軽作業

ピッキングの仕事が楽すぎる!?働くメリット等を大紹介

                     
  1. HOME >
  2. 軽作業 >

ピッキングの仕事が楽すぎる!?働くメリット等を大紹介

ピッキングの仕事は楽でおすすめなんて言われることがありますが、どんな仕事かもいまいち分からないしどんなところが楽なのか分からないから一歩踏み出せない。

そんな方も多いのではないでしょうか。

この記事ではどんなところが楽と言われるのか。ピッキングとはどんな仕事なのかについて解説していきたいと思います。

 

ピッキング作業が楽すぎると言われる理由は?

ピッキングとは?

ピッキングとは倉庫内から必要な商品や備品などを集める作業を言います

通販サイトなどから注文の入った品物を倉庫から集めてくると言えばイメージがわきやすいのではないでしょうか。

大きな倉庫だと品物を探して集めるだけでもかなりの労力になるので、ピッキングを行う作業員を用意したりします。

 

これだけ聞くと大変そうに感じる人もいるかもしれませんが、
実際にやってみるとピッキングの仕事は意外と楽だと言う声も多いです。

では、いったいどんなところが楽と感じるのかについてご紹介していきたいと思います。

 

①仕事内容が比較的簡単

ピッキングとは倉庫内から指定された商品などを集めて来る作業です。

良くも悪くもひたすら商品を集めてくる作業の繰り返しなので、難しい仕事を覚えたり、複雑な工程を求められることもありません。

ただ、大きな倉庫だと探しに移動するだけでも一苦労ですので、それが大変だと言う声もありますが、
それも慣れてしまえば品物がある位置もある程度分かるようになるので、慣れれば簡単な作業だと言う意見も多いですね。

接客業のようにイレギュラーな出来事や、同時に複数のやることができて上手に裁かなければいけないような応用力を求められることも少ないので、
複雑な仕事が苦手という人にはおすすめの仕事と言えるでしょう。

 

②人間関係の悩みが少ない

ピッキングが楽と言われる理由の一つに、「人間関係の悩みが少ない」と言うものがあります。

飲食店のように仲間と協力して行う仕事と言うよりは、一人で黙々とやる仕事と言う色合いの方が強い仕事です。

もちろん最低限のコミュニケーションは必要になりますが、
同僚に無理に気を遣って会話をしたり、連携を取って作業したりするという場面は少ないので、
黙々と仕事をするのが好きな方や、仕事に集中したいという人に向いている仕事と言えるかもしれません。

 

③接客がない

ピッキングの仕事にはなんと言っても接客がありません。

倉庫内で働くんだから当たり前だろなんて思うかもしれませんが、これは非常に大きいことです。

接客があるかないかは働くうえで大きな違いで、お客様からの目がないと言うだけでかなり精神的に楽に仕事をすることができます。

接客業を経験したことがある人のなかには、常に多くの人に見られている感覚が苦手な人や、理不尽なクレームを受けて落ち込んだ経験がある人も多いのではないでしょうか。

ピッキングの仕事はそんな悩みを抱える必要がないので、接客が苦手と言う方にはおすすめの仕事ですね。

 

ピッキングは慣れるまでが大変

ピッキングの仕事は実際に経験してみると楽だったなんて意見も多いですが、
それと同じくらい慣れるまでが大変と言う声もありますね。

ピッキングの仕事は広い倉庫の中から指示された品物を集めてくる必要があります。

そのため、ある程度倉庫内の全体像が分かっていないと、
どれだけ場所を教えて貰ったとしても、その場所までの行き方や細かい位置などがいまいち把握できず、効率良く仕事ができないなんてことも多いです。

最初は誰でも同じ悩みを持つので、とにかく経験して慣れていけばサクサクと仕事をこなしていけるようになるので、
最初に大変な思いをしたとしても、ぜひ慣れるまで頑張ってみてください。

-軽作業

© 2023 ワーカーズ・カレッジ Powered by AFFINGER5