アルバイト

バイトがホワイトすぎる!そんな羨ましい体験談を大紹介

12月 20, 2022

                     
  1. HOME >
  2. アルバイト >

バイトがホワイトすぎる!そんな羨ましい体験談を大紹介

12月 20, 2022

バイトを選ぶときにホワイトバイトに当たった人って本当にラッキーですよね。

ホワイトバイトかどうかは実際に働いてみないと分からない部分も大きいので、ホワイトバイトで働けるかは運なところも正直あると思います。

この記事ではそんな羨ましいホワイトバイトで働く人の体験談などをご紹介していきます。

 

バイトがホワイトすぎる!そんな体験談をご紹介

ホワイトバイトで働けている人って正直うらやましいですよね。

ちょっときついバイトしか経験したことがない人にとって、ホワイトバイトとはどんなものなのかは気になるところだと思います。

そこで、実際にホワイトバイトだと感じるところで働いた経験がある人の体験談をご紹介させて頂きますので、ぜひご覧ください。

 

従業員同士の仲が良い

20代女性

スタッフ同士の仲が良いのが何より最高です。

同年代くらいの人が多い職場ということもありますが、ギスギスした雰囲気とか嫌な人もないのでとても仕事がしやすいです。

常に笑顔が溢れているような職場なので、毎日バイトに行くのが楽しみで仕方ありません。

 

「アットホームな雰囲気の職場です」なんて求人に書かれているとちょっと怪しいと感じてしまう人も少なくないと思います。

ですが従業員同士の仲が本当に良く、変な派閥があったりお局さんのような人もいない。
店長は話しやすくて教え方や周りの人への態度も丁寧で慕われている。

そんな理想的な環境の職場だったら是非とも働きたいですよね。

バイトで一番大切なのは職場の雰囲気という人も多いため、従業員同士の雰囲気というのはホワイトバイトの大きな特徴の一つと言えるかも知れませんね。

 

人手が充実している

10代男性

個人的な感覚なのですが、人手がきちんと揃えられているのが一番ありがたいです。

前の職場は本当にギリギリの人数で回さなければならず、タイミングが悪いとワンオペの日もありました。

今の職場は少なくとも誰かに負担がかかるようなこともないくらいには人が充実していますし、
誰かが急な休みになったとしても、全然問題もありません

 

当たり前に聞こえるかも知れませんが、きちんと人を置いてくれるというのは従業員にとって本当にありがたいことです。

きつい職場だと本当に最低限しか人員を配置してくれないこともありますね。

人手が足りなければそこで働いているスタッフの方の負担も増えることになります。

店側にも人件費の問題などもあるかもしれませんが、少し無理してなんとか回せるくらいの人員しか置いてくれないと、
働いている側としてはたまったものではありません。

 

シフトの融通が利きやすい

10代女性

シフトの融通を利かせてくれるのが本当に助かります。
急な休みやテスト前の時期などでも柔軟に対応してくれますし、そのことで嫌な顔もされません。

前のバイトはテスト前の時期でも休ませて貰えなかったので、他の人にしたら大したことないように見えるかもしれませんが、
これが私にとっては一番のメリットです

 

シフトの変更を申し出ても人手が足りないからと断られたり、自分で代わりを見つけられないなら無理と断られてしまうようなところもありますよね。

特にテスト前なのに休ませて貰えなかったりすると、肝心の学業が疎かになって本末転倒なんて結果にも繋がりかねません。

シフトの対応が柔軟というのもアルバイトからしたら非常に助かることの一つと言えるでしょう。

 

ホワイトバイトの特徴とは?

ここまでホワイトバイトの体験談をご紹介してきました。

ここで、紹介させて頂いた体験談をもとにホワイトバイトの特徴を改めてまとめさせていただきます。

  • 職場の雰囲気が良い
  • 人手が充実している
  • シフトに融通が利く

他にも「時給が高い」、「そこまで忙しくない」、「客層が良い」などがホワイトバイトの特徴だと言う意見も多くありました。

 

時給などは条件として提示されているので事前に知ることができますが、それ以外の条件だと実際に働いてみないことには分からない部分も多いので、ホワイトバイトに当たるかは運の要素も多いですね。

 

ただ、事前にお客さんとしてその店に何度か通ってみたりすることで、その店のなんとなくの雰囲気くらいは知ることもできます

もしこういったホワイトバイトで働きたいならば、面接の応募前にぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

-アルバイト

© 2023 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5