宅建

宅建を取って人生変わった?宅建を合格したら人生どう変わる?

                     
  1. HOME >
  2. 宅建 >

宅建を取って人生変わった?宅建を合格したら人生どう変わる?

皆様が宅建を取る目的とはなんですか?

「資格手当をもらうため」、「転職に使うため」、「独立のため」など人それぞれ様々な事情があると思いますが、どれも自分の人生を少しでも良い方向に変えたいというのが根底にあるのではないかと思います。

ですが、本当に宅建を取って人生を変えられるのかなんて疑問を感じる人もいるのではないでしょうか。

この記事では、宅建を取ってどう人生が変わるのかについて解説していきます。

 

宅建を取れば人生変わる?

まず最初に申し上げておきますと、残念ながら宅建を取るだけで人生が変わるなんてことはまずありません。

周りの目が劇的に変わるようなこともありませんし、宅建を取ればどこでも就職できるようになるなんて訳でもないです。

 

そのように聞くと宅建なんて取っても意味がない資格だと感じてしまうかもしれませんが、
使い方によっては自分の人生の転機となる資格になることも間違いはありません。

宅建を取ったことをきっかけに、資格手当を会社で受け取れるようになり給料をアップさせたり、
不動産業界未経験だけれど、宅建の資格が評価されて転職ができた人。

宅建を取ったことで人生を変えるきっかけとなった人は大勢います。

 

宅建は人気と知名度の高さから、取得すればどこでも活躍できる資格と勘違いしてしまいがちですが、
決してそこまで有能な資格ではないですが、使い方によっては非常に優秀な資格になります。

 

 

宅建の世間の評価とは?

宅建の世間からの評価と言えば、知名度が高く誰でも知ってるため一目置かれることはあるけれど、
決して手放しでもてはやされるような資格ではないと言った立ち位置ではないでしょうか。

 

宅建の資格の取得難易度は中の上と言ったところです。

数ある資格の中で見ればそこそこの難易度ですので、取得するだけの力があれば周りからもう少し尊敬の眼差しで見られても良い資格だとは思いますが、そこまでの評価はされないことが多いです。

なぜかと言えば、その理由は認知度の高さが大きな要因かもしれません。

 

宅建は国家資格の中でも非常に知名度も人気も高い資格です。

毎年20万人近くが受験して3万人〜4万人の合格者が出ています。

そのため、取得者も多く、決して珍しい資格とは言えません。
宅建という資格が誰にとってもあまりに身近になってしまっているため、そこまで希少感がない資格と言えるでしょう。

 

一方で宅建より少し難易度が高い行政書士の資格などは合格者は毎年5,000人程度と宅建よりかは合格者も少ないためか、
周りに合格者がいることもそこまではないため、周りから尊敬されるなんてことも少なくありません。

 

そういった意味で決して世間から憧れの眼差しで見られるような資格ではないのが現実のようですね。

 

宅建は恥ずかしい資格?

また、今回宅建の世間からの評判を調べていく中で、
「宅建なんて簡単すぎて恥ずかしい資格」なんて意見を一部見かけることもありました。

そんな意見に流されて宅建を取ったことは言わない方がいいのかなんて人までいるようですが、
宅建は恥ずかしい資格どころか周りに自慢できるレベルの資格です

宅建の資格は合格者も多く、誰でも合格できる資格なんて噂が出回っているためこのようなネガティブな評価を受けてしまうこともあります。

しかし、宅建は決して誰でも簡単に取れるような資格ではなく、合格のためにはかなりの努力と勉強時間が必要になります。

たしかに世間から手放しで評価されるような資格ではないかもしれませんが、
決して恥ずかしい資格なんてことはないことは理解しておきましょう。

 

宅建があれば仕事に困らない?

宅建があればもう仕事に困らないかと言われれば、残念ながらそんなことはありません。

持っているだけで仕事が向こうからやってくるなんてことはほぼありませんし、
宅建を取って転職活動を始めたとしても、就職難に悩む人も多くいるのが現実ですので、取れば確実に仕事に困らなくなる資格とまでは言えません。

 

ですが、一方で宅建を取得して転職を成功させたという人も大勢います。

宅建は不動産業界はもちろん、建設業や金融業など様々な場面で活躍できるのが魅力です。
そのため、宅建を上手くアピールすることができれば就職活動においては非常に有利になります。

 

ただ、宅建は取得者が多いため、ある程度の大手の会社の場合は宅建を取ってやっと応募条件をクリアしてスタート地点に立てたと言う場合も多く、そこから他の競争者とどう差をつけるかが大切になりますね。

 

宅建の資格をより活かしたいのであれば、「マンション管理士」と「管理業務主任者」の取得を検討するという手もあります。

これら3つの資格を併せて不動産三冠資格と呼ばれており、各々の資格だけならまだしもすべての資格を取得している人の数は決して多くないため、他のライバルとも大きく差をつけることができます。

この3つを取得することができれば、不動産業界であればまず仕事に困ることはないと言われている強い資格ですので、
機会があればぜひ目指してみましょう。

 

-宅建

© 2022 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5