可能です。

そういった意味で、個々の資質や営業努力により食べていけるかが大きく左右されるのが個人開業の道です。

 

次は司法書士事務所などに勤めるパターンです。

私の見る限りですが、司法書士の合格後は一度司法書士事務所などで下積みをしてから独立をするという方が一番多いように感じます。

給料をもらいながら実務経験を積むことができるため、司法書士を取ったばかりの人にはメリットの多い選択肢と言えます。

ではこのように司法書士として勤める道を選べば安心かと言われれば決してそんなことはありません。

 

まず一番の壁が就職までの道のりです。

司法書士の資格さえあれば引く手あまたなんてことはなく、多くの事務所に応募をして面接をして落とされてを繰り返してようやく採用して貰える点は、一般的な就活とそこまで大差はありません。

私は20代で司法書士事務所に勤めた経験がありますが、
一つの採用枠に3人も4人も応募してくることはざらにあるので、競争も激しいです。
(都市部の事務所だったので、競争の激しい場所だったということもありましたが)

採用後に所長に採用理由を聞いてみたところ、やはり決めては若さだったと言われました。

このように、いざ司法書士を取得しても、ある程度年齢を重ねていると、なかなか採用すら決まらないなんて人も多くいます。

さらに、個人で運営している司法書士事務所などの場合は不況が続けば簡単に潰れてしまったり、
所長の個人的な事情で急遽事務所を閉めることになるなんてこともあったり、個人事業ならではの不安定さもあります。

 

このように、開業でも勤務でも司法書士は一生食いっぱぐれない夢のような資格ではないどころか、
司法書士を取ったものの上手くいかず、結局司法書士とはまったく無関係の仕事に就くことになったという人は大勢いるということは理解しておきましょう。

 

司法書士を取れば人生が変わる?

ここまでは、司法書士は決して食いっぱぐれないことが約束されるような夢のような資格ではない理由を解説してきました。

そんな大した資格ではないのかと感じてしまう人もいるかもしれませんが、それでも自分の人生を大きく変えるきっかけになる可能性は十分秘めている資格です。

 

司法書士の業務は相続や会社設立、後見など人の生活に決して欠かせない分野を担うため、高い需要を秘めた将来性の高い仕事です。

開業をすれば放っておいてもお客さんが来るなんて甘いわけではありませんが、
しっかりとした経験を積み、自分の得意分野を極めて安定した集客が見込めるようになれば年収1,000万でも2,000万でも狙うことが可能です。

 

さらに、必ずしも開業したり司法書士事務所に勤める道ばかりではなく、
司法書士の資格を活かして、一般企業の法務部などに勤める人もいます。

やはり司法書士を取得できるだけの知識を有しているというのは企業側からも歓迎されることも多いため、就活も有利にすすめることができます。

このように、司法書士を取って自分の人生を大きく変えた人も多くいるため、決して司法書士が役に立たない資格というわけではないことは知っておきましょう。

 

司法書士は才能がなければ続かない?

それでは司法書士を取得して食べていける人といけない人の違いとはなんなのでしょうか。

たまに才能という言葉で片づけてしまう人もいますが、決して才能だけがすべての業界ではありません。

 

人付き合いが上手い人は、同業の方や税理士の方と仲良くしてお客さんを紹介して貰って成功していたり、
自分の得意分野を徹底して極めて、その道のエキスパートとして信頼を得ることでお客さんを集める人など様々な成功の仕方があります。

このように自分の得意や個性を伸ばして活躍している司法書士の方も多くいます。

自分を最も活かせる人というのが司法書士として成功していくのかもしれませんね。

-資格

© 2023 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5