仕事・転職情報

都会で働きたい人が増えている?【都会で就職して後悔しないためには?】

10月 14, 2022

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

都会で働きたい人が増えている?【都会で就職して後悔しないためには?】

10月 14, 2022

都会に憧れをお持ちではありませんか?

 

筆者も割と田舎の出身なので、学生時代は都会で働くことに憧れてばかりだったこともあり、就職を機に引っ越しました。

その結果、憧れが叶い都会に出てきて良かったと感じるところもあれば、
正直なところ都会の現実にガッカリしたところもありました。

そこで、この記事では私の経験談をもとに都会で働くことについてのメリットやデメリットを解説していきたいと思います。

 

都会で働きたい人は多い?

地方で学生生活を送っている方や、すでに働いている人のなかには、いつか都会で働いてみたいと憧れる人も多いと思います。

実際、私の地元の友人たちも半分以上は独立し、都心部に出て働いています。

ですが地元を離れて都会で働くとなれば、安定した環境や友人関係など様々なものを犠牲にしなければならず、一歩を踏み出せないまま時間が過ぎていくという人も少なくありません。

 

安定した地元を離れて都会に出ていくべきか、都会に出て夢を叶えるべきか、まさに人生の転機となる決断ですよね。

ですが、憧れだけで決めてしまうと、後々後悔することにも繋がる可能性があります。

 

そこでまずは都会で働くメリットをデメリットをご紹介していきますので、見比べてみましょう。

 

都会で働くメリット

まず初めに都会で働くメリットを解説していきたいと思います。

地方で働くことと比べて、都会での生活は以下のようなメリットが存在しますね。

  • 就職先の多さ
  • オシャレな職場が多い
  • 出会いが多い

 

一つずつ解説していきます。

 

①就職先の多さ

都会で働く最大のメリットと言えば、なんと言っても「就職先の多さ」ですね。

私もかなりの田舎の出身ですが、本当に求人がありません。

学生時代はバイト一つ探すのにも苦労しました。

 

一方で都会では、検索すれば自分の家の周りだけでも、何個も仕事の求人が見つかります。

仮に条件の良い求人がすぐに見つからなくとも、毎日のように求人情報が更新されていきます。
次々と理想的な仕事が掲載されていくのは、まさに夢のようでした。

 

②オシャレな職場が多い

地方であってもオシャレな職場はありますが、やはり都会でしか味わえない雰囲気というのは存在します。

ビルが並ぶオフィス街で働くオシャレなサラリーマンやOLというのに憧れて都会に就職する人も多いですね。

そんな雰囲気の中で働くと、やはり高い意識とモチベーションで働くことができるので、仕事にも身が入ります。

働いていれば慣れてきてしまうところもあるかもしれませんが、自分の理想とする環境で働くというのは大切なことですよね。

 

③出会いが多い

都会で働くメリットの一つに出会いが多いという点があります。

たとえば、恋人が欲しいと思ったとき、少しネットで調べれば街コンや婚活パーティーが毎日のように開催されています。

さらにマッチングアプリでもやはり都会にいけば行くほど登録者も多い傾向にあるので、チャンスも非常に多いです。
(その分ライバルも多いですが)

 

他にも趣味の集まりや社会人サークルなど友人作りの場も豊富にあるので、休日にフラっと出かけて新しい交友関係を見つけることもできます。

 

都会で働くデメリット

魅力的なメリットがある一方で、都会で働くことのデメリットとも多く存在します。

都会で働くことに対する一般的なデメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 求人に対する競争が激しい
  • 殺伐とした職場が多い
  • 物価や家賃が高い

 

一つずつ解説していきます。

 

①求人に対する競争が激しい

たしかに募集先だけ見れば都会の方が圧倒的に多く出ていますが、その分希望者も多く周りのライバル達の中から選ばれるためにはかなりの努力が必要になります。

条件の良い求人などは驚くくらいあっという間に埋まってしまいます。

良い求人を見かけて問い合わせをしてみたら、さっき締め切りましたなんて言われるケースもざらにあるため、採用されるためには念入りな準備が求められます。

 

②殺伐とした職場が多い

これは地域にもよるかもしれませんが、やはり地方と比べて都会の方が殺伐とした雰囲気の職場が多い印象です。

それはやはり、地方の場合は地域密着型で横の繋がりも強く、似た環境で育って来た人たちが集まって働くことも多いため、いわゆるアットホームな職場と感じるところも多いでしょう。

一方で都会は色々な経歴を持った人たちが各地から集まることもあり、ドライな関係で働くことも多いです。

もちろん、職場や環境にもよりますし、必ずしも殺伐とした雰囲気であるとは限りませんが、
都会の冷たさを肌で感じたなんて人も少なくないはずですね。

 

③家賃や物価が高い

都会に行けば行くほど物価が高くなりがちです。

特に驚くのが「家賃」です。

一度地方で物件探しを経験したことがある人が都心部で賃貸を探すと、その家賃の高さに驚くはずです。

私の体感ですが、地元と同じ条件の物件でも1.5倍から2倍近く家賃が違う印象でした。

 

せっかく稼いだお金が家賃や生活費であっという間に消えてしまうというのは、非常に虚しい気持ちになりますね。

 

都会での就職に後悔しないためには

都会と言えば誰しもが憧れると思っている方も多いですがここまで解説した通り、メリットもデメリットも様々です。

都会が肌にあって、そこで暮らし続ける人もいれば、

ある日ふっと「これなら別に自分の地元でもあまり差はないのでは?」なんて気づいて地元に帰ってしまう人も今までたくさん見てきました。

こればかりは、実際に都会で働いてみないと分からないことかもしれません。

もし地元で働き続けて、このまま都会に憧れを抱き続けてしまうと、それこそ後悔する結果になるため、思い切って都会に出てみるのも一つの手でしょう。

 

ただし、都会に出ることばかりに憧れて都会に行くことを一番の目標にしてしまうと、意外とこんなものかとガッカリして後悔することにもなりかねません。

もし都会に出るならば、そこで何をするかをしっかりとイメージすることが大切ですね。

-仕事・転職情報

© 2023 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5