仕事・転職情報

パーソルキャリアとdodaの違いとは?

                     
  1. HOME >
  2. 仕事・転職情報 >

パーソルキャリアとdodaの違いとは?

パーソルキャリア、DODA、パソナ、テンプスタッフなど転職活動をしていると似たような名前のサービスや会社が多いうえに、
知名度の高いこの辺りはなんとなく名前は聞いたこともあるという人も多いため、何がなんだか違いが分からないなんて人も少なくないと思います。

特にパーソルキャリアとDODAは併せて聞くことも多いけど、いったい何が違うの?なんて疑問をを感じる人も多いのではないでしょうか。

この記事ではそんな両者の違いについて解説していきたいと思います。

 

パーソルキャリアとdodaの違いとは?

まずパーソルキャリアは会社名です。

正式名称はパーソルキャリア株式会社と言い、転職支援や求人情報の掲載など各種人材サービスに特化した会社になります。

そのパーソルキャリアが運営しているサービスの一つが転職サイト「doda」です。

つまり、「パーソルキャリアが運営しているdoda」というのが正しい意味になりますね。

パーソルキャリアと聞くとどうしても転職サイトの名前のようなイメージを抱く人も多いようなので、その辺りで勘違いが生まれているのかもしれませんね

 

パーソルキャリアとパソナの違いは?

ちなみにパーソルキャリアとパソナの違いについても誤解している方が多いようなので解説していきます。

パーソルキャリアは上記でも解説した通り総合人材サービスを手掛ける会社です。

一方でパソナとは株式会社パソナグループのことで、こちらも総合人材サービスを提供している会社になります。
人材派遣の「パソナ」や転職サービスの「パソナキャリア」を運営しています。

つまり、同じ人材サービスではありますが、まったく別のグループと言うことになりますね。

パーソルキャリアとパソナは語感が似ていることもあり関係企業だと思っている方も多いようですが、実はまったく違う会社ですので調べる際は注意しましょう。

 

パーソルキャリアの運営するdodaの強みとは?

転職業界で知名度も人気も高いパーソルキャリアですがどんなところが強みとされているのでしょうか。

ここからはdodaの強みや特徴をご紹介していきたいと思います。

 

求人数が豊富

dodaは大手のパーソルスタッフが運営していることもあり、20万件越えの非常に豊富な求人数を誇っています。

業界でも1,2を争う求人数ですので自分の条件に合った求人を探しやすいメリットがありますね。

都心部のみならず地方や中小企業の求人も多く掲載されているので、選択肢の幅が非常に広く持てるのが魅力です。

 

転職サイトとエージェントのどちらの利用も可能

dodaは転職サイトと転職エージェントが一体化している珍しい形式を取っています。

そのため普通に求人を探すこともできますし、転職エージェントに申し込めば各種サポートを受けることもできると言う大きな強みがありますね。

 

転職サイトの場合、自分のペースでゆっくり転職先を探せるけれど、アドバイスを貰うことができない。

転職エージェントの場合は転職活動をサポートをして貰えるけれど、
担当の方に対して気を遣ってしまったりじっくり決められないなど、どちらにもメリットデメリットが存在します。

その点dodaは自分の好きなタイミングで切り替えができるので、まさに両者の良いとこ取りのようなサービスになっています。

 

対応の良さ

dodaの魅力として良く言われるのが「担当者の対応が丁寧」と言う点です。

dodaはキャリアアドバイザーが面接や履歴書の書き方など、初めての転職では悩みがちなポイントも丁寧に解説してくれます。

さらにその対応が非常に丁寧で、対応が素早かったと言う声が多いです。

転職エージェントでは、登録したけれど雑な対応をされたり、連絡が遅かったりと、
多くの転職希望者を相手にするだけに対応が雑になることも多いため、大きな強みと言えますね。

ただし、100人が100人高評価と言う訳ではなく、なかには不親切な対応をされたと言う声もありました。

これはどの転職エージェントでも言えることなのですが、どうしても人対人の関係なので万人受けする対応なんて存在しません。

実際に使ってみて自分とは合わない人が担当に当たることもあるかもしれない点には注意が必要ですね。

-仕事・転職情報

© 2023 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5