仕事・転職情報

出戻りは早い方がいい?【そもそも出戻りはしないほうが良い?】

10月 31, 2022

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

出戻りは早い方がいい?【そもそも出戻りはしないほうが良い?】

10月 31, 2022

皆様は、辞めた職場にもう一度戻る出戻りをしたことはありますか。

珍しく感じるかもしれませんが、実は出戻りをした経験があると言う人は意外と多いようです。

実際、現在進行形で出戻りをするべきか悩んでいるという人も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、そんな出戻りに対する考え方を解説していきたいと思います。

 

出戻りをするなら早い方が良い?

さて、出戻りをしようにもいつ言い出そうかと悩む人も多いと思います。

すぐに言い出すのも恥ずかしいし、かと言ってあんまりのんびりしすぎても自分の居場所がなくなってしまうかもしれないしと、悩みどころですよね。

 

どうするべきかは、ある程度は前の職場との関係性の問題になるかもしれませんが、
私が今まで見て来た出戻りでは、早い方が比較的有利になることが多い印象でした

その理由としては、何年も経ってからの出戻りだと、当時一緒に働いていた職員がもういなかったり、社内のシステムが大幅に変わってしまっていて別の会社のように感じるためです。

そこまで期間を空けずに出戻りをすれば、周りから多少からかわれるようなことはあるかもしれませんが、周りの職員たちと良好な関係を築けていれば意外と歓迎ムードで迎えいれてくれることも多いです。

 

しかし、既に社内の雰囲気がガラっと変わってしまったころに出戻りをすると、周りの従業員からも扱いに困られ、以前のような居心地のよさは既になくなっているなんてことにもなりかねません。

 

また、時間経てば立つほど、前にいた会社でも人員が充実していき出戻りをしたくても断られる可能性も高くなっていきます。
(これはタイミングの問題もあるかもしれませんが)

そのため、もし出戻りを心に決めたならば、なるべく早く行動したほうがいいと言えるかもしれませんね。

 

出戻りはしないほうがいい?

さて、なかにはそもそも出戻りはしないほうがいいという意見もありますよね。

たしかに、実際に出戻りをしたけれど後悔することになったなんて人も少なくありません。

 

ですが、出戻りをした経験のある方なんて少ないと思いますし、なんで出戻りをしてはいけないのかと言われてもイメージがわきませんよね。

そこで出戻りを後悔した経験のあるAさんの体験談を参考までにご紹介したいと思います。

Aさんの体験段

Aさんは新卒で5年ほどある職場で勤めました。

30歳手前になった頃、特にその職場に不満があった訳ではないけれど別の世界も見てみたいと言う理由で同じ業界ながら他社に一度は転職しました。

ですが、その転職先の職場は今まで働いていた職場とは比べ物にならないくらいひどく、カルチャーショックに近いものを受けるほどでした。

そんな新しい職場に耐えられず、元いた職場に出戻りをしました。

しかし、元々入れ替わりが強い業界ということもあり、その頃にいた職員たちはほとんどいなくなってしまっており、
新しく入社した方たちからは先輩なのか後輩なのか難しい中途半端な存在のAさんの扱いに困り、
Aさんにとっても非常に働きにくい空気で仕事をすることになってしまいました。

 

このように出戻りをしたからといって必ずしも辞める前と同じ環境で働けるとは限りません。

Aさんのように、戻った結果より辛いことになってしまったなんて人もいます。

 

もちろん、これは少し特殊なケースだと思うのでこうなるとは限りませんが、
出戻りにはこのようなデメリットを受ける可能性があるということも理解しておきましょう。

 

出戻りをするときはあまり周りを気にしない方が良い

出戻りをしたいけれど、もう一度戻るなんて周りになんて思われるか心配で決心がつかないという人も多いと思います。

ですが、そんなことは正直そこまで気にする必要はありません。

 

なぜならあなたが思ってる以上に、そこまで出戻りに対して周りは気にしないからです。

もちろん、最初は多少はからかわれたりネタにされるかもしれませんが、数ヶ月もすれば出戻りしたことすら忘れられていることがほとんどです。

どうしても自分のことなので悪い方向にばかり考えてしまいますけれど、実際は周りは全然気にしないことがほとんどです。

 

そのため、周りにどう思われるかではなく、自分にとって本当に出戻りをするべきなのかということを中心において考えることが、
あなたの将来にとって一番ためになる結果につながるはずです。

 

出戻り転職を断られたとしても気にしない

出戻り転職をしようとしても、なかには断られてしまうケースもあります。

ですが、これもよくあるケースの一つなのです。

これはあなた自身に問題があるとは限らず、出戻り先の会社も新しい人材を雇ってしまったため出戻りを受けることができない場合や、
そもそも出戻りを受けない方針にしている会社は多々あります。

出戻りを断られると、想像以上にショックを受けてしまうかもしれませんが、
「そんなものか」程度に考えて、次のことを考えた方がよほど将来に繋がるので、断られたとしてもあまり気にしないようにしましょう。

-仕事・転職情報

© 2023 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5