アルバイト

映画館バイトは受かりにくいってホント?【倍率は高い?低い?】

8月 27, 2022

                     
  1. HOME >
  2. アルバイト >

映画館バイトは受かりにくいってホント?【倍率は高い?低い?】

8月 27, 2022

映画館バイトに憧れる人も多いのではないでしょうか。

ですが今まで応募しては残念ながら散っていったと言う経験がある人も少なくないと思います。

そんな経験を持つ人が多いこともあってか、映画館のバイトは受かりにくいなんて噂が出回ることもありますね。

この記事では、そんな映画館のバイトの採用事情などを解説していきたいと思います。

 

映画館バイトは受かりにくいってホント?

さて、この記事のタイトルにもある通り映画館のバイトが受かりにくいという噂はどこまで本当なのでしょうか。

地域や規模の大きさによるところも多いですが、映画館のバイトは他のバイトと比べても受かりにくい部類に入ると言って良いと思います。

 

理由はいくつかありますが、最も大きな理由は決して多くない募集枠に対して非常に多い数の応募があるためというのが一番の理由ではないでしょうか。

映画館のバイトと言えば非常に人気が高い仕事の一つです。

そのため、ただでさえ応募数が多いわりに、遊園地のように大勢の人員が必要だったり、コンビニやドラックストアのように店舗数が多い訳でもないので、決して働ける人の多い仕事ではありません。

 

そんな理由もあって、映画館のバイトの競争率は高い傾向にあると言われることが多いですね。

 

映画館バイトの倍率は?

映画館バイトの倍率は上述した通り比較的高いことが多いです。

もちろん、地域や時期などにより異なるので正確な数字は分かりません。

ですが、私の知る限りで最も倍率が高かった時で、1人か2人程度の募集枠に10人以上が応募してくることもありました。

 

そのため、倍率が高そうと諦めてしまう人も多いですが、実は倍率が低くなりやすい狙い目な時期というのもあります

2月前後辺りの卒業シーズンか、夏休み前の6月や7月あたりは比較的ねらい目です

なぜなら、求職者が増える4月や夏休み明けの時期とも少しずれているうえに、
就職活動や受験活動などで既存のスタッフが辞めたり、引継ぎのために募集を始める時期でもあります。

そのため、映画館やそれ以外のバイトでも比較的ねらい目な時期と言えるでしょう。

 

映画館バイトに受かる人の特徴とは?

競争率の高い映画館のバイトに受かる人と受からない人の違いとはなんなのでしょうか。

実際に映画館のバイトを経験した人から集めた情報をもとに、映画館バイトに受かりやすい人の特徴をご紹介していきたいと思います。

 

①清潔感がある

映画館の仕事はサービス業です。

パッと見の清潔感がないと判断されただけで不採用と判断されても仕方ないくらい、面接の場では重要となります。

 

髪型は乱れていないか。服装におかしな点や汚れ・しわはないか。

夏場の汗臭さなどは対策しているかなど、外見的な清潔感はもちろん、自然な笑顔を意識するなども好印象を与えやすいですね。

 

②明るい印象

映画館で働くスタッフで暗い印象の人ってあまり見かけないですよね。

映画館という施設では、お客様に楽しんで帰って貰えるかはスタッフの印象も非常に重要となります。

 

そのため、明るくハキハキとした印象の人が優先的に採用される傾向にあります。

猫背で常にうつむいていたり、声がボソボソとしたような暗い印象を面接時に与えてしまうと、
どれだけ面接の受け答えを完璧にこなしたとしても、不採用となってしまう可能性が出てきてしまいますね。

面接の際は常に笑顔を意識しつつ、受け答えはなるべくハッキリと話すといいでしょう。

 

③受け答えが丁寧

映画館では販売やお客様のご案内など接客力が求められます。

ですので、面接の際はなるべくゆっくり分かりやすい口調で話すことを意識し、敬語なども正しいものを扱えるように事前に練習しておくといいでしょう。

また、面接で質問された際に上手く答えられず言いよどんでしまったりすると、どうしてもマイナスな印象を与えてしまいます。

そのため、面接に挑む際は事前に聞かれる質問を予想しておいて、回答を用意しておくといいでしょう。

映画館のバイトでは以下のこの辺りは聞かれる可能性が高い鉄板の質問になるため、ぜひ対策しておきましょう。

  • 志望動機
  • 長所と短所
  • 週何回入れるか
  • この映画館を利用したことはあるか
  • 聞きたいことはあるか(逆質問)

 

映画館バイトは顔採用が多いってホント?

映画館のスタッフって、なんとなくかわいい人やイケメンの人が多い印象がありませんか?

そんなイメージもあってか、映画館は顔の良し悪しで採用を決めているのではないかなんて噂が出回ることがあります。

 

ですが、基本的には顔で採用されるようなことはありません。

 

ですが、映画館のような規模の大きな企業が運営しているところでは、面接の際もしっかりとした選考基準が定められているため、
それに沿った評価を行わなければなりません。

このご時世に評価項目に顔の良し悪しを入れているようなところは正直考えにくいでしょう。

 

もちろん、採用担当者の私情が絶対に入らないとは断言できませんが、顔で採用の有無があるとはあまり考えなくていいはずです。

 

では、なぜ映画館のバイトにはかわいいい人やイケメンが多いのかと言うと、

上記でも解説したとおり、笑顔が素敵で明るい印象の人が優先的に雇われる業界ですので、
お客さん目線としては顔の良し悪しなんて関係なく、明るく丁寧な対応をしてくれる人は顔の印象まで良いものとして残ってしまうものです。

そう言った理由もあって、映画館のスタッフはかわいい人やイケメンが多いと感じるのかもしれませんね。

-アルバイト

© 2023 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5